« プクピー・プクピー・プクピー | トップページ | とってもとっても、幸せいっぱい »

2013年6月12日 (水曜日)

一途な家族愛を経験しましょうね

037 「家族愛」

 皆さんは充分にお感じでしょうか?

 若しかしたら、経済の発展と同時に忘れ去ってしまった様な事はないでしょうか?

 日本では、余り家族愛って言葉は聞かなくなってきましたし、若しかしたら死語になってしまったのかもしれませんよね。 少し、さみしい気がするのは、家族愛の中にどっぷりと使っているAKIさんだけの感覚なのでしょうか?

                 

038 少し前の日本では、家族愛って言葉はそこいら中に転がっていましたし、殆どの日本人が家族愛ってモノを感じていたような感じがしますが、違ったのでしょうか? 

 最近では死語になってしまった感がありますね。

 でも、タイランドはセコムのCMでもそうですが、家族の絆や繋がりや家族愛が未だに十分に残っています。

 (その所為で、間違った家族愛の為に問題を起こしている場合もありますが、それはそれでお愛嬌で)

 内でも愛妻が私に対する愛もそうですし、娘が私に対する愛もそうですし、田舎の家族や親せきなどが私に対する愛情なんかってモノは不思議ですが、目に見えているんやないかと思うほどの家族愛です。

 そこまでしないでも良いんじゃないかって思えるほどです。

 昔、ばあちゃんがまだ生きている頃には、田舎に帰ると本当に見える様な愛がそこには存在をしましたが、ばあちゃんが鬼籍に入ってしまってからは見える愛は一緒に無くなってしまった様に感じます。

 愛は普通になってしまいました。

 長年忘れていましたが、年に数回はタイランドの田舎に帰りますが、そこには目に見える家族愛がそこいら中に転がっていますし、私をその愛で包み込んでくれる様な環境があります。

 久しぶりに、不思議な環境の中にいますからね。

 又、私がいない時でも常日頃からばあちゃんを中心にして、私の話題がいっぱいで、離れていても家族愛は常になくなる事はありません。

 日本は、経済の発展と共に感情と家族愛は犠牲にしてしまったのかもしれませんよね。 でも、未だに、タイランドの田舎には家族愛はいっぱいですし、目で見る事が出来るんですから、非常に貴重です。

 是非、皆さんもそんな家族愛を見るためにタイガールと一緒になって頂いて、田舎の生活を体験してみて下さいね。 温かいを通り越して、情熱の中にいる様に錯覚をしますからね。

 タイランドはまだまだ家族愛が見えるんですから、不思議ですね。

                

039今回の教訓です。

 そんな馬鹿なって感じられると思いますが、実際にそうなんですよ。

 祖父母は生きている時には皆さんもこんな感覚は感じていたでしょうし、目に見えていたのは間違いはないと思いますが、いつのころからは無くなってしまいましたね。

 タイランドにはまだまだありますよ。

 私は第2の人生をタイランドでって考えている一番の理由は、家族愛が見えるからなんですね。

 皆さんも騙されたと思って、彼女や伴侶の田舎に行ってみて下さいね、一度や二度では感じる事は出来ませんが、彼らのコミュニティーに溶け込む事が出来ましたら、必ずや見える事が出来ます。

 バロメーターになりますね。

                

|

« プクピー・プクピー・プクピー | トップページ | とってもとっても、幸せいっぱい »

タイガールとの暮らしと生活」カテゴリの記事

コメント

ekamai 様。
 有難うございます。

 おっしゃる通りで、高度経済成長期と団塊の世代のお土産でしょうね。
 少し前には私もこんな感じでしたが、朝食だけはどんな事があっても一緒にとる様にしていました。

 今の方が可哀想な気がします。

 でも、娘の為にはアイランドで教育を受ける事の方が将来の為になると考えて・・・言い訳間もしれませんね。

投稿: AKIさん | 2013年6月13日 (木曜日) 午後 10時53分

Aki様

私は核家族化と残業が家族愛を消滅させたと思ってます

核家族なのに、父親は毎日残業で帰宅は9時10時。
もちろん子供は寝てる

子供が起きる前に出勤

これでは父親の威厳をいつ示せばいいんでしょうか?

それに輪をかけて、奥様が父親の悪口を子供に言ってるんじゃ、どうしようもありません
(もちろん、そうじゃないご家庭も多いでしょうが)

いわゆる団塊の世代が仕事第一でやってきた弊害じゃないかと思ってます

タイにいると余計にそう感じます

投稿: ekamai | 2013年6月13日 (木曜日) 午後 09時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一途な家族愛を経験しましょうね:

« プクピー・プクピー・プクピー | トップページ | とってもとっても、幸せいっぱい »