« コンムアン・シャム(サヤーム)・ラーオ・マレー  | トップページ | 国家と国旗掲揚と王様の写真 »

2013年3月31日 (日曜日)

コンムアン・シャム(サヤーム)・ラーオ・マレー ② (昨日の続き)

016 昨日の続きではありません。 表題は続きっぽいので②にしてしまいました。

 「内の彼女は○○○出身なんですけども・・・・・何か問題はありますか? 又、どう言う対処をするとうまくいく確率が高いんでしょうか? ご教授を・・・・・」

 こんなメールを何件も頂きました。 別々にお答えをするのは大変ですので、申し訳ありませんが一斉にお答えをさせて頂きますのでご了承くださいね。

 面倒臭いわけではないのですが、答えが一緒なもので・・・・・では、早速説明をさせて頂きましょうね。

                

017 結論から話をさせて頂きますが、出身地での注意点や対処方法は必要はありませんし、何の関係もないって言っても過言ではありませんからね。

 昨日はあんなことを書いた為に出身地によって何もかもを変化せないといけないと思われている方がいらっしゃるみたいですが、あれも参考程度の覚えて頂いたらいい事です。

 又出身地によって少しは違っているのは、彼女達の両親や祖父母の世代が少し違っているって程度ですから、皆さんがお付き合いをしようって年齢層にはあまり必要のないモノですので、ご了承ください。

 昨日は解り難くて、惑わせるような事を言ってしまいましたか?

 深く反省をして、今後は出来るだけ解り易い様に説明押していきたいと思います・・・・・あくまでも思うだけですよ。 大抵は出来ないと思いますし、紛らわしい事はやめる事もないと思います。

 確かに地域によっての変化や特徴はあると思いますが、これも日本と同じ様な感じでそこそこの年齢層の人にはあると思いますが、若者にはあまり関係のない事なんだって考えて差し支えないと思います。

 じゃ若者は何歳なんだって話ですが・・・・・

 私には解りませんので、皆さんが勝手に判断をして頂いて、適当に決めて頂いて結構ですからね。 

 無責任だって怒られてしまいそうですが、元々私は無責任なタイプですし、このブログも、まぁまぁ参考程度にして頂くって事が一番いいですからね。 元々、このブログは大人しか入れませんので、大人の方はすべて自己責任で考えておいて下さいね。

 又、話がそれて行きましたが、現時点でのタイガールは出身地での分け方はあまり有効でない場合が多いですね。 但し、そのタイガールの両親や祖父母を見ましたら、特徴を伝承をしている場合が多いのは間違いありません。

 特に田舎に住まわれていたタイガールの場合は、両親や祖父母の影響はしっかり受けているって考えて間違いはありませんので、そっちの方の確認をするって事をお勧めしたいと思います。

 特に女の子ですから、性格も体系も間違いなく母親と同じになって行きます。

 日本でもその傾向がありますが、タイガールの場合は、日本人の女性以上ですからねぇ。 母親が太っていたら120%の確率で太っていきますし、母親が温厚な性格でしたら120%温厚ですからね。

 出来れば付き合って早い目に母親へのコンタクトが取れると良いかもしれませんね。

                

018 今回の教訓です。

 いつもいつも違った方向に行ってしまって読んでいる方は大変な事でしょうね。 

 これだけは覚えといた方が良いのは、タイガールは見た目も内面も殆ど例外なしに母親に似て行くって事だけは間違いはない様に感じますが、如何でしょうか?

 殆どのタイガールは否定をしますし、その伴侶も否定をしますが、私の知っている限りでは今まではあまり例外はありませんでした。

 まぁ、そんなにそのタイガールの母親とあっている訳ではないのですが・・・・・写真では意見をしたのも入れましても、現時点では100%って確率ですから不思議ですよね。

 地域はあまり考える事はしないで、出来るだえ早い段階で母親との会談を設ける事が出来ると自分の伴侶の将来像を見る事が出来ますからね。

                  

|

« コンムアン・シャム(サヤーム)・ラーオ・マレー  | トップページ | 国家と国旗掲揚と王様の写真 »

タイランド文化とタイ人学」カテゴリの記事

コメント

ekamai 様。
 有難うございます。

 本当にそうですね。タイ人とか日本人とかって言っていますが、元々は人間なんですから、殆ど違いはないんだろう思います。
 個人の個性を見てあげるって事と、自分の個性を素直に出していくって事が重要ですね。

 まずは異聞が裸にならないといけませんよね。

投稿: AKIさん | 2013年4月 1日 (月曜日) 午後 10時30分

Aki様

仰るとおり何処の出身かなんて関係ないですよね。
そんなことより「個人差」の方がよっぽど大きいかと

いずれにせよ「自分をさらけ出す」ことが一番重要ですよね

投稿: ekamai | 2013年4月 1日 (月曜日) 午後 08時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コンムアン・シャム(サヤーム)・ラーオ・マレー ② (昨日の続き):

« コンムアン・シャム(サヤーム)・ラーオ・マレー  | トップページ | 国家と国旗掲揚と王様の写真 »