« 馬鹿な男と言われたいのは、私 ② | トップページ | 私のティーラックはピーになった ② »

2013年4月13日 (土曜日)

私のティーラックは、ピーになった ①

055 誠に、真に、申し訳ありません。

 今日も、二日に渡っての話になりそうです。 (連日では、問題は大ですよね)

 これは知り合いのタイガールの恋の物語なんですが、熱烈に恋愛をして、もう少しで一緒に暮らすんだって時に、彼が亡くなってしまったって事みたいですね。

 波乱万丈の関係です。 それも、我々と同じタイガールと日本人の男の物語ですから、退屈かもしれませんが、ご紹介をさせて頂きますね。

                 

056 「AKIさん、私のティー・ラックはピーになったのよ。 そうして、いつも私のそばにいるのよ。 本当に素敵でしょ!」

 私は、世の中であまり怖いモノはありませんが、タイ人と同じ様にお化けや妖怪の類は非常に嫌悪しますし、大嫌いで恐ろしいこの上ありません。

 人間の場合もそりゃ何を考えているのか解らない人が多くて怖いモノですが、でも取り敢えずは解るかどうかは別にして、自分の言葉で話す事が出来ますが、お化けや妖怪の類は出来ませんでしょ。

 彼女が自分のティーラックがピーになっていつも自分の傍にいて、自分を守ってくれているってな話は、信じる事なんかはできませんが、私の場合はそんな眉唾物をどうしても信じてしまうって傾向にあります。

 馬鹿ですよね。

 心身ともにタイ人になってきたのかもしれませんから、移住に際しては大きな力になるのは必定ですから、非常に喜ばしいモノですね。

 彼女となくなりました彼とは、我々と同じ様な出会いをして、互いが信じあいながら、そして互いを徹底して愛するって所まで行きまして、彼は日本でもすべてを整理をして、タイランドに移住をしに来る事になっていました。

 そして、その準備の為に日本で数か月間の予定で帰国をしていました。

 面白いモノで彼の日本での家族は、彼に三下り半を突き付けて別居状態ですから、正式に離婚をして決着をつける話になりますと、面白いモノですねぇ。 離婚って話になりましたら、いきなりごね出して調停に裁判にって話になっていきます。

 問題ないと考えて、数か月で整理をしようって目論見はいきなり崩壊をしてしまいまして、そこその時間を費やさないといけない状況に陥りますが、彼は彼女にしっかりとゆっくりと話をして、理解を求めます。

 互いで困難を克服をして二人の未来を想像をしようって盛り上がります。

 愛の冷えたカップルは最終的には金銭問題に突入をして、取れるだけ取ろうか、出来るだけ出さないで話をつけようかって互いの皮算用が先行をしていきますねぇ。 私も私の周りの人もそうですからね。

 でも、真剣に将来を語り合ったカップルは非常に強いですよね。

 少々のこんな事に対してはもろともせずに、彼女はタイガールにあるまじき恋愛のネガティブさを持たないで、前向きに彼を心の援助をしながら、二人の輝ける未来を夢見て行きまます。

 折角の二人を早めに一緒にしてあげる事は出来ないんでしょうね。

 互いに頑張る二人は、意気揚々と頑張り通すのですが、やっと裁判での離婚が成立をして、そして、整理も決着もつきまして、後は仕事やその他もろもろの整理に突き出しますと、毎日の電話やメールはバラ色が付いたみたいですよね。

 この時が二人の幸せに絶頂って所だったのかもしれませんね。

                  

057 今日はそろそろ時間がやってきました。

 明日に話を続けさせて頂きますが、連日の二日間では申し訳ありませんよね。

 でも、二日間の話は当分なしにしますので、明日も是非お付き合いを宜しくお願いしますね。

                 

|

« 馬鹿な男と言われたいのは、私 ② | トップページ | 私のティーラックはピーになった ② »

タイガールとの暮らしと生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私のティーラックは、ピーになった ①:

« 馬鹿な男と言われたいのは、私 ② | トップページ | 私のティーラックはピーになった ② »