« 真摯な男と紳士な男 | トップページ | 女性が少ない国の人口構成 »

2013年8月21日 (水曜日)

求めるモノを間違えてはいけません

149 皆さんはタイガールの何を求めていらっしゃいますか?

 若しかしたら、出来ない事を求めているって事はないでしょうか?

 当たり前の事ですが、我々は日本人で島国根性が染みついていますね。 そしてタイガールは大陸で行き来が勝手に出来て、そうして暖かい国で天真爛漫に暮らしています。

 生まれ育った環境も、考え方も、そしてDNAも全く違った人間ですから、日本の常識はタイガールにとっては非常識とは言いませんが、当然理解が出来ない事は理解はされていますよね。

                

150 色々な相談事を受けたり、有事人・知人の話を聞きましたら、タイガールに求めている事が相手には解らない事が多いって感じるのは私だけでしょうか?

 何もかもが違っている民族ですし、男女も違っているますしね。 あっているのはお互いに人間だって事だけですから、我々の感覚も通じないのは当然ですね。

 その違っている所が我々が魅かれる所なんですから、常に違いを理解をしておかないといけませんが、タイガールに接しましたら、相手はなんでも理解をしているって考えてしまうのは不思議ですね。

 普通はあまり面識がなくて、初対面い近い他国の女性と接する場合は、通じる事は余りないんだって事を考えて、少しは控えめにするのが日本人的にな感覚なんですが、どうしてもタイガールが相手ですと、自分達と同じ感覚だって思ってしまいますね。

 そして少し付き合って行きましたら、求めるモノが相手が理解できないモノを求めてしまうって傾向がありますが、タイガールも不思議な生き物ですが、日本人の男も不思議な生き物です。

 私は友人・知人にタイガールと付き合う時には、自分がこうしようって思わない事をする方が正解の場合が多いって言っています。普通に思っている事の逆をする方が相手には理解が出来易いみたいです。

 すべてが全てって事はありませんが、小さなコツもみたいな感じですね。

 そして、常に相手の彼女は理解はしていないって事を考え続けて、忘れてはいけないって教えています。 今、ご結婚をされている方やそろそろゴールって方もご理解をされていると思いますが、未だの理解をしていないんだろうって事が多いでしょ。

 内でも10年以上の付き合いになりますし、結婚をして日本に暮らして5年が経ちますが、未だに、 ”???”って事が沢山ありますし、違った思い込みをしている場合が多々あります。

 そんな時には、ゆっくりと話をしてあげて、簡単な例を引用をして、そして私と同じ理解をするまで、ゆっくりと話をする様にしています。

 「旦那さん、そんなに子供に言う様に丁寧に説明をしないでも、私は日本生活も長いし、何んでも理解はしているわよ。 ○○(娘の名前)に言う様にしないでも全然問題は無いからね。」

 こう言いますが、実は違っているって事が非常に多いですからね。 雀百まで踊り忘れず何でしょうね。

 特に何かを求めている場合は、もっと優しく解り易く、何度も何度も例を引用をしながら、説明をするって事を心がけています。 それでも・・・・・って事は日常茶飯事にありますからね。

 何度も言っている様に、心の理解などはないんだって考えて間違いはないと思います。 但し、愛する事と愛する人を考える事と、愛する人の為にって事だけは我々の感覚以上のモノをくれますから、少しの苦労で何倍もの幸せを持ってきてくれますから、差し引きは我々男の方が断然得なのは間違いはありませんよ。

                 

151今回の教訓です。

 「・・・・・? 旦那さんはこういう事を言っているの? そうかぁ、そうして欲しいんだね!」

 ちゃんと説明をしましたら、こんな言葉が返ってきます。 そうして、時間によって、我々が求めるモノはどんどんと理解を深めていきますから、楽しいですよ。

 でも、私で10年でまだまだですから、一説では銀婚式を超える様にならないと感覚は同一にはならないって言っている方がいらっしゃいますから、長い目で楽しくお付き合いをして行かないといけませんね。

 でも、ここでも注意点がありますが、くどくどと説明をするって事はいけませんよ。 逆に、嫌になってしまうって事がありますからね。

 こちらが頑張っていきましたら、十二分に帰ってきますから、気長に行きましょう。 

                 

|

« 真摯な男と紳士な男 | トップページ | 女性が少ない国の人口構成 »

私感と偏見を」カテゴリの記事

コメント

Aki様

わかってるつもり、でも実は違ってるってことはよくありますし、軌道修正しやすいんですが、一番困るのが、方向は概ね合ってるのに、ちょっとだけずれてる、とか、ゴールは同じなのにやり方がちょっと違う、と言うときですね

「ちょとだけ」違うのはTGには「同じ」と感じるようで、それでも軌道修正できてれば良いんですが、往々にしてずれたままあらぬ方向へ行ってしまうこと

TGの行動からは片時も目が離せず大変ですww

投稿: ekamai | 2013年8月23日 (金曜日) 午前 01時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 求めるモノを間違えてはいけません:

« 真摯な男と紳士な男 | トップページ | 女性が少ない国の人口構成 »