« 快感に嵌り込むだけではありませんよね | トップページ | 自己犠牲の精神って言うけれど »

2012年7月 4日 (水曜日)

何故、夜の世界に飛び込むの

094 タイランドは最近は非常に経済発展が進んで、バンコクなんかを見ていますと、日本よりも経済的に発展しているんじゃないだろうかって感じる時がありますね。

 でも、タイランドの田舎は、我々が考える事ができなほどの貧困がありますよね。 

 内の田舎にも想像を絶するような生活をしている人達が存在をします。 その貧困を、解消をするって事の一つのモノが夜の世界に飛び込むって事なんじゃないかと感じます。

                

095 一番簡単でそこそこのお金を稼ぐ事が出来る世界ですし、タイランドで重要な学歴も殆ど関係がない世界ですね。

 タイランドの場合は、自分が商売をしてしっかりと頑張った場合は、成功をしてそこそこのお金を得る事が出来て、上流階級に行く事が出来ますが、会社などの組織に属している場合は、殆どワーカーのままって言うのが現実みたいです。

 学歴が日本と比べ物にならなほど重要ですし、それにアジア独特のコネクションが就職や昇進などには、必要不可欠なんですね。

 ワーカーのロイヤリティーを阻害する、経営者や雇い主側に有りますからね。 日本も昔はそんな感じがあったのでしょうが、最近では学歴だけではなくて仕事の実績によって、学歴などは関係なくなってきているって言われますが、現実は水面下には充分に残っていますからね。

 まだまだタイランドの田舎は、貧困が問題になっているって事が一杯ですね。 それに、小さな子供が働かされているって光景も首都でも垣間見えますし、BKKの中でも少し注意して見ますと、乞食よりもひどい生活をしている場面を見ますよね。

 夜の世界は、成功や金持ちの一番近い、そしてコネクションも学歴もない女性達の駆け込み寺の様な感じみたいでした。

 夜に働く女性達を見ていますと、田舎から出てきて、非常に貧乏で、お金の為に自分を犠牲にしているって女性は、非常に優しくて素晴らしい女性がいっぱいです。

 今までの日本人やその他の国の男達が虜になって、タイフリークだって言われているのは、このタイプのタイガール達の今までの功績なんじゃないかと私は考えますし、今の観光大国を作った原動力なんだって感じます。

 最近では、バンコクの近隣の女性達で、日本と同じような感じで、自分が贅沢をしたいから、好きなものが欲しい、好きなモノを食べたいとかって言う物欲だけの為に夜の世界に入っているって場合は非常に増えてきました。

 最近タイガールは・・・・・って仰っている方が増加しているのは、このタイプが原因でしょうね。 (物欲が第1義ですから、どうしても人の事なんかは考える事が出来ないって事なんでしょうね。)

 自分の為だけじゃない理由で夜の世界に飛び込まざる得なかったってタイガールの場合は、痛みを理解していますし、少しの優しさに触れましたら、自然とポスピタリティーが発揮されるって事なんでしょうね。

 元々ホスピタリティーは、病気の、怪我をした弱者に向ける優しい心だって事なんですからね。 足繁く通わせる国を作り上げたのがこのタイプのタイガール達なんだって、思いますね。

                

096今回の教訓です。

 最近はそうじゃ無いタイプが一杯夜の世界に入ってきていますから、昔を知っている人達は少し寂しい状況になってきていますよね。

 日本でも貧困が遊郭などを作り上げて行ったのと同じような環境だったのでしょうね。 その時の、日本人の感覚が一番素晴らしかったって仰る方がいますからね。

 日本人がタイガールとの接点は、どうしても夜に世界が一番多いですが、是非暖かい心での接し方をしてあげないといけませんね。

 でも、最お金だけってタイプには、出来れば注意をしないといけません。 

 だってお金が中心的な考え方ですから、昔タイプのタイガールよりも一緒に居る時の居心地は結構良いものがありますから、どうしても間違って・・・・・勘違いをして・・・・・って事になりかねませんからね。

                 

|

« 快感に嵌り込むだけではありませんよね | トップページ | 自己犠牲の精神って言うけれど »

タイガールの裏話」カテゴリの記事

コメント

ekamai 様。
 有難うございます。

 本当にそうですよね。私も仕事で日本人クラブに行く事もありますが、・・・って事ばっかりです。まぁ、私の場合は、知られすぎているって事がありますので、お店の女の子からは無視の状態ですけどね。
 ちゃんとしている方が後々得だと思うのですが。

 我々の場合は、愛する人が居るんですから、どうでも良いことかもしれませんが、寂しくなってくるのは、間違いありませんね。

投稿: AKI さん | 2012年7月 5日 (木曜日) 午後 11時03分

Akiさん

どうしても最近の物欲主義のTG達とはウマが合わないといいますか、イマイチ盛り上がれないですね

接待などでどうしても断れず日本クラブに行くんですが、また会いたい、と思う子が減ってきています


まあ、彼女がいるので行く必要もないし、行かせてもらえないんでどうでもいいんですけどねww

投稿: ekamai | 2012年7月 5日 (木曜日) 午後 08時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何故、夜の世界に飛び込むの:

« 快感に嵌り込むだけではありませんよね | トップページ | 自己犠牲の精神って言うけれど »