« 私のティーラックはピーになった ② | トップページ | スキモノの男と、スキモノの女 »

2013年4月15日 (月曜日)

私のティーラックはピーになった ③

061 申し訳ありません・・・・・1週間の最終が3日に渡るって事はよくありませんねぇ。

 今日には必ず完結をさせて頂きますから、ここまで来ましたから出来ましたら最後までお付き合いを宜しくお願いします。

 では、完結編を!

                 

062 どうしてなんでしょうか? どうして、彼に電話もメールも届く事はないんでしょうか?

 長い春になったのでしょうか? 彼女は何も理解は出来ません、一日に何度も何度も電話をしますし、何度も何度もメールをしますが、返信も出る事もありません。

 「AKIさん、○○○さんに連絡が一切取れなくなったんですが、どうしてでしょうか? 出来たら、AKIさんが調べるって事は出来ますでしょうか?」

 私も忙しいにかま掛けましてお互いが行方不明って事になってしまいましたが、心配いっぱいですね。 日本で彼に連絡を取りますが、取れません。 私も彼の母親は知っていましたが、お亡くなりになりましたから、連絡の取り様がありません。

 ・・・・・どうしたんだろうか? 若しかしたら、色々と考えた末に彼女との人生を放棄・・・・・若しかしたら、新しい彼女が出来たのか・・・・・若しかしたら、若しかしたら・・・・・何があったのでしょうか?

 色々と伝手を使って調べてみましたら、びっくり仰天です。

 事故を起こして入院中みたいです。 私もお見舞いにその病院に行きましたら、ICUに入っていて、面会謝絶って感じですが、天涯孤独の彼の親族の様な関係だって事でICU病室に入りました。

 彼女には説明が出来ません。

 毎日、毎日、ICU病室に行きますが、意識不明のままの状況で、意識が戻るって事もありません。 そろそろひと月が経過しようって時期になりましたら、病院から連絡がありました。

 「申し訳ありませんが、病院にお越し頂けませんか。 ご臨終が近づいています・・・・・」

 喜んでいた彼が、ゼブラゾーンを渡っていた小さな女の子を気づかずに突っ込んできた車から助けようとして、飛び込んで抱きしめて、女の子を助けたそうです。 子供の様なタイガールの彼女の影がちらついたのでしょうか?

 意識が戻らぬまま、天国へ旅たとうとしています。

 私は、 「そのまま天国に行っても良いのか? お前はそれで何も問題はないのか? 心残りも、この世に残した感情もないのか?」 って、所を考えずに大きな涙声で訴え続けていました。

 ・・・・・・

 どうした事でしょうか?

 「うん、AKI・・・・・申し訳ないなぁ・・・・・○○○(彼女の名前)を幸せにする事が出来なかったなぁ・・・・・」

 「あほかぁ・・・・・お前はそれでも俺の友達で兄弟で、男なのか? それで、何もかも無くして天国に行っても良いのか?」

 「・・・・・(涙、涙、涙・・・・・) 俺は、俺は、天国には行きたくない・・・・・どうしても○○○と人生を送りたい・・・・・・AKI・・・・・助けてくれ! 俺を、彼女の元に戻してくれ・・・・・」

 これが彼の最後の言葉でした。 若しかしたら、奇跡が起こるのではないかと思いましたが、これが現実なんでしょうね。 でも、私は彼の最後を不謹慎にもビデオを撮っていました。 良いか悪いかは解りませんが、話をしてその彼女に出来れば見せようって思いました。

 心残りの意識は残ってしまったんでしょうか?

 体は死んでしまいましたが、彼お心だけは現生に残ってしまったのでしょうか?

 それとも彼女の愛情と彼の心残りがリンクをしてしまったのでしょうか?

 「AKIさん、私のテーラックはピーになって、いつも私の傍にいるんですよ。 ねっ、本当に素晴らしいでしょ。」

 本当に彼が彼女に横に寄り添っている姿が見えてくるんですね。 ぞぉ~っとしますが、笑顔で幸せそうな彼女の顔とそれを守ろうとしている彼に姿が見えてくるのですが、私は虚構だって決めつけてしまっていますが見えるのはどうしてでしょうか?

 「AKIさん、彼が迎えに来ていますし、私は一時でも離れているのは嫌ですから、彼の元に行こうと思います。 AKIさん、色々とお世話になりましたが、二人の事は忘れないで下さいね。 本当に有難うございました。」

 この言葉をもらった翌日には、彼女の姿は見る事が出来なくなりました。

 でも、何度も何度も何度も、私は二人が幸せそうにして、寄り添っていて、そうして私に二人で感謝の念を送っている処を夢見ます。 そうして、離れれない二人が笑顔で、私に話しかけている夢も見ます。

 そうして、こんなにも幸せそうな笑顔を私は初めて見ましたし、今でも、時々素晴らしい笑顔を見ています。

                  

063今回の教訓です。

 今は二人はいなくなりましたが、私の夢の中で生き続けています。 そして、今でも私に二人で話しかけています。

 内の田舎にはこの二人写真を安置して、二人がタイランドで作り上げようとした家庭を私の田舎の家で実現をしてもらう事にしています。

 そして彼の少しだけ残した財産を利用をして、二人の家を内の土地の中に立てる準備をしています。

 悲しい話でしょうが、若しかして二人にとっては最高の幸せに人生を謳歌しているのかもしれません。 幸せに人生を送っているって事を私の夢の中で表現をしていますからねぇ。

 素晴らしいのか、悲しいのか解りませんが、二人の素晴らしい恋の物語です。

 これで完結をさせて頂きますが、皆さんは色々とご自分でお考えいただいて、二人の冥福を祈って頂いて、そして、羨ましい人生を祝福をして頂きたいと思います。

 有難うございました。

 「AKI、今は最高に幸せになったで。 今は二人で、最高に生活を送っているから、今は会う事が出来なけど、安心をして下さいね。 では、又会う機会があると思いますが、それまでお互いに健やかに過ごして、その後は一緒においしい酒を飲もうな!」

 昨日の夜もこんな声が聞こえてきました。

                  

|

« 私のティーラックはピーになった ② | トップページ | スキモノの男と、スキモノの女 »

タイガールとの暮らしと生活」カテゴリの記事

コメント

Taka 様。
 有難うございます。

 この世で一緒になれると良かったのでしょうが、でも、二人は仲睦まじく暮らしている様子ですから、取り敢えずは良かったのかもしれませんね。

 ピーマークプラカノーン
 相当に人気のある映画みたいですね。 内の愛妻も見たいって言ってましたが、時間がなくていけませんでしたから、今度帰った時には見てみようと思います。

 この手のストーリーの映画やドラマはタイ人には相当に人気がありますし、大好きみたいですよね。 

 ひと月半ほどしましたら、又帰りますから、その時にはまた時間を作って頂いて、一緒に酒でも飲みましょうね。

投稿: AKIさん | 2013年4月22日 (月曜日) 午後 10時17分

AKIさん

こんにちは。

今回の話は涙無しには読めませんね(TдT)

ただ、お二人にとってはAKIさんという友人のお陰で、現世で誤解別れすることもなく、来世で仲睦まじく暮らせていることかと思います。

さて、先日、嫁とピーマークプラカノーンという映画を見て来ました。

タイのホラーコメディーで、旦那が戦争に行っている間に奥さんが亡くなってしまうのですが、旦那が帰ってきたらピーとなって一緒に生活するという映画です。
http://asianwiki.com/Pee_Mak_Phra_Khanong

内容自体はタイのB級コメディー的で、日本人受けは余りしない感じもするのですが、これを見るとタイガールに対して男はどうあるべきか?というのが大変勉強になりました。

機会がありましたら、奥さんと一緒に見てみてください^^

ちなみに、この映画はタイ人の間で大人気となって興行収入もすごい事になっているようです。
確かに、回転の早いタイの映画館で、長い事上映されています。

では、またこちらでお会いできることを楽しみにしています^^

投稿: Taka | 2013年4月22日 (月曜日) 午後 01時23分

Rachada 様。
 有難うございます。

 本当に悲しい話は苦しいですね。出来るだけ楽しい話をしていきますね。

 GWですか、もうすぐじゃないですか。 今の内から、子供の時の遠足の前の日の状況なんでしょうね。
 お二人の関係がづっとつづいて行くことを願っております。

投稿: AKIさん | 2013年4月17日 (水曜日) 午後 01時46分

Aki様
いつも拝見しています。ekamai様のメッセージが、このstoryを見た側の気持ちを簡潔に伝えているので、続くメッセージがなかったのではと?思います。私も涙です。Golden Weekにとお付き合いが1年となるTGと会いに行きます。

投稿: Rachada | 2013年4月17日 (水曜日) 午前 11時30分

ekamai 様。
 有難うございます。

 ・・・本当に、私も思い出して涙を流している所です・・・いけませんね、こんな話をしては。

 今後は出来るだけ楽しい話をする様にさせて頂きますね。

投稿: AKIさん | 2013年4月16日 (火曜日) 午後 07時26分

Aki様

歳のせいか涙もろくなってますから、こんな話はいけません。
涙が止まりません

合掌

投稿: ekamai | 2013年4月16日 (火曜日) 午前 09時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私のティーラックはピーになった ③:

« 私のティーラックはピーになった ② | トップページ | スキモノの男と、スキモノの女 »