« 許せる筈はないじゃないの、そうでしょ! | トップページ | 娘・嫁・姑・私は誰のモノ? »

2013年6月 3日 (月曜日)

帰れ! 帰れ! もう、帰れ!

010  「帰れ、帰れ、自分勝手な考え方しか出来ないなら、帰ってしまって二度とタイランドに来るな!」 

 厳しい言葉ですよね。

 私ならこんな事を言われしまったら、立ち直る事は出来ないんじゃないかと思います。

 タイガールとの恋愛をしていた男性が、恋人のタイガールに言われしまった事ですが、どういった事なんでしょうか?

                 

  • 011 タイガールとの関係においては、男は彼女のタイガールを中心に物事が回らせないといけませんし、女のタイガールは愛する男が唯一で愛する人を中心に回すって事が当たり前の事だってご理解はしていますね。

 仕事であっても、友人の事であっても、他の家族の事であっても自分達のみが中心になっていないといけません。

 まぁ、当たり前っちゃ当たり前の事ですが、これが日本人の男性には難しい事みたいですね。 偉そうに言っている私も、すべての中心が愛妻だって事では現実は回っていく事はできませんね。

 ですから、一緒にいる時には常に

 「君が中心で、君が全てで、それ以外は何もないんだよ!」

 こう言い続けていないといけないんですよね。 これを言わないで、彼女を中心から外してしまいましたら、不安感がどんどんと募って来まして、そして不安感から疎外感が芽生えてきて、そうして、疎外感から愛情が覚めてきて、生憎感情が芽生えてくるみたいなんですね。

 そして、我慢をする事が出来なくなってしまって、

 「帰れ、帰れ、自分勝手な考え方しか出来ないなら、帰ってしまって二度とタイランドに来るな!」 って事になってしまうんですね。 

 何度か言っている事ですし、昨日の事も同じ様な感じですが、一緒の時には彼女が中心なんだって事を言い続けて、そういう風にしてあげないといけません。 そして、現実問題では、彼女以外のモノを中心にいないといけない事があったら、ちゃんと説明押してあげるって事をしますと、彼女達は今回だけは例外なんだって考えてくれるんです。

 この感覚は忘れてはいけませんね。

 タイガールは単純なんだって言っては身も蓋もありませんが、愛する人から自分だけが特別なんだって思われていたいって言うのは女性の普通の感情ですし、タイガールはその感情が普通の女性よりも強いんだって事なんです。

 これがホスピタリティーが高くて、我々が魅かれる要素の中心的なモノですからね。

 そりゃ自分が一番愛されているって思っている女性は全ては自分が中心になっていないといけないって思うのは当たり前の事なんでしょうね。 これはタイガールだけの感覚ではないんでしょうね。

 どうしても日本の場合は、昔の時代劇の影響なのか解りませんが、全ては男が好き放題なんだって感じが続いていますから、特にタイガールとの恋愛の場合は、日本の時代劇では全く成就するって事はありませんから、これだけは一切忘れてはいけませんね。

 タイガールを中心に据える事が出来ないなら、タイガールとの恋愛はすべきではないのかもしれませんね。

                

012 今回の教訓です。

 今日の感覚なんかは日本人の男だけが持っていない感覚なんだって言っても過言ではないんじゃないでしょうか。

 色々な国の人と話をしていても、普通面倒くさがっているのは日本人だけって事が結構多いですからね。

 特に、恋愛状況の中では誰が全てなのかって事が重要なファクターになるのは当たり前の事ですよね。 男性である皆さんも、彼女から自分は一番じゃないって事を言われたり、さりげなくされたりしたら嫌ですし、不信感を覚えますね。

 全く同じですね。

 でも、日本人の男性はその事は解っているのに気が付いていないって事が非常に多いですから、ツボに嵌りやすいですよね。

 こんな考え方ではグローバルな世界を生き抜く事は出来ませんから、早い目に軌道修正をしておかないといけませんね。 恋愛関係だけではなくて、仕事上でも問題が出てくるのかもしれませんね。

                 

|

« 許せる筈はないじゃないの、そうでしょ! | トップページ | 娘・嫁・姑・私は誰のモノ? »

タイガールの深層心理」カテゴリの記事

コメント

ekamai 様。
 有難うございます。

 はい、私の田舎の市場のソウセージ屋台で、ピヨタイプは結構なモンですよ。

 してくれるからって考えてはいけませんね。 こちら側がしてあげるから、その何倍も帰ってくるって事をこのブログでもいつも言っているのですが、どうしてもあぐらをかいてしまうんでしょうね。

 いけませんねぇ。

 しっかりと与えてあげる事が出来ると、夢心地になれるんですが・・・

投稿: AKIさん | 2013年6月 5日 (水曜日) 午後 02時06分

Aki様

うわぁ、めっちゃ旨そうなイサーンソーセージやないですかww

それはさておき、得てして日本男児というものは、女性から何かをしてもらうとそれが当たり前になってしまう感覚を持っていますが、TG相手にそれをしてまいけませんね

TGのホスピタリティは皆さん経験されているように素晴らしいですが、何もしないで手に入るわけじゃないですね
こちらから与えてあげることで、素晴らしい見返りがあるわけですから、忘れないようにしないといけませんね

投稿: ekamai | 2013年6月 5日 (水曜日) 午前 09時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 帰れ! 帰れ! もう、帰れ!:

« 許せる筈はないじゃないの、そうでしょ! | トップページ | 娘・嫁・姑・私は誰のモノ? »