« 娘に送るお金を当てにするな! | トップページ | 私のダーリンは、キムタクは足元にも・・・及ばない »

2013年1月10日 (木曜日)

こだわらないけど、こだわりはいっぱい

Photo_25 ここ数日間は、タイ人と日本人との関係のついて話を続けている様に感じますが、まぁ、変に続いて行くのが私の特徴ですの我慢して、お読みくださいね。

 タイ人の素晴らしい所は余りこだわらないで、ゆったりとして、楽しく暮らしているって事ですよね。

 でも、そのこだわらないタイ人は結構違った視線でのこだわりを持っているって事はご存知ですか?

 余り知られていない事ですが、結構なこだわりを持っていますので、少し紹介をしておきましょうね。 タイガールとの、ゴール間近かには、必要になる事もあるかもしれませんね。

                

Photo_26  タイ人の中にタイガールは、実は結構こだわっているモノを持っていますよね。 どちらかと言いますと、余り気にしないで、ゆったりとしている様に感じます。

 当たっているのですが、でも、両極端なタイプの女ですから、同然といわば当然なんですが、こだわりってモノも相当のモンだって考えておかないといけませんね。

 ではどんなこだわりを持っているのでしょうね。

1. 一番大きなこだわりは、自分が愛する人の事を全て把握をして、そして自分だけを見させる為に、人それぞれで、その場もそれぞれで、やり方もそれぞれで・・・・・兎に角、その場その場を適当に、否、その場の最も良い方法を感性によって、選んで実行をしているってところです。

2. 普通の事をさも素晴らしい様に、普通に愛する人からされた事をさも大事の様に、そして、どうしたら人と違っていてどこにでもないかの様に・・・・・兎に角、自慢をする材料をしっかりと探して、適当に、否、その場のもっとお良いだろう方法で、さりげなく自慢をするところです。

3. 最後のこだわりは、もしかするとこれが一番大きなこだわりかもしれませんね。 自分が一番幸せで、愛する人が一番素晴らしい男なんだって事ですね。 後の方は、皆さんもご存知の通りですが、タイガールの素晴らしい所は、自分が一番幸せなんだって考える事が出来る事無ですね。

 ・・・・・

 こんなモンかと思われる方もいらっしゃると思いますが、この3点のこだわりは、男を幸せにする最も重要なこだわりなんだって思われませんか? 

 でも、2番の自慢もかぁ~って仰るかもしれませんね。

 考えて下さいね。

 自慢ができるって事は男がしっかりとしていて、自分を十分に幸せにしてくれているんだよって事に対しての自慢なんだって事はご理解していますか? ただ単に自慢をしているって事だけではないんですよ。

 (確かに、自慢だけをしたいって事もある事はありますが、実は自分が愛する人の事を自慢をしてるんですね。)

 今日も訳のわからない話だって思われるかもしれませんが、タイガールがこだわりを持っているのは、突き詰めて行きましたら、本当に愛する人の事だけなんだってところが見えてきますね。

 これ程こだわられるんですから、男として本当に冥利に付きますよね。 ですから、男はしっかりと地に足をつけて、愛するタイガールの伴侶や恋人にこだわりをさせてあげるって事は重要ですよね。

 ホンマ、男はしっかりしないといけませんね。

                

Photo_27 今回の教訓です。

 こだわりがあるって言うと大げさかもしれませんが、タイガールに取っては本当に重要な事みたいですね。

 又、こだわらせてあげるって事は、一番の幸せを得ているって事を他所に名言をしているって事ですし、私はが一番最高の人生を得ているって事を、自分が愛する男に対しても言い続けているって事ですね。

 肝に命じておかないといけませんね。

 まぁ、いつも言っている事ですが、男がしっかりとしていると自分もタイガールも幸せにする事が出来るって事ですからね。

 やっぱり男はタイガールの鏡なんですね。

                 

|

« 娘に送るお金を当てにするな! | トップページ | 私のダーリンは、キムタクは足元にも・・・及ばない »

タイ人からの裏話」カテゴリの記事

コメント

ekamai 様。
 有難うございます。

 本当にそうですね。 私も恥ずかしい思いや、自分で勝手の恥ずかしがったりしていましたが、最近ではそれは当たり前だって感じになってきました。

 常に男がトップに立っている(立たせてもらっている)には、相当に心地が良いですよね。 でも、あまり他所で、言いふらしてって言うのは・・・・ですが。

投稿: AKIさん | 2013年1月12日 (土曜日) 午前 10時38分

Aki様

確かに日本人なら恥ずかしくて言えない事や出来ないことも、愛する人のためなら普通にやっちゃいますね

慣れないうちは、こっちが恥ずかしくて穴があったら入りたい、とよく思ったものですが、慣れてしまうとこれが非常に居心地が良いんですね

TGは先天的に男の「立て方」を身につけてると思います

投稿: ekamai | 2013年1月12日 (土曜日) 午前 12時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こだわらないけど、こだわりはいっぱい:

« 娘に送るお金を当てにするな! | トップページ | 私のダーリンは、キムタクは足元にも・・・及ばない »