« 夜の子供達への対応は | トップページ | あるタイガールの人生と物語り ② »

2012年9月21日 (金曜日)

あるタイガールの人生と物語り ①

034_2 ある方からご連絡を頂きました。

 あるタイガールの人生が非常の波乱万丈で、とっても興味があるものなので、相談をかねて色々な内容をご紹介下さいました。

 出来れば、私のブログで紹介をして欲しいって話ですから、数日間に分けてご紹介をしていこうと思います。

 どうしても話が長くなってしまいます。 申し訳ありませんが、何日間かこの話題にさせて頂きたいと思います。

                

035_2 彼女は北の方のラオスの国境に近い貧乏で小さな村に誕生をしたそうです。

 彼女が誕生をしてから、父親は出稼ぎって事を言い残して街の方に出て行ったそうですが、タイランドにはどこでも転がっている様な話で、そのまま消息が不明となったみたいです。

 母親と母親の両親は、小さな農地を借りて仕事をして、命をつないでいた様子ですが、貧乏がマシになるって事は全くなかったそうです。

 その内、祖父もこのままでは家族が生きていく事が出来ないって事で、父親と同様に家族の反対を押し切って出稼ぎに行くって事で家を後にします。

 この父親もタイランドの男の中では、ご多分に漏れず同じように行方不明の状態意で、家出をしたのと同じでした。

 祖母と母親と乳飲み子の彼女と、周りの人の援助もあって命だけは取り留めているって感じで、生きているって感覚はなしに命をつないでいるって事だけで、何時死んでも良いような嬢状況だったそうです。

 少し前まではタイランドの田舎の方がこの様なタイプの家庭が結構あったみたいです。

 私もこんな話は知っていましたが、面と向かってこの様な話を聞きましたら、無力で何もできない私ですが、人ごととは思えず憤りを感じてしまいます。 男はもっと責任感を持つ事は出来ないのかって思ってしまいます。

 (昔の日本も生活が出来ないのに一時の快楽の為にSEXをして、子供が出来て生活ができなくなるからって間引きをするって事があったみたいですね。 それに、生活の為だとかって事で、娘を売りに出すって事も平気でしていった時期が有りました。

 それで悲しいって事で泣きはらしていたって話が残っていますが、昔から子供は親や大人の虐待や命を簡単に遣り取りをしていましたから、日本人が最近になって偉そうな事は言えませんね。 私も同様ですね。)

 この時期やこんな感覚の親は、大人は何を考えていたんでしょうね。 生活が出来ないのなら一時の快楽に身を投じなくても良さそうなモノだって思いますが、後々の事なんかは考えなかったんでしょうね。

 ・・・・・

 3人での生活も出来なくなってきて、祖母と母親はしてはいけない事をしてしまいます。

 生活が出来ないって事を理由で、娘を売ってしまうんですね。 彼女が3歳になるって一番可愛い時期に子供を売り飛ばしてしまうって事をしてしまいます。 金額は定かではありませんが、端金だったそうです。

 話は聞きますが、面と向かって売ったとか売られたとかって話を聞きますと、憤りを通り越して唖然として、言葉にすることは出来ませんね。 人間びっくりを通り過ぎましたら、頭逢真っ白になって思考停止の状態になってしまいます。

 3歳で売られて、そして、彼女の人生は真っ逆さまに転がり落ちていくって事になってしまうんでしょうね。

 3歳から子守や家の掃除た洗濯などの強制労働をさせられる訳ですから、させる方も人間とは思えませんが、この時期はそれもまかり通っていたんでしょう。 まだ、タイランドではこの様な事はあるみたいですが。

                

036_2 そろそろ本日の時間が終わりそうです。 

 このままでは結構長く掛かってしまいまそうですが、私も話を聞かせて頂いて、相当のショックを受けましたので、最後までこの話は続けさせて頂きますね。

 私は文章力があまりありませんので、伝わり難いと思いますが、出来ればお付き合いを下さいね。

                

|

« 夜の子供達への対応は | トップページ | あるタイガールの人生と物語り ② »

タイガールの裏話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あるタイガールの人生と物語り ①:

« 夜の子供達への対応は | トップページ | あるタイガールの人生と物語り ② »