« 心の拠り所は我が愛妻 | トップページ | 我が人生に悔いはない ① »

2012年9月17日 (月曜日)

日が暮れると楽しいことばかり

022_2 ”あ~・・・・・早く日が暮れないかなぁ・・・・・そうしたら、可愛くて美人で、そして若くてピチピチのあの子に・・・・・う~ん、最高! 早く日が暮れないかなぁ”

 こう考えている方は結構いらっしゃるでしょうね。

 まぁ、人生の中での休憩は本当に楽しいですが、でも、心も体も楽しくてリフレッシュできているでしょうか? う~ん、これは若しかしたら出来ていないって方が殆どかもしれませんね。

                lovelylovelylovely

023_2 ある後輩がどうしてもこの感覚を常に持っていたいが為に日本に仕事をやめてしまって、現地採用って事で早々にタイランドに移住をしてしまいました。

 非常に才能のある男性ですから、若しかしたら日本にいる頃と同じくらいの給料も貰って、しっごとが終われば毎日観光客気分で街中を徘徊をしているって事みたいです。

 羨ましすぎて、嫉妬も通り越して、恨みさえ感じる様になってきますよね。

 (まぁ、冗談ですが、こんな事が出来る人もいるんですね。 びっくりとしますが、現実ですからね。)

 彼は独身者ですから、日本の後ろ髪を引っ張られる事もないんでしょうし、憂いなんかも殆どなくて素早い割り切りと決断が出来たのでしょうね。

 少し前にも移住で悩んでいる後輩もいましたが、彼も割り切りをして早急にタイランドに移住をしてしまいました。 私も相談を受けましたが、私の話だけでは決断をするってところまでは至りませんでした。

 その時に、在対の大先輩と一緒に飲むって機会がありまして、彼も一緒に連れていったって事なんですが、その時の会話の中に背中を押すものがあったみたいで、ぱっと決断をしたみたいです。

 「あんた何歳や? ふ~ん、若いがな。 そんな事をウジウジ悩んでないで、直ぐに来たらええねん。 あんたくらいの年やったら、なんぼでも取り返す事が出来るやないか。 移住をして頑張って頑張って、アカンかったら反省をして帰ったらええねん。 そして、日本でやり直したらええねんから、考えすぎて阿呆になるより、先に行動をせんと若いもんやとは言わんで。」

 面と向かってこの様に言われて、迷いが吹き飛んだそうですね。

 もう一人の方も色々と考えて、片道切符だけを用意をして、絶対に帰ってこないんだって関西空港で一人で別れを告げて、タイランドにやってきた人もいます。 相当に苦労をしたみたいですが、家庭も持てて子供も出来て、しっかりと地に足を付けてえ頑張っていますからね。

 特に、若い方には若い時にしか出来ないものがありますから、世界に飛び出すって事をして欲しいと思いますね。

 (最近は高学歴貧乏って言うのが流行みたいですからね。 兎に角、男は行動力と個性ですからね。)

 別にタイランドって事に限らないで、昔の日本人みたいに世界に飛び出すって事で、大きなモノを得るって事も出来ますよね。 一人目の彼の様に同期は不順でも目標さえ持てれば、何とでもなる様になるみたいですね。

                 lovelylovelylovely

024_2今回の教訓です。

 またまた初めの話からドンドンとずれていったみたいですが、人間は色々な面での決断ってモノが重要ですよね。

 考える事はいっぱい、悩む事もいっぱい、色々な関係もいっぱい、でも、考えすぎて何もしないって事の方が後々後悔をしてしまうって事になってしまいますからねえ。

 先ずは老いも若きも中年も日本から飛び出す事をしていただいて、もう一度自分を見直すって事も重要かもしれませんね。

 狭い日本で、ウジウジと考えていても良い考えは余り浮かびませんから、一度世界を見てみて帰ってくるも良しって事で飛び出して欲しいと思います。 でも、一人でしないといけませんよ。

 まだまだ決断をして海外で、タイランドで楽しんでいる人達はいっぱいいますから、追追ご紹介をさせて頂きますね。

                lovelylovely

|

« 心の拠り所は我が愛妻 | トップページ | 我が人生に悔いはない ① »

訪泰の私的情報」カテゴリの記事

コメント

ekamai 様。
 有難うございます。

 私がタイランドにきたのは、18歳でしたので、何も考える事が出来ませんでしたし大学生で酷い仕事をさせられていましたから・・・タイガールの良さは理解は出来ませんでした。

 最終的には最初の方へ帰っていくって事でした。私も、遠回りをしましたが、帰ってきたかいが充分に有りましたよね。
 若い内は、何度も何度も失敗を重ねて良いと思いますから、どんどんとチャレンジをしていただきたいと思います。

投稿: AKI さん | 2012年9月18日 (火曜日) 午後 11時30分

Aki様

私がタイに来たのは31歳のときでした

そのときつくづく思いました
もう5年早く来ていれば...
結婚する前に来ていれば...

さらに今になって思います
あの時スパッと決断していれば...


先達のおっしゃるように若いと言うことはやり直しが出来ると言うことで、とても羨ましく思います


私の場合はやり直しの利かない決断をしましたので、なんとしても成功させるしかないので、それはそれで気合が入りますから、ぐうたらの私にはちょうどいいかもしれませんww

投稿: ekamai | 2012年9月18日 (火曜日) 午後 09時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174013/42774310

この記事へのトラックバック一覧です: 日が暮れると楽しいことばかり:

« 心の拠り所は我が愛妻 | トップページ | 我が人生に悔いはない ① »