« おじさん達の恥ずかしい光景 | トップページ | 私の事を常に考えてくれないと »

2013年10月12日 (土曜日)

2号さんはタイランドに

007  前にも話をしたことがあると思いますが、タイガールとの遠距離愛人契約って言うものは成立は一切しないって事を行ったことがあると思います。

 実は先日もこの手の相談ごとがありました。

 愛人契約をしているんだけれども、あまり上手くいっていない様に感じるし、俺だけって思っていない様に思うんだけれども、どうして調べたら良い?

 調べる以前の問題ですね。だって何度も言う様に成立はしないんですからね。

                

008  タイガールとの遠距離愛人関係の契約は一切成立はしませんし、自分だけのものになるって感覚は一切ないって言っても過言ではないと思います。

 調べても自分の気に入らない事が出るのは間違いはありません。

 遠距離愛人関係は、普通の一元さんよりも、常連さんであって普通よりもサービスが少しだけ良くなるって考える方が一番正解だと思われます。

 サービスが良くなるって事ですから、それはそれで素晴らしい事なんじゃないかと思いますが、どうしても男の場合は独占をするって事を考えてしまいますから、悩んでしまうんですね。

 独占をした場合は、自分の人生を賭けて、心での繋がりを持たないと難しいんだって考えられると良いと思います。

 この関係はありえないんですからね。

 色々な方と話をしますと、間違いなく問題なく自分が独占をする事は出来るんだって考えている節が見えますが、そう思っているのは本人さんだけであって、周りも本人の女性もそうは考えていませんからね。

 自分の人生を賭ける以外はタイガールを独占するって事は不可能です。

 私が知らないだけだって声も聞こえてくるかもしれませんが、私が知る限りにおいては、そのその成立は見た事も聞いた事もないのは事実ですね。

 確かに世の中にはすべての事に例外ってモノが存在をするとは思いますが、こればっかりはない様に感じますが、皆さんは如何でしょうか?

 ある友人が言ってましたが、

 「愛人関係? うん、それはね、普通の人よりももっとサービスが良くて、そして、一緒にいる間だけが、素晴らしく最高の女性を演じてくれる舞台を見させてもらっているみたいなもんやから、それに対しての代価やね。」

 この割り切りが重要な感じがします。

 これってタイランドのタイガールだけに当てはまる事ではない様に感じます。 どこの国の場合でもそれは同じ事なんじゃないかと、色々な国の人と話をしていても、それは間違いない様子ですよ。

 遠距離愛人契約は存在をしないって事なんでしょうね。  但し、独占をするって事に関してですからね。

 割り切った普通じゃないサービスを貰うんだって事に感覚を変化させないとしょうがないんじゃないかと思います。 それはそれで本当に素晴らしい関係なんじゃないかと思うのですがねぇ。

 如何でしょうか?

                

009 今回の教訓です。

 私もそうですが、男の場合は解っていても自分自身の都合の良い様に考えてしまう動物ですから、独占をしているもんだって考えたいですよね。

 でも、成立をしないなら、もっと素晴らしいサービスをしてくれるんだって感覚を変える事が出来ると、逆にもっと楽しくなってくるかもしれませんね。

 それの方が正解ですね。

 素晴らしいサービスを受ける為に、少し人様以上のお金を与えているんだって考える方が楽しいですし、割り切った関係を築き上げる事が出来ますし、もしも、自分が考えているサービスが得れないならば、違ったところに良くて事も選択する事が出来ますね。

 自分自身が人生を賭けるんじゃないならば、割り切りも必要なんじゃないでしょうか? ご検討を!

                 

|

« おじさん達の恥ずかしい光景 | トップページ | 私の事を常に考えてくれないと »

私感と偏見を」カテゴリの記事

コメント

ekamai 様。
 有難うございます。

 流石!

 全くその通りですよね。 本当に考え方を少し変えるだけで全く違った男になる事が出来るんですね。 良い男を目指したいですね。

投稿: AKIさん | 2013年10月14日 (月曜日) 午後 08時31分

Aki様

自分がタイにいない間も束縛しようなんて出来っこないですね

逆転の発想で「自分がタイにいない時は今まで通りでOK。でも自分がタイに来たときは、自分にだけ尽くして欲しい」ってすれば、株が上がると思うんですけどねぇ

投稿: ekamai | 2013年10月14日 (月曜日) 午前 02時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2号さんはタイランドに:

« おじさん達の恥ずかしい光景 | トップページ | 私の事を常に考えてくれないと »