« とってもハッピー人生や ① | トップページ | お店をオープンしたぞ! »

2013年10月 3日 (木曜日)

とってもハッピー人生や ②

169_3  昨日の夜遅くに、買い物の途中に左膝を骨折してしまいました。 最悪です。 その上、ハレが酷くて数日間はそのままの状態で過ごさないといけません。

 痛みは半端じゃありませんね。

 その分、ゆっくりと更新をする事が出来ますが・・・・・最近色々と体の事が出てきます。 又、愛妻は明日からタイランドでしたし、私は中旬からでしたが、kん回は全てキャンセルとなりました。

 寂しいナぁ。

 ・・・・・

 終わり良ければ全て良しって言われている人生ですが、最終コーナーに差し掛かって、直線のみを残した時に、最高に幸せなんだって事が言えるのは素晴らしいですね。

 私も最終コーナーから直線に差し掛かりましたが、私も胸を張って最高の幸せだって言っているんですから、幸運者の仲間入りが出来ていますね。

 前置きはこれくらいにして、先に進みましょうね。

                 

170_3 数か月後彼はまたタイランドにやってきました。 そうして、彼女との再会をして、何十年も一緒に暮らしている様なカップルになっているんですから、びっくり仰天ですよね。

 この日からは、彼女の半生や家族などの全てを包み隠さず話をするって事になったみたいです。

 今度は彼女が完全に胸襟を開いて、今までの人生を全て事細かに語って行ったみたいです。 

 「彼女の全てを聞かせてもらってん。 彼女も幸少なくて色々と苦労をしてきているみたいなんや。 田舎に子供も一人いて、生活が大変な為に夜の仕事をしていたみたいで・・・・・今は俺の提案を完全に受け入れて、づっと待ってくれているみたいなんや。」

 まだなんでも信じるは早いんじゃないかって忠告はしましたが、互いに心は開いたんだって感じる事が出来たし、時間をかけても出来ないモノは出来ないし、時間なんかは超越する気力も考えも持っているから、今度数か月後にもう一度彼女の子供とあって、真剣にプロポーズをするんだって明言をしました。

 こうなりましたら私は出来ればうまく行ってほしいって祈るだけしか出来ませんね。

 今回も彼は10日間の過ごして、日本に帰って行きましたが、当たり前ですが毎日を電話やメールで、今度は本当の遠距離恋愛をして、自分たちの愛を育んでいったみたいです。

 数か月後に彼はまたタイランドにやってきました、その時には彼女は田舎に住んでいて、両親と子供と過ごしていたみたいです。 訪タイの当日には、彼女と子供が空港まで迎えに来ていて、ホテルで数時間を過ごした後に私と一緒に食事をしました。

 不思議ですよね。

 本物の家族で親子みたいな感じなんですね。 これほどまでに時間を省略する事が出来るなんて・・・・・確かに今までもこんなカップルは見てきた事はありますが、子供までも家族になっていて、本物の親子になっているのは初めてでした。

 この食事会の時に彼から、彼女と子供に話がありました。

 「これからに人生は俺が二人を守って行こうと決めている! 君は僕の伴侶となって、そうして○○(子供の名前)は、今から僕がお父さんになるんだよ。 自分一人で決め込んでしまって申し訳ないけれども、これは決まった事だから、君達の返事はYES以外は駄目だよ。 良いね!」

 素晴らしいプロポーズですし、宣言ですよね。 二人の顔をみまいたら、彼女はこれ以上のない笑顔で泣き顔になっていますし、子供は彼にさばり付いて、まとわりついて渾身の笑顔で喜んでいるんですね。

 「今までの人生で最高の幸せをかみしめる事が出来た! でもね、これからの方がもっともっと最高に幸せを3人で作り上げて行くんだよ。 三人で一緒に人生を歩いて行ったら、昨日よりももっと楽しくて幸せな生活を作って行く事が出来るんだよ。」

 恰好良すぎますね。

 私の心配は何のその、最高の家族がここに誕生をしました。 

                

171_3 今回の教訓です。

 凄いですよね。 人さんの事ながらこんなに素晴らしい人生があるのかってもらい泣きをしてしまいました。

 男は真摯で紳士な態度で、そうして心を完全に開く事が出来ましたら、時間なんかは関係なくに信頼感を得る事が出来るんだって改めて感じた次第です。

 「最高最高! AKI、僕は今まではこの日の為に色々と苦労をしてきたんやろうなぁ。 でも、こんなハッピーな生活を手にいれる事が出来るなんて、彼女達に感謝をしないといけないよね。」

 翌日から結婚の為と、養子の為の実務が即はじまりました。

 この話は数年前の事ですが、現在もこの家族は自分達が世の中の幸せを独り占め、否、家族占めをしているって思いながら人生を謳歌しています。

 羨ましい限りですね。

                

|

« とってもハッピー人生や ① | トップページ | お店をオープンしたぞ! »

恋愛」カテゴリの記事

コメント

tosy 様。
 有難うございます。

 本当にお互いに体の事はしっかりと管理をしておかないといけませんね。 健康が一番大切な年齢になりましたからね。

 タイ人の仲良くとかは重要な事なんだと思いますね。 変な事も考える事も必要はありませんし、方も凝る事も殆どありませんからね。

 VISAのお蔭で内の愛妻の友人関係や私の友人関係も日本に気軽に来る事が出来る様になって、楽しいですよね。
 来月には内の家に逗留をしに来る知り合いまでいますから、今後はもっとタイ人との交流も増えてくると思います。

投稿: AKIさん | 2013年10月 6日 (日曜日) 午前 09時51分

Aki様
ご無沙汰様です。おひざの骨折とのことですが、ご自愛ください。
私も昨年に引き続き、月末に再手術と決まりました。
お互い、いい年での長患いは嫌ですね。

さて、今年からのVISAの変更で、楽しい機会が増えてきましたね。
近所の仲の良いタイのご婦人の身内とも仲良くなれて、来年にでも遊びに行こかと考えているところです。

最近思ったところは、同じ人間/とりわけタイの人とは仲良くできる気が大いに感じられたことです。

あまり偏った考えではなく、もっと気軽に訪タイできそうな気がします。

投稿: tos | 2013年10月 5日 (土曜日) 午後 11時48分

ekamai 様。
 有難うございます。

 申し訳ありません、この怪我の所為でタイランドには行く事が出来なくなりました。 

 タイランドでは兎に角正直者が得をするって事なんじゃないかと思います。 日本人の男性は逆に、本当の事を言うと損をするって考えている節がありますが、この人を参考にしてほしいですね。

 正直者は、幸せになれるって例の一つですね。

投稿: AKIさん | 2013年10月 5日 (土曜日) 午前 11時23分

富原 様。
 有難うございます。

 素晴らしいですね。 冨原さんが心からしっかりと思い込むことが出来て、そのゴールに行くのが自分の決断なんだって事が相手に伝わる様にすると急に道が明るくなって、ゴールが見えてきますからね。

 しっかりと今年中に決めれる様に頑張って下さいね。 私は間違いなく行けると思いますよ。

 年齢が年齢ですから、少し時間がかかりそうですが、膝だけでしたので取り敢えずは直す様に頑張りますね。

投稿: AKIさん | 2013年10月 5日 (土曜日) 午前 11時17分

4ke 様。
 有難うございます。

 本当に羨ましい限りですよね。 タイガールとの人生においては、我々男がしっかりとして決め込んでしまうって事くらいの方がうまく行きますね。

 4keさんも進んでいますか? 頑張って下さいね。

 そして有難うございます。情けないですが、ゆっくりと直してく様にします。

投稿: AKIさん | 2013年10月 5日 (土曜日) 午前 11時13分

Aki様

お怪我、早く良くなるといいですね

Akiさんがいつもこのブログで書かれている通り「正直」に接するとこうなる、という素晴らしいお手本ですよね

この方の場合、タイが初めてだったというのもうまくいった一因のような気がします

私も早く移住したいです

投稿: ekamai | 2013年10月 4日 (金曜日) 午前 08時19分

AKI様、お怪我は大丈夫じゃなさそうですね。お大事になすって下さい。こちら、あと1週間となり、子供達はテストにて学校(良いとこらしいです)を休むことが出来ず、彼女だけ高雄に演奏会を聴きに来ます。そのかわり、年末には、みんなで香港に旅行となりそうです。香港ディズニーランド。。。いっしょに将来などを考えている行動をしているつもりです。更にがんばります。重ね、お大事になすって下さい。

投稿: 冨原悟史 | 2013年10月 4日 (金曜日) 午前 01時01分

良い話ですね!
しかも、数年前のことで、今も幸せで良いですね!


あと、怪我は大変ですね。。。
お大事にしてください!!

投稿: 4ke | 2013年10月 3日 (木曜日) 午後 08時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: とってもハッピー人生や ②:

« とってもハッピー人生や ① | トップページ | お店をオープンしたぞ! »