« あるタイガールの人生と物語り ② | トップページ | あるタイガールの人生と物語り ④ »

2012年9月23日 (日曜日)

あるタイガールの人生と物語り ③

040_2 3日目に突入をしましたが、たった二日間の話を聞いただけでも悲壮感が漂ってきますよね。 

 まだまだ彼女の才覚の人生は続いて行くような感じです。 あまり聞いたくないかもしれませんが、こんなさいかくな人生もあるんだって事で、出来ればお読み続けくださいね。

 では、早速続きをやっていきましょうね。

                

041_2 涙も枯れて、自分の人生はどこにあるのかも解らない状態で、それに彼女の時間は止まったままの状態です。 

 くる日もくる日も水知らずの男を受け入れないといけないんですからね。 自分自身の考えや気持ちなんかは全く表せるハズもありませんし、表現すら出来ません。

 初めてお客を取らされてから、どれくらいの時間が経った事でしょうね。

 二十歳を過ぎる頃には、身も心もボロボロって状態になっていて、笑顔は彼女からは消えてしまって、喜怒哀楽までも表現をする事が出来ない状態にもなってきました。 人間じゃない生活を強いられているんですから、彼女も人間ではなくなってきているんですね。

 悲しい事ですね。

 本当の年数も年齢も解らないまま、初めてお客を取らされてから、20年の歳月が過ぎようとしていたみたいです。 

 8歳から無理やりお客を取らされて来て、女としての商品価値は殆どないって判断をされたみたいで、数年間は置屋のそうじ屋雑用をさせられているって事で、お客を取らなくても良くなったのですが、食事などは小さな奴隷の時に戻った様な感じで、やせ衰えて来て、とっても30歳くらいには見れないほどの老け方になっていたそうです。

 小さい時から奴隷で、その後は無理やり娼婦をさせられて、商品価値が低下してきたら、又、奴隷に後戻りです。

 挙句の果てに、大人では邪魔になるって言われてしまって、その置屋では身の置きどころはなくなってきます。 結局は、出ていって欲しいって事で、彼女を周りは追い出しに掛かるんですね。

 彼女の場合は、自分自身での人生はありませんし、奴隷と娼婦と奴隷ですから、放り出されてしまいましたら、自分で生きていくことは出来ませんよね。 だって、今までの人生では常に命令をされてきているんですからね。

 それに放り出されても今何処にいるのかさえも理解できないんですね。 今まで、外の世界は経験をしたことも見た事もないんですからね。 野タレ死ぬって事以外の選択肢はありませんね。

 それに言葉もなくしてしまっている感じですし、表情までもなくしてしまっているんですからね。

 (忘れてましたが、彼女が売られた置屋は、彼女が20年間いたところは同じ場所ではないんですね。 彼女が8歳の時に無理やり客を取らせた所は、数年して潰れてしまいました。その後、3箇所に売られてしまったそうですが、数年から5年以内に全てが潰れてしまっていたみたいです。 天罰なんでしょうか?)

 最後に彼女を放り出した所は数日後には火事に見舞われて、経営者は病院に担ぎ込まれて、最終的には病院でなくなったそうですね。

 ・・・・・何かしら、何もできない彼女には神様か仏様かが小さな力を与えたのではないかと感じますね。 彼女を適当にあしらって、人間として扱わない人や所に対しては天罰が下るって事みたいですね。 (本当の所は解りませんが・・・・・)

 放り出された彼女は、フラフラとその辺を歩いているだけで、何処に行くのかも解りませんし、人に助けを求めるって事も出来ませんし、周りでは頭の可笑しい女がフラフラとしているって事にしか見えません。

 でも、流石にタイランドは優しい国ですし、優しい民族ですから、その彼女を見とがめて、お寺に連れていって上げる人が出来ました。 取り敢えずは、命は取り留めて、お寺での生活は始まったみたいですね。

                

042_2 彼女を人間として扱わなかった所や人は天罰を食らってしまったのかと思うほどの没落ぶりでした。

 でも、彼女の生活や人生が良くなるって事もありませんし、人間的な生活が出来るって事もありませんね。

 取り敢えずが、お寺に連れて行ってもらったって事で、命だけは失わずに済んだって事ですが、命が亡くならなかった事は本当に彼女に取って幸せな事なんでしょうか?

 明日には完結をさせますので、最後までお付き合いくださいね。

                

|

« あるタイガールの人生と物語り ② | トップページ | あるタイガールの人生と物語り ④ »

タイガールの裏話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あるタイガールの人生と物語り ③:

« あるタイガールの人生と物語り ② | トップページ | あるタイガールの人生と物語り ④ »