« 私に裏切りをさせないで | トップページ | 心模様を表現をする »

2012年11月29日 (木曜日)

子供の英雄、親の敵

43 「AKIさんって可笑しんじゃないのかなぁ? だって、子供をいじめてばっかりいて、私はあの人に子供を近づけたくはないわよね。」

 少し前に虐待をしているって事でしたね。 高校の先生とお坊さんが取りなしをしてくれて事なきを得ましたが、未だにその事は燻っているんでしょうね。

 悲しい事ですよね。

 でも、子供達の英雄は、ウルトラマンと同じように見られているのはAKIさんなんですが、どうしたモンでしょう。

                

44  タイランドの文化は子供徹底して大切にしますし、タイ人は全てが子供が大好きです。 電車でも、子供には席を譲ろうって人は一杯いますからね。

 でも、その大切に仕方が問題がある場合があります。 

 腫れ物にでも触る様に、いつまで経っても歩けないほどの赤ちゃんに接する様に、何もさせないでできうる限りの望みを与えようと知るのが愛情だって感じがまだまだ残っています。

 私の考えは躾は押しつけだって思っていますし、小さい内から色々な事をさせて、自立心を植え付ける方が生涯に渡って子供達の為になると考えています。

 ですから、田舎の子供達には私の家に来た場合は、どんなことでもさせる様にしています。 掃除に洗濯に、食事の準備に片付けやそれに庭にかまどやバーベキューのセットを作るときにも子供達にさせます。

 先日も魚のバーベキューをするって事で、近所のじいちゃんに釣りの道具を借りまして、魚を取る所からするって事で、釣りをさせまして、食の大変さや大切さを教えようとしたんですが、近所の親からはどうしても敵視を免れません

 子供達は目茶目茶喜んでいるのですがね。

 最近数人は私がしている子供への教育方針に理解を示している親がいますが、これも前に話をした通りの、金持ちの人と余り金がなくて、所謂貧乏人て言われている、2種類のタイプの親達だけなんですね。

 中流階級の人達は、子供には甘やかせるだけが当然だって感覚ですから、ダメンズの男を製造をしているんですが、その事に気がつかないんですね。

 まぁ、私はタイランドの将来の事を考えて、厳しくって事ではなくて、子供たちに自立心を植え付けようとしているだけなんですが、親達からは目の敵にされてしまって、割に会いませんよね。

 でも、子供達はそんな私の行為には、好意的で親の目を盗んで遊びにこようとしますから、子供の方が将来を考えているのかもしてませんよね。 って、子供達に取ってはたいへんでも、厳しくても自分達が出来るって事が楽しいんでしょうけどね。

 「AKIさんは、子供達を悪の道に連れていこうとしているんじゃないだろうか? あの先生やお坊さんがうるさいから余り言えないけど・・・・・本当に大丈夫なんだろうかって気になって仕方がないわねぇ。」

 でも、その地のお金持ちの家庭は、私の所に行かせて貰えって言って、子供達が私の元にくることを歓迎をしています。 金持ちですから、その地の名士ですから、今の内は影で文句を言われているだけですが、いつの日か闇討を掛けられれしまうかもしれませんね。

 まぁ、何年かしたら子供に何でもさせて、自立心が出たって事が良いことおだって理解が出来ると思うのですが・・・・・でも、そんな親の場合は、内の子供が賢いからだって言う自慢の材料だけになってしまうかもしれません。

                

45今回の教訓です

 内の田舎では、結構な影響力が出てきていますから、私がしている事を肯定してくれる方達が増加をして、文句を言われる事が少なくなってきました。

 その内、昔DHAが発見された時の様に、内の田舎だけが自立心旺盛な子供達がタイランドを納める様になるかもしれませんね。

 そうするとAKIさんはタイランドの中興の祖って言われるのも近い将来なんでしょうね。

 まぁ、そんな馬鹿な話はおきまして、子供達が自立をする事を助けてやるのも我々大人の仕事ですから、文句を言われてもしっかりと頑張る様にしようと改めて考えている次第です。

 機会が有りましたら、皆さんもお手伝いを下さいね。

                

|

« 私に裏切りをさせないで | トップページ | 心模様を表現をする »

タイランドに住む人々達」カテゴリの記事

コメント

ekamai 様。
 有難うございます。

 私はタイランドやタイ人が大好きなんですが、ほんの少し子供への過保護感があって、馬鹿な男が出来上がるって所だけは少しも共鳴をする事が出来ませんので、出来る事だけをしています。

 若し、時間が取れる様子でしたら、内の田舎に一緒に行っていただいて、教育のお手伝いをしていただくと嬉しいです。
 (我々日本人がお世話になっているタイ人やタイランドへの恩返しの一貫ですね。)

投稿: AKI さん | 2012年11月30日 (金曜日) 午後 11時20分

Aki様

私も同じ考えです

自分の事は自分でする
生きてく上での基本だと思っています

Akiさんのされている事は一種の「教育」ですから、目に見える変化が出てくるのは次世代、次々世代が親となる頃ではないでしょうか

いわゆる「草の根運動」にも通じるところがあると思います

出来る事があればお手伝いさせていただきますので声かけて下さい

投稿: ekamai | 2012年11月30日 (金曜日) 午後 09時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子供の英雄、親の敵:

« 私に裏切りをさせないで | トップページ | 心模様を表現をする »