« 遊びと本気の狭間でお悩み顔 | トップページ | タイランドドリームを実現するには »

2012年6月 5日 (火曜日)

いつまでたっても止められない事

07  昨日の続きの様な感じでしょうか。 どうしても、幾ら打ち拉がれても、足はタイランドに向いてしまうんですね。 タイランドと言いますか、タイガールにですね。

 「えらい目に合うって事は理解をしているのに、どうしても目も、心も、頭も、足もタイランドの方から離れる事が出来へんねん。 どうしたら、タイガールを忘れる事が出来るんやろうか?」

 知人から相談を受けました。

 これは、病気ですから自分だけの力ではどうしようもないんですね。 自分で出来るんだったら、人様には相談はしませんよね。

                 

08  私の周りだけでもどれほどの忘れる事は出来ない面々がいる事でしょうね。 

  何度も考えますし、何回も話をしていると思いますが、どうしてタイガール(タイランド)を忘れる事が出来ずに、何度も何度も足繁く通ってしまうんでしょうか?

 明確な答えなんかは出てこないと思うのですが、最近は不思議に忘れるためにはどうしたら良いのかってご質問メールを頂きます。

 (私が教えて欲しいくらいなんですが・・・・・でも、困難に向かうって言うのもこのブログの宿命かもしれませんから、期待をしないで進めて参りましょうかねぇ。)

 ・・・・・

 「普通の日本人の男は忘れることも出来ないし、割り切る事も出来ないのが普通じゃないかなぁ。 だって、日本人の男が経験をしたことがない世界が展開をしているし、想定内の事なんかは全くないんだからね。」 (忘れる事が出来ずに移住をしてしまった人の話)

 人間は色々と想定をしながら人生を泳いでいるって事なんでしょうが、想定外の事に遭遇をしますと、自分の理想なんじゃないかと考えてしまうみたいですね。 そして、その理想を実現をしようって考えるみたいだって話ですね。

 「まぁ、日本では優しくされることや自分が中心だって経験は中々出来ないけど、虚構の世界でも自分自身が中心になって、そして自分を中心に全て(女性)が回っていくって現実から、抜け出したくないって事が真相じゃないですか。」

 そうかもしれません、日本の社会では自分が中心だって経験は得る事は出来ませんよね。 それが、お金を出しているとは言え、何年来の恋人や忠実な彼女や理想の伴侶ってタイプの若い可愛い女性から慕われてしまうんですからね。 やめれるハズはありませんよね。

 「瞬間に自分の目の前の若くて綺麗で、正確が最高の女性は急に恋人になるんやから、そりゃ冷静になれって言うのが無理やねぇ。 それに日本人の男は、少しの罪悪感ってモノは忘れようとする動物やし、目先の幸せには溺れようとする動物なんやから、忘れる事なんかは絶対に出来へんね。」

 確かに、先の手形よりも目先の現金って事にどうしても考えが集中をしてしまうって傾向はありますね。 そりゃ~自分が選んだ(?)理想の女性から、擬似でも愛の言葉を囁かれる訳ですからね。

 生身の男、特に余り良い目をしたことがない中年の男性は思考回路は速攻破壊されてしまうのは当たり前かもしれませんね。 そして、ギャンブルでもそうですが、勝った(良い時)だけを忘れないのと似ているのかもしれませんね。

               

09 今回の教訓です。

 今日も結論は出ないで申し訳ありませんが、物理的に何もできなくなるって事がない限り忘れるとか、いかなくなるとかって事はできないのでしょうね。

 「忘れる事や行かなくなるって事は無理にしなくても良いんじゃないの。 そんなに素晴らしいって感じる事が出来るなら、第2の人生をその世界に賭けて見るって事の方が正解な気がするけどねぇ。」

 ・・・・・この方の意見が正解の様に感じますね。 (私もそうでしたしね。)

 無理に忘れるとかって事はしないで、自分自身はどうしたいのかって事を真剣に考える方が正解なんでしょうねぇ。 それに、忘れるって事は、基本的には出来ないって事だけは、周りを見ていても頷けますからね。

 皆さんも忘れるって事を考えないで、自分が居心地が良い場所に暮らせる様にするって事を考える方が正解かもしれませんね。

                

|

« 遊びと本気の狭間でお悩み顔 | トップページ | タイランドドリームを実現するには »

私感と偏見を」カテゴリの記事

コメント

ekamai 様。
 有難うございます。

 全く暴論ではないと思いますよ。 忘れられなくて何でも先延ばしにする方が問題を大きくしていくと思いますね。
 日本でも離婚は市民権を得ているって事を言っている方がいますが、まだまだ罪悪感があるんでしょうね。

 離婚が昇進に影響をしますか? 確かに、ゴタゴタで問題が出て仕事が出来ないって事でしたら、影響はするでしょうが、離婚と仕事とは何の関係もないと思うのですが、前フランスの大統領でも離婚経験者ですからね。

投稿: AKI さん | 2012年6月 6日 (水曜日) 午前 10時35分

Akiさんも以前書かれていましたが、忘れることが出来ずにずるずると引きずって、挙句の果てに日本でもタイでもすべてを失くす人もいるようですね

どうせ失くすくらいなら、自分からすべてご破算にしてタイでの第2の人生にかけてみたら良いと思うんですけど、暴論でしょうか?

日本では、離婚は未だ後ろめたいもの、というイメージがあるせいでなかなか踏み切れないんでしょうね
離婚が昇進に響く会社もあると聞きますし...

投稿: ekamai | 2012年6月 6日 (水曜日) 午前 12時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いつまでたっても止められない事:

« 遊びと本気の狭間でお悩み顔 | トップページ | タイランドドリームを実現するには »