« 前から後ろからどうぞ! | トップページ | 何時までたっても島国根性は治らない »

2012年11月11日 (日曜日)

ファランと日本人

1088 日本人は人気があるって思い込んでいる方が結構いらっしゃいますが、最近ではファランの方が人気は絶好調みたいですよね。

 ドンドンと日本人の人気はタイガールからはなくなっていっている様に感じますが、皆さんはそのように感じる事はありませんでしょうか?

 いけませんね。

 私の様に伴侶がタイガールで、タイガールを伴侶にしている人達をたくさん知っている身としては、悲しい限りですよね。

                 

1089  日本人とファランとは何が違ってくるのでしょう?

 実はファランは金離れが悪いですし、日本人以上に悪い事をする人も結構いますね。 昔から、東洋人を馬鹿にした様な傾向があるのも否めないところですね。

 そして、お店に言っても1本のビールで長く粘ったり、ビアバーでも何時間もおしりに根が生えたみたいに飲み続けて・・・・・否、喋り続けていますよね。

 なのに、なのに、ファランの方が人気があるって言われると、何か無性に腹が立ってくるのは私だけなんでしょうか? 何処に違いがあるのか解明をして、日本人がファランに負けない様にしていかないといけませんね。

 では、違いについてまとめてみましょうね。

1. 助平さもカラッとしていますし、そして話術が非常にうまいですね。 殆どは、英語ですが、タイガールも日本語よりも英語の得意な子の方が多いですからね。 (日本語は、日本人クラブだけですからね。)

2. 元々東洋人を馬鹿にしているって所がありますが、ファラあんの特徴はそれをおクビにも出さないって所ですし、猿顔が好きな様にその国の文化や民族を尊重をしますし、郷に入る事が出来ます。

3. ファランもタイ人も、NOと言わなければ全てYESって感覚で、日本人とは正反対ですね。 話が繋がり安いですよね。 (イギリス人は日本人に近い所がありますから、、躰では人気がありませんね。)

4. 団体行動をするって事は非常に少ないですね。 酒場で良く挨拶をしたり、一緒に飲んでいるのを見かけますが、休暇が長いファランは現地で仲間になるみたいです。 長期間滞在って所も良いところみたいです。

5. 二人でいても、団体でいても、会話が途切れるって事はありません。 それに、ファラ案がタイガールに何かを教えようって感覚はなくて、逆に教えて貰おうって感覚が強いですから、話をしていても楽しいみたいですよ。

 大きくはこの5点ですね。

 確かに、日本人の不得意な所が多いですよね。 何度も話をしていますが、タイランドでモテたいとか思ったら、真摯にする事と一般的な日本人を演じないって事が重要ですよね。

 まぁ、兎に角、ファランには負けない様にしましょうね。

                

1090 今回の教訓です。

 最近ではファランだけではなくて、コリアやチャイニーズも沢山来ていますし、コリアンクラブやチャイニーズクラブまで出来て来ていまして、侵食をされていますよね。

 まるで家電業界の様な感じですね。

 出来ればタイガールが大好きな外国人は、日本人だって声を大きくして言いたいですし、現実もその通りだって言いたいですよね。

 ただの金づるのおっさんが入るコトロが日本だって言われたんですは、苦し過ぎますからね。

 簡単なたった5点の事ですから、是非にも覚えておいて頂いて、負けないようなグローバルな行動を取りたいですよね。

 お互いに頑張りましょうね。

                 

|

« 前から後ろからどうぞ! | トップページ | 何時までたっても島国根性は治らない »

私の失敗談」カテゴリの記事

コメント

ekamai 様。
 有難うございます。

 タイガール達と話をしましたら、ファランよりも日本人の方がケチだって言いますよね。 現実は、ファランの方が相当にお金には厳しいですが、使い方や表現のしかたで、日本人の方がセコイって感じなんでしょうね。

 ファランは見た目と金の使い方がマッチしていて、日本人は格好と金の使い方がアンマッチなんですね。(ブランドモンを身に付けている割には、セコイって事なんでしょうね)

投稿: AKI さん | 2012年11月14日 (水曜日) 午前 10時28分

Aki様

ファランはホントにケチですが、とにかく話術が巧みですから一緒にいると飽きないですよね

話術では適いませんからせめて「ケチ」と言われない様に「スマート」に遊びたいものですね

とは言ってもAkiさん同様、縁の無い世界になっちゃいましたが(笑

投稿: ekamai | 2012年11月12日 (月曜日) 午後 09時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ファランと日本人:

« 前から後ろからどうぞ! | トップページ | 何時までたっても島国根性は治らない »