« いつでもどこでも・・・・・離れる事は出来ません | トップページ | 時代の変化に代わる事がないTG »

2013年7月23日 (火曜日)

小姑、姑、内の嫁

061 小姑。

 姑。

 内の嫁。

 年齢別のタイガールを考えてみるのですが、年が違うだけで全く違わないって言うのは非常に興味深いですし、面白い感覚ですから楽しいです。

 皆さんはこんな感覚は理解できていますか? 今の内に勉強をしておいた方が良いかもしれませんね。

                 

062 内には当たり前の事ですが、嫁の伴侶はいますし、娘はいますから小姑ですね、そうして愛妻の母親がいますから、姑もいますから、フルラインナップですね。

 これがタイランドに田舎などに帰りましたら、色々なパターンで対応を変えないといけないかと言いましたら、これが年齢が同じだけで全く同じです。

 普通のタイガール達なんです。

 気も使いませんし、普通に自分の家で寛いでいるって感覚ですし、若しかしたら自分の本物の両親と一緒にいるよりも楽な感じなんですね。

 これって結構不思議な感じですよ。

 たまに友人達が内の田舎に来まして、同じ家に泊まって同じ様に暮らすんですが、誰が来ても気を使わないし、自分の家にいる様な感じだって言いますから、日本人的な気の使い方は必要はありませんね。

 起きるのも、寝るのも、飲むのも、食べるのも自分のペースで問題はありませんし、家族だけではなくて、小さなコミュニティーの人達が来ますが、これも全く問題がない状況ですから、気分的に楽です。

 完全に昔からの家族ですからね。

 タイガールと一緒になりましたら、当然ですが日本に住みます(?)が、彼女達は臨機応変に直ぐにそこのコミュニティーに慣れ親しんで、溶け込むのが普通ですし、日本人とも普通に付き合う事が出来ます。

 内の両親なんかは、私がいるより愛妻と一緒に方が気も使わないし、楽しいし、とっても気分が良いって言っていますからね。

 この感覚がタイ人の感覚なんでしょうね。

 直ぐに友達になる事も出来ますし、直ぐに家族になる事も出来ますからね。 家族だけでなくコミュニティーの人々は、私が帰って来ましたら、一緒に食べて飲んでそうして楽しむんだって事で、本当に内の家に集合をして来ます。

 どう考えても、何十年来の仲間内って感じですから不思議でしょうがありませんね。

 嫁も小姑も姑も同じ様な感じですが、一番似ているのは、自慢の仕合が凄いって事です。 最近は愛妻は日本に暮らしていますから、田舎ではあまり自慢話はしませんが、母親と娘はそれはそれは凄いですからね。

 娘はほんとの事を、母親は少しだけ誇張をしながら自慢をするって感じですね。

 まぁ、我々が移住をしても何の心配もないって言うのが本当の所ですから、もしも皆さんでご心配をされているんでしたら、全く心配は必要なんだって考えて間違いはないと思いますよ。

                 

063今回の教訓です。

 話がいつもの様に色々な所に飛んで行っていますが、タイガールを日本に連れてきても何の問題も起こりませんし、我々が移住をしてタイ人達の中で暮らしても、何の問題もないって事です。

 逆に日本と違って気を使わない分だけ楽で、楽しい生活が出来るんじゃないかと思います。

 不思議な民族で、不思議な国ですね。

 確かに華僑の人は名前はチェンジしないって事が普通ですが、タイランドにいる華僑は名前はタイ風に変えているって事が普通ですが、それも解る様な気がしますよね。

 完全に自分の国と同じ様な感じですからね。

 結論ですが、

 タイランドは名実共に第二の故郷なんだって事ですし、我々が移住をする上においては、人間関係等では何の問題もありませんし、本当に心配も一切ないって事なんじゃないでしょうか。

                  

|

« いつでもどこでも・・・・・離れる事は出来ません | トップページ | 時代の変化に代わる事がないTG »

タイガールの裏話」カテゴリの記事

コメント

ekamai 様。
 有難うございます。

 本当にタイランドの家庭は、招かれるって事は家族同然だって事なんでしょうね。 日本では遠慮ってモノをしますが、タイランドでは遠慮は逆に不作法って事になる場合がありますから、注意が必要ですよね。

 でも、これは何度も何度も経験をして行かないとしょうがありませんよね。
 皆さんもドンドンと経験をする様に頑張って下さいね。

投稿: AKIさん | 2013年7月24日 (水曜日) 午後 09時44分

Aki様

前に娘の彼氏の実家にお邪魔したときが全くそのままでしたね

勝手が判らないので、うちのに「○○欲しい」とか言ってたら、お父さんが「気にするな。自分と思って好きにしたらええ。何でも食べて飲んで、したらええ」と言ってくれて驚きました

うちのに聞いたら、ごく普通のことで、だから私がいちいち嫁に頼むのが意味がわからなかったそうです

とはいっても日本人ですから、余計気を使いましたけどねww

投稿: ekamai | 2013年7月24日 (水曜日) 午後 09時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小姑、姑、内の嫁:

« いつでもどこでも・・・・・離れる事は出来ません | トップページ | 時代の変化に代わる事がないTG »