« 見返りは求めないけどねぇ・・・ | トップページ | オバ様達を風俗にご案内! »

2013年1月 6日 (日曜日)

愛犬と愛猫達との関わり

Photo_13 不思議な事ですが、田舎の私達の内は、いつの間にか猫が住み着いたり、犬が住み着いたりして、帰る度に家族(?)が増えたり、減ったりしているんですが、何でなんでしょうね。

 動物もそうなんですが、人間の子供の私が田舎に帰るのに迎えてくれる子供の数も増えている様に感じます。

 田舎に単調な生活の中で、私のような異邦人がやってくるんですから、楽しみでしょうし、怖いもの見たさでしょうし、若しかしたら見た事もないようなものや食べた事がない様なものを得る事が出来るって考えているのか・・・・・

 増加傾向ですね。

                

Photo_14 初めはタイ人もとってもフレンドリーで、明るいなァって感じていましたが、どちらかと言いますと彼等はシャイで恥ずかしがりやです。 それが、私が田舎に行きましたら、寄ってきたり握手などをするのは・・・・・珍しいものに触りたいって好奇心みたいですね。

 それに動物達が集まってくるのは、これは全世界共通で悪い傾向ではないことみたいですがあ、ここに来ると食べ物が与えてもらえるって事が真相の様子ですね。

 (実は、AKIさんは素晴らしく良い人だから、動物もその事を理解をして、良い人には寄ってくるんだって考えていましたが、違っているみたいです。 ただ単に、安心感があるのと食べ物があるのとの2種類だけの理由みたいです)

 この前にも帰りましたら、猫はいますし、犬はいますし、本当にここは俺の家かって思ったくらいですからね。 そして、タイランドの不思議な所は、犬は普通は人懐っこいって言われていますが、タイランドの犬はどちらかと言いましたら、日本の猫みたいな感じですね。

 寄って来ませんね。

 でも、猫の場合は、子犬みたいな感じで、人懐っこく寄ってきますし、引っ付いてきます。 まるで、タイガールみたいですからね。 実は、嫉妬感も犬よりも、猫の方が酷いんですから、生ま代わりかもしれませんね。

 皆さんもご経験があると思いますが、屋台などで食事をしていましたら、足に引っ付いて来る猫がどこにでもいますし、引っ付かれてびっくりとした事はありますでしょ。 本当に人懐っこいです。

 先日も田舎の家の軒先で涼しくて気持ちが良いものですから、ハンモックに揺られて眠っていましたら、息苦しくて目を覚ましましたら、私の胸やお腹や至る所に猫が引っ付いて寝ているんですね。

 起き出して数えましたら、なんと七匹ですから驚きですね。

 猫の場合は、日本でも人間に根付かないで家に懐くんだって言われていますが、田舎の家は私のモノなんだって知っていて、家に懐くように私に寄ってきて、ひっついているのかもしれませんね。

 それに問題は犬の方ですが、近所の犬も何度か合いましたら、懐きますね。 そうしましたら、私が帰ってきますとどこからともなく集まってきまして、家の前で喧嘩が始まりますから大変です。

 最初に帰ってきた奴が我が物顔って言うのがタイランドの犬のルールなのかなぁ?

 しかし、田舎の場合は、猫に犬に、そして、近所の子供達に、一番寄ってくるのは最近は近所のおばちゃんとおばあちゃん達ですから面白いですよね。 元々、AKIさんは子供と動物とおばちゃん達には人気がありますからね。

 (でも、真ん中の年齢層には人気がないどころか、敵視されている感じですから、寂しい限りですね。 でも、独身で高校を卒業をしていない位の女の子は、田舎では完全な子供みたいなもんですから、寄ってきますけどね。

 う~ん、女になってしまうと寄ってこないって言うのはどう言う事なんでしょうね。)

 皆さんも機会が有りましたら、内の田舎にご招待をしましょうね。

                

Photo_15 今回の教訓です。

 田舎暮しは止められませんね。 

 まぁ、数日間だって事ですから問題はないのかもしれません。 田舎は、日本以上に何もありませんし、時間もゆっくりと動いていますからね。

 田舎の生活を続けていましたら、本当に病気なんかはならないんじゃないかと思えるくらいに、ストレスはなくなってきますね。 でも、ぼぉ~っとしてしまって、後退をしてしまう可能性もありますけどね。

 田舎の方に行かれた事がある方も無い方も、何度も何度も軽々をされて、今後の移住の時のプラス味してみてくださいね。

 年末年始の忙しい時間も終わってきていますから、そろそろ田舎の空気が恋しくなってきましたし、娘とゆっくりと引っ付かれながら話をしたいですね。

                

|

« 見返りは求めないけどねぇ・・・ | トップページ | オバ様達を風俗にご案内! »

タイランドに住む人々達」カテゴリの記事

コメント

ekamai 様。
 有難うございます。

 本当にタイランドの田舎は良いですよね。 心が洗われて、そして体もリフレッシュすることもできますからね。
 でも、私はゆっくりするのは少しだと良いのですが、長い時間ですと持て余してしまうってところがありますから、今の内にゆっくりとした時間の使い方を勉強をしていかないといけませんよね。

 リタイアの準備を加速させていかないといけませんねぇ。

投稿: AKIさん | 2013年1月 7日 (月曜日) 午後 09時51分

Aki様

ホントにタイの田舎は良いですね

日本の原風景と同じような感じがしますし、田舎に居ると、何か仕事をするのが悪い事のように感じますね

2日のコメントにも書きましたが、正月はチャーン島に行ってきました

観光地ではありますが、自然が沢山残ってますし、時計も普段よりゆっくり進んでいたような気がします

早く資金を手当てしリタイアしたいものです

投稿: ekamai | 2013年1月 7日 (月曜日) 午後 09時04分

将来Thailand 様。
 明けましておめでとうございます。

 そうですねぇ、置くが深いというのか我々に恩人が島国での生まれ育ちですから、慣れていないって所かもしれませんね。

 黄色がみえませんか?
 初めて言われて戸惑っていますが、出来るだけ違った色を使うようにしますね。

投稿: AKIさん | 2013年1月 7日 (月曜日) 午後 03時51分

明けましておめでとうございます。いつも参考になる話、納得しながら読ませて頂いてます。タイ人やタイガールの考えかたは奥が深いですね、誤解しないようにしないと。それとAKIさんに一つだけお願いが有ります。フォントのカラーですがPCだと問題ないのですがIphoneだと黄色部分の大事な所が読めません(私だけかな?)もう少し濃い色だと助かります。

投稿: 将来Thailand | 2013年1月 7日 (月曜日) 午後 03時18分

Taka 様。
 明けましておめでとうございます。

 是非、内の田舎の家にお越しください。 今年は少し忙しくて、中国にインドネシアにタイの東や南やとBKKに行っている暇がありませんが、3月にはゆっくりと出来ますから、ご招待をさせて頂きますので、是非お越しくださいませ。

 奥さんもご一緒にお越しくださいね。 一緒に大型ナマズの釣りをしましょうね。

投稿: AKIさん | 2013年1月 6日 (日曜日) 午後 08時54分

AKIさん
あけましておめでとうございます^^
タイで無事、年を越すことができました。
こちらにいる間に、AKIさんの家にも遊びに連れて行ってもらえたらと思います
今年もよろしくお願いします。

投稿: Taka | 2013年1月 6日 (日曜日) 午後 08時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛犬と愛猫達との関わり:

« 見返りは求めないけどねぇ・・・ | トップページ | オバ様達を風俗にご案内! »