« 単一民族と混血民族 | トップページ | 問題はないとは言うけれど »

2013年1月23日 (水曜日)

外国人も仲間と認めるタイ人達

13  日本人の場合は、どうしても島国根性が先に立ちますし、鎖国が普通の感覚ですから、同国人でないと仲間内だって言う事はなくなりますが、タイ人の場合は、全く違った感覚になりますね。

 外国人も同じ価値観を持ってれば仲間内ですね。

 この感覚は、世界でもタイ人が一番多い感覚でしょうね。 同じアジア地区でも、中国や韓国も日本と同様なところがありますが、この国は違っていますから、第2の人生を送るにはみをゆだねる事が出来ますね。

 (特に日本と中国は同国人意識が強すぎますからね。)

                

14  なんたって日本人の場合は、同国人だけで飲んだり、騒いだり食べたり、それから性的な事をしたいが為に、日本人クラブなるモノを開発をして、外国で鎖国を作り上げるくらいですから、堂に入っていますね。

 (非常に有名な話ですが、余り褒められたモノではないのも、事実でしょうね。)

 他国で自分達だけの世界を作らないでもよさそうなものですね。 又、中国人も直ぐに他国で自分達だけで集まって、チャイナタウンですから、一番中が悪い国同士は、似通っているんですね。

 でも、タイランドに行きましたら、心が安らかになると思いますが、どうしてだと思われますか? タイランドのタイ人には排他的なところが殆どありませんし、視覚や感覚的にも感じる事がないからなんですね。

 私も世界の色々な国での仕事ですが、この排他的な感覚が殆ど感じれないのはタイランドが筆頭ですよね。 特に、子供なんかと一緒にいましたら、それだけで確実に仲間だって感覚ですからね。

 自分の国や、自分の家のリビングにいる様な錯覚に陥ってしまう事もありますから、それはそれは不思議でしょうがありませんね。

 「タイ人の場合は、国って感覚は余りなくて、仲間意識とか横のつながりとかを大事にしますし、家族や親戚や友人達を仲間だとの認識をする様子ですから、話が通づる外国人も気心がしれている外国人も仲間には違いないですし、差別なんかは一切する事はないんでしょうね。 元々、あっけらかんとして、心が広くて受け入れやすい性格をしているんでしょうねぇ。」

 知り合いのお坊さんの談ですが、確かにその通りですよね。

 皆さんも受け入れて貰っている感覚をお持ちですから、足繁くタイランドの心も体も頭さえも向いてしまうんでしょうね。

 「旦那さん、又色々とこむずかしく考えているですか? タイ人の場合は、外面が良くて、喧嘩や争い事が嫌いだから、表面上は仲間なんだって思えるんじゃないですか。 合わない人は一杯いるんだから、深く考えないで付き合って楽しくて、自分の為になる人だけと付き合うのが良いんじゃないですか。」

 まま、確かにそうですが、そう言ってしまったら身も蓋もないじゃないですかねぇ。

 元々タイ人は縦の関係よりも横の関係を重視するのは特徴ですから、我々もお付き合いがしやすいんでしょうね。 特にアジアでの三悪の日本・中国・韓国は横の繋がりよりも縦の繋がりを重要視しますから、この様にフレンドリーで外国人を仲間として迎える事が出来ないんでしょうね。 

 見習わなくてはいけませんよね。

                

15 今回の教訓です。

 タイランドに行っても、心配事が出たり、不安になったり、ホームシックにかかたりする事はほとんどありませんし、逆に何か懐かしさが込み上げてきますからねぇ。

 こんな感覚になるんですから、第2の人生はタイランドでタイガールと共に暮らして行きたいと思うのは間違いのない事ですね。

 今の内に我々も充分に勉強をさせて頂いて、今後の人生に役に立てる様に頑張らないといけませんね。 移住をしないでも、日本で暮らす場合でもこの感覚を真似るのは銃かもしれませんね。

 こんな所にも、帰りたいって想い続ける要因が潜んで居るんですね。

 あ~、早くリタイアをしてタイランドに帰りたいよぉ~!

                 

|

« 単一民族と混血民族 | トップページ | 問題はないとは言うけれど »

タイランド文化とタイ人学」カテゴリの記事

コメント

ekamai 様。
 有難うございます。

 そう、我々は贅沢が出来るものを持っていますから十分に活用をしないといけませんし、有難い事だと思わないといけませんね。

 想像はつくのですが、本当のリタイア後の事を考えるとワクワクして、一人で笑みが止まりません。
 出来るだけ早めにその夢を達成をしたいですね。

投稿: AKIさん | 2013年1月25日 (金曜日) 午前 12時31分

Aki様

もうずいぶん前になっちゃいましたが、初めてタイに来たとき、不思議と懐かしい感じがしました

他のどの国に行っても初めてのときは不安と緊張を感じるのに、タイはふるさとに帰ってきたような感じがしました

そんな国に大きな包容力のあるTGを伴侶にして隠居生活を送るなんて、最高の贅沢だと思います

投稿: ekamai | 2013年1月25日 (金曜日) 午前 12時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 外国人も仲間と認めるタイ人達:

« 単一民族と混血民族 | トップページ | 問題はないとは言うけれど »