« 大成功をした友人達 (農業編) | トップページ | 大成功をした友人達 (実業家編) »

2013年8月 6日 (火曜日)

大成功をした友人達 (商業編)

104 本日は私の友人で成功を収めた人の紹介の第2弾で、今回は商業編です。

 タイランドの場合は一番多いのは飲食関係や食料関係でのタイランドドリームが 一番多いですから、商業関係での成功者はどんな話をしてくれるんでしょうか?

 今回も酒の席での話ですが、そこそこは為になる話も聞けると思いますので、少しだけ期待をして下さいね。

 (いつも登場をしてくれている大先輩の話ですよ)

                 

105 タイランドにやってきて若い訳じゃないから絶対に失敗をする事は出来ないって事で、最初から意気込みだけではなくて、相当に計画もされていたみたいです。

 この方も、人様と違った感覚を出して、そこら辺にはないモノをしないと成功も定着もする事が出来ないってお考えですから、その場にはないモノをお考えになりました。

 タイランドにはあまり座る処がありませんね。 レストランなどはありますが、疲れのは間違いはありませんから、酒や食べ物を売るのではなくて、席と安らぎと憩いを提供をする場所を売る店を作ろうって発想です。

 我々とは全く違った発想ですね。

 普通は、○○を売ろうとか、あまり売っていないから○○を・・・・・ほとんどの場合は、モノを売るって発想しか出来ませんが、この方は全く違った発想をして、場所や空間やそして夢を売ろうって事にお決めになったみたいです。

 他にない事はそこに来られる方の気を引きますよね。

 それから、ほかの店と大きな違いは何だと思いますか? 他に店になくて、この店に存在をするのは、従業員が一生懸命でそうして、皆が楽しそうに、そうしてフレンドリーに仕事をしているって事です。

 不思議でしょ。

 どんな店に行っても、殆どは私語をしたり、知らん顔をしたり、ぶすっとしたりって・・・・・あまり楽しそうな事はありませんし、笑顔なんかは殆どありませんし、一生懸命に仕事をしているって事は見た事はありませんよね。

 でも、ここには楽しそうに、フレンドリーに、タイ人に珍しく自らが動きながら嬉々として仕事をしている姿が見えます。 本当に不思議でしょうがありませんが、この方のマジックですね。

 タイランドでは、どれだけうまくタイ人を使う事が出来るのかって事は本当に重要なファクターですね。 それを完全に体現をしているのがこの方の店で、日本でもこれほど楽しそうにしている店はありませんからね。

 「仕事って思わせるから嫌そうな顔をして働くねんなぁ。 それを自分も遊んでいる様にして、そうして来た人を遊ばせるしたらええねんって言うと、結構楽しんで仕事をする事をするなぁ。 そして、普通の仕事よりも沢山給料は支払ってやると、タイ人でも一生懸命に働くんやね。 安い給料で苦しい、忙しい、大変って事は出来へんわなぁ。」

 だそうです。 

 これは私も移住をした時には、十分に参考にして・・・・・うん、成功するって感覚が湧いてきたで~・・・・・

                 

106今回の教訓です。

 やっぱり人と違っている事をしていますよね。

 この方の場合は、人と違う事は2点ですね。 タイ人の働かせ方と、お客様に提供をするモノを、お客様が望んでいるモノを表現をするって事です。

 普通の場合は、自分の都合でお客様にあわさせるって所がありますが、顧客が望んでいるモノを提供をする事が出来ると違ってきますね。 又、モノではないモノを提供が出来るって事は素晴らしいですね。

 「お客も自分では解らん、欲しいモノを提供をすると答えが返ってくるわな。 それに、モノを売っていても、帰ってくるのはあまり大した事はないしなぁ。 うん?従業員ですか・・・・・そら、楽しそうに遊ばすのが一番です。 だって顧客はその方が喜んでいるし、楽しい気分になりますやろ。」

 真似をさせて頂ける所は山の様にありますね。

 移住後には相当に参考にさせて頂ける所がありますね・・・・・それよりも今の日本での仕事で生かさないといけませんね。

                  

|

« 大成功をした友人達 (農業編) | トップページ | 大成功をした友人達 (実業家編) »

変わった友人・知人関係」カテゴリの記事

コメント

ekamai 様。
 有難うございます。

 タイランドの場合は、食べ物商売って言うのは当たりが多いのは間違いはありませんが、仰る様にはずれも多いですよね。
 ほんの少しだけ他と違ったモノが出来ましたら、そうして違ったモノを変化し続ける事が出来ましたら、結構うまく行くんですが、努力は怠ってはいけませんよね。

 私も移住の時には食べ物屋を考えていますが・・・果たしてどうなるでしょうか?

投稿: AKIさん | 2013年8月 9日 (金曜日) 午後 05時35分

Aki様

食べることは生きるうえで絶対欠かせないことですから、選択肢の1番に来るでしょうね

しかし、手軽ゆえに淘汰も激しい訳で、美味しいだけではなかなか厳しいですね。
バンコクの日本食屋も過当競争ですから、何か特色が無いといけませんね

この大先輩のお店はホントに素晴らしいと思います
いいお手本ですね

投稿: ekamai | 2013年8月 7日 (水曜日) 午後 08時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大成功をした友人達 (商業編):

« 大成功をした友人達 (農業編) | トップページ | 大成功をした友人達 (実業家編) »