« 愛の表現は永遠に ① | トップページ | 真剣に老後を考えないと・・・ »

2012年11月 2日 (金曜日)

愛の表現は永遠に ②

1061 昨日からの続きです。

 二日間にわたる話が多くなっている様に感じますが、ネタが少なくなってきて、引っ張っているって声も聞こえてきますが、取り敢えずそんな声は無視をして続けさせて頂きますね。

 少し前置きが長くなりましたが、始まり始まり!

                 

1062_2 私の普通のアドバイスを聞いた二人は、しっかりと話し合いをするんです。 で、二人の人生や今後の生活のなかで、最高の選択をしようって事を検討をしだします。

 夫婦だとか、カップルだとかって言っても現実は、タイランドの普通の同棲生活者って感じですね。 法的にも本当の夫婦ではありませんよね。

 この二人は、元の性でタイランドでも日本でも法的に籍を入れて、本物の夫婦になるんですね。(この時は、日本人女性とタイ人男性の普通の結婚です。)

 続いて、今までは元の性での性交渉は一切なかったカップルが、元の性での性交渉をする様になりました。 本物の二人の愛の結晶を作り出そうとする事に結論を出して、二人の子供を作る為の行為を続けます。

 1年の年月を経て、彼女達の子供が日本人女性(旦那さん)に宿りました。

 そして約1年後に玉の様な女の赤ちゃんが誕生します。

 そして、二人の親に話に行きます。 二人の間に子供が出来て、でも、世間では本来のことなんだろうけども、二人の間では全く逆の事になっていますから、二親に援助をしてもらって、女性は男に、男性は女になるための手術をする為に、少しの間子供の面倒をお願いをします。 

 (決して、お金の無心に行った訳ではありません。 手術をする場合は、子供の面倒を見る事が出来ませんからね。)

 大反対で、二人を認めようとしない親達も最終的には二人の熱意に折れまして、応援をするって事になりました。

 子供を生んだ日本人女性は、旦那さんになって、そうしてお父さんになりました。 本当の子供のお父さんのタイ人男性は、奥さんになってお母さんになりました。 

 どう思われますか?

 私は、色々な問題も一杯でしょうし、大変なことも一杯でしょうが、最高の選択をしたんじゃないかと二人を褒め称えました。 そして、周りが否定をしても、私だけは味方をするって改めて誓いを立てました。

 愛のカタチは変化をしていきますが、愛するって事に関しては、お互いに留まる事はないんですね。

 困難も一杯でしょうが、この素晴らしいカップルに輝かしい未来が訪れますよう! 心から願っております。

                 

1063_2今回の教訓です。

 教訓はありませんが、人には色々な素敵な愛の形があるって事を改めて感じさせて貰う事が出来ました。

 このカップルは、心身共に相当に虐げられてきんでしょうね。 でも、最高の伴侶を得る事が出来て、一人では困難な事を二人で乗り越えるって決断をして、自分がしたい事を検討をして、決断をしてやりきったんですね。

 素晴らしいですよね。

 我々にも、特に心の免で大きな教訓を頂いた様に感じます。 私の周りにも、世界中でもお悩みの方はいらっしゃると思いますが、めげずに前向きにしっかりと前を向いて生きて、走って下さいね。

 私は応援をしていますからね。

 「AKIさん、少し変わったカップルになったけれども、今まで以上に幸せになる事が出来ました。 アドバイスのお陰です。 本当うに有難うございます。」

 余りにも恥ずかしいですよね。 こんなに感謝されては、私はあ穴を探して入りたいくらいです。

                 

|

« 愛の表現は永遠に ① | トップページ | 真剣に老後を考えないと・・・ »

恋愛」カテゴリの記事

コメント

ekamai 様。
 有難うございます。

 このカップルは本当に素晴らしいですよね。 お互いの本当の気持ちも愛する気持ちも背負っていけますし、幸せにならないはずはありませんね。

 話では、子供が大きくなって来た時に本当の話をするのが少し・・・って仰っていますが、そんなモノは、愛情に包まれて育って言っている子供には、何の問題も有りませんよね。

 末永く、来世まで幸せを育んでくださいね。そうして、我々にも幸せを分け与えて下さいね。

投稿: AKI さん | 2012年11月 5日 (月曜日) 午後 05時54分

Aki様

良いですねぇ
どんな形であれ愛し合ってる二人が一緒になれるのは素晴らしいことですね

しかもこのお二人は紛う方無き愛の結晶を手に入れられているわけで、羨ましいです

末長くお幸せに暮らしていただきたいです

投稿: ekamai | 2012年11月 4日 (日曜日) 午前 10時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛の表現は永遠に ②:

« 愛の表現は永遠に ① | トップページ | 真剣に老後を考えないと・・・ »