« 大成功をした友人達 (実業家編) | トップページ | 孤児院への慰問 ② »

2013年8月 8日 (木曜日)

孤児院への慰問 ①

110 三月度に友人を誘って行こうと思っていて、色々と調べてもらったのですが、土日にはBKKの近くには行く事が出来ませんでした。

 ですから、しょうがありませんから、私と愛妻の田舎の孤児院に慰問に行く事にしました。 

 いつもと同じように愛妻と娘と田舎の子供達を連れ持って、一緒に遊んで食事を作って、そして、楽しい時間を過ごす為に、知っている孤児院へと・・・・・向かいます。

                 typhoontyphoontyphoon

111 正式な孤児院ではありませんが、タイランドには結構沢山の孤児院が存在しますし、親がいない子供達はこんなに沢山いるのかって改めてビックリをしました。

 しかし、親がいない子供達は元気で、すくすくと育っているなぁって実感をしますが、どこの国でもそうなんでしょうが、何かの時にはとっても悲しそうな目をします。

 でも、我々が慰問ってほどではありませんが、行く事で、一緒に遊んであげる事で、一時ですが他の良い時間を過ごさせてあげる事が出来ますし、逆に我々が素晴らしい心をもらう事が出来ます。

 私が行ったところもお寺です。

 タイランドでは、このお寺が相当に重要な位置を占めていますし、社会が回って行っているのもこのお寺の制度があるからなんだろうなぁって、改めて感ずる所がありますよね。

 「タンブンも大切だけれども、タムターンってモノも非常に重要な事なんですよ。 少しでお余裕があったら、不幸な人に対してほんの少しでも施しをするって気持ちが重要ですし、一緒に過ごしてあげるって事も重要ですね。」

 この施設のトップの方が言われていましたが、真摯な気持ちにさせられます。

 タイランドの中には、親がいない子供も沢山いますし、片親の子どお立ちも相当に沢山いる様子です。 この方に言わせましたら、この方親の子供の方が社会問題にしないといけないって仰っていました。

 だって片親の場合は、ほっておかれるか、片親が仕事が出来ないって事で乞食(?)などに身をやつしてしまっている場合が多くて、十分な食事をする事も出来ませんし、ましてや勉強もする事は敵いません。

 日本と違ってタイ人達の子供は勉学には飢えているって事が多いみたいですし、学歴が一生を左右するって言っても過言ではありませんから、どうしても先の希望も持つ事が出来ないそうです。

 悲しいですよね。

 まだ、田舎で小さなコミュニティーの中で生活をしている、片親の子供達はまだましです。 周りの人達が見てくれるって事もありますし、住まわせてもらえるところも提供をしてくれますからね。

 内の田舎にも、片親の子供達が結構沢山います。 

 最近では、いつの田舎は片親の子供達が集まってきて、一緒に勉強をしたり、ご飯を食べたり、お菓子を食べたりって事をしてもらう様になってきましたので、私の子供達が結構増えてきました。

 ・・・・・

 前置きが長くなってしまって孤児院についての話が疎かになってしまいました。 申し訳ありません。

                 typhoontyphoontyphoon

112 そして、今日の時間が終わろうとしています。

 またまた、数日間い渡っての話になりますが、明日には完結をしますので宜しくお願いします。

 我々はどうしてもBKKの経済発展をしたところを中心に見ていますから、見えてこな部分が多いですが、タイランドはまだまだ発展途上のままなんだって改めて感じます。

                 typhoontyphoontyphoon

|

« 大成功をした友人達 (実業家編) | トップページ | 孤児院への慰問 ② »

訪泰の私的情報」カテゴリの記事

コメント

ekamai 様。
 有難うございます。

 本当に男と政府はしっかりしないといけないって感じますが、でも、タイランドの場合は、周りが子供を見てくれたり、手助けをしてくれたりってホントの宝物の様に接してくれますから、何とかなっているのでしょうね。

 でも、我々も男ですから・・・男の責任が一番大きい様に感じますね。

 少しでも貢献出来ますように私もしっかりしないといけません。

投稿: AKIさん | 2013年8月10日 (土曜日) 午後 09時32分

Aki様

ホントに片親の子は多いですね
しかもほとんどは離婚が原因ww
離婚の原因も多くは旦那の浮気か放蕩ww

それでも田舎にじじばばが居れば良いんですが、そうじゃないと大変ですね

ただ少し救われるのは、職場に子連れで行けること
日系企業では無理かもしれませんが、ローカルではよく目にします

バスの運転手、食堂の店員、警備員など子連れで仕事しているのをしばしば目にします

タイ人も「子は宝」とよく言います
バスなんかで子供に席を譲るのもそのせいですね

であれば、政府がもっと片親対策をしなきゃいけないと思うんですがね

投稿: ekamai | 2013年8月10日 (土曜日) 午前 08時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174013/46788904

この記事へのトラックバック一覧です: 孤児院への慰問 ①:

« 大成功をした友人達 (実業家編) | トップページ | 孤児院への慰問 ② »