« 貴方は本当に愛されていますか? | トップページ | 悪女達の会食での恐ろしい話 ② »

2013年10月27日 (日曜日)

悪女達の会食での恐ろしい話 ①

052 素晴らしいタイガールは星の数ほどいますよね。

 と言う事は、恐ろしいタイガールも星の数ほどいるって事ですよね。 マァ、タイガールの場合は、よくも悪くも直ぐに変身をする事が出来ますから、ある意味どっちなのかって事は男次第ってことなんです。

 先日は、恐ろしい方の悪女達との会食会が有りました。

 こんなんは大好きなAKIさんは、誘われる前に参加表明をしたくらいですから、ウキウキとして、ルンルン気分で参加をしてきました。 聞きたいんじゃないですか? 楽しいし、参考になるのは間違いはありませんよね。

                

053 恐ろしいタイガールはそんなタイプなんだろうって期待をしながら会食の場に寄せて頂きましたが、一言で言いましたら恐ろしいタイガールって言うのは、男を手玉に取ってしまって自分の舞台で男を翻弄をするって事なんでしょうね。

 私がまとめてしまっては面白くないですから、彼女達との会話形式でのご紹介をさせて頂きましょうね。 本日より3日間に渡って、大きくは3つの話題を提供して頂きましょうね。

 楽しいのか、怖いのかは解りませんが数日間い渡りますので、出来ればついてきて下さいね。

 ・・・・・

 「悪女って言われているけど君の場合はどんな事なんだろうねぇ?」

 「私なんかは悪女なんかじゃないわよ、失礼な事を言わないでよ! 私はそう言われているのは知っているけど、別に私は悪い事なんかはした事はないんだからね。 私はただ単に色々な話をしただけで、相手が勝手に判断をして貢いでくれただけの事なんだからね。」

 「貢ぐ? どんな感じ? (ワクワク)」

 「私はただね、私の人生はこんな感じであまりラッキーな事はないわよって話をしただけの事ねぇ。 病気になったり、事故を起こしたり、家族に問題が出たり・・・・・少しの不幸を劇的にして話をしたのよ。」

 「劇的ねぇ、それって嘘をついたって事なの?」

 「違うわよ! 嘘をついた訳ではなくて、少し大げさに話をしてしまって、自分自身は中々立ちいかないって事を訴えただけの事で、何をしてくれって事を頼んだわけでもないし・・・・・でも、死にそうだって事は言ったわね。」

 「死にそう?」

 「そう、人は誰でも話をする時には大げさに言うのは普通の事なんじゃないの。 なんでも見えってモノもあるんだから、小さな接触事故でも、命に関わるって事を平気で言っている人はいっぱいいるでしょ。」

 「・・・・・」

 「そんな話をしていると、自分自身に酔って来てしまって、話はドンドンと大きくなってしまうし、冷静になって考えると可笑しいなぁって自分でも思うけれども、話が始まったらそのまま突っ切るしかしょうがないしね。」

 「突っ切る? 面白い表現だよね。」

 「一つ大げさな事を言うと、それに輪が掛かってきて、ドンドンと大げさになって行くのはしょうがないし、その内どれが本当だったかって事も解らなくなってしまって、悲劇のヒロインになりきってしまうだけの事なんでしょうね。」

 「悲劇のヒロインね。」

 「そうでしょう、誰だって自分の言葉に酔ってしまうって事もあるし、話をしてしまったら後戻りは出来ないでしょう、違う? それをさも本当の様に話をして、相手はそれが本当の様に感じるって事だけの事なんでしょうよ。」

 「それって嘘って事じゃ・・・・・」

 「嘘じゃないのよ。 ただ単に大げさに話がなって行くって事だから、その話を真剣に受け取るか、眉唾なのかって事は相手が決める事なんだから、話の聞き方が悪いに決まっているじゃないのよ。」

                

054

 一つ目の話はこんな感じです。

 何一つ嘘は言ってないけど、少し大げさに話をしただけの事だそうですね。 日本ではこれって嘘なんじゃないかと思いますが、悪女のタイガールは普通だそうです。

 確かに、話ではドンドンと大げさになって行くって事はあると思いますが、小さな事を大きく話をするって事が悪女的な感覚なのかもしれませんよね。

 聞く方が判断をするのが話の基本だって感覚はタイランドにはありますから、これも注意をしないといけない事なのかもしれませんよね。 (日本でもこんな話はいっぱいありますよね。)

 では、本日はここまで!

                

|

« 貴方は本当に愛されていますか? | トップページ | 悪女達の会食での恐ろしい話 ② »

タイガールの裏話」カテゴリの記事

コメント

ekamai 様。
 有難うございます。

 その通りですが、これが中々見抜く事が出来ないのがタイガールと日本人の関係ですよね。 どうして見抜く事が出来ないんでしょうね。

 不思議な関係です。

 少しの違いが大違いって事なのかもしれませんよね。

投稿: AKIさん | 2013年10月31日 (木曜日) 午後 11時02分

Aki様

TGだけじゃなくタイ人は基本的に物事を楽観的に考えてますが、ある一線を越えると劇的に大げさになっていきますよねww

冷静になって考えれば「3歳児」の話ですからつじつまが合わないことに気付くはずなんですけどねぇw

彼女たちのこういう話は楽しまないといけませんねw

投稿: ekamai | 2013年10月29日 (火曜日) 午前 07時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 悪女達の会食での恐ろしい話 ①:

« 貴方は本当に愛されていますか? | トップページ | 悪女達の会食での恐ろしい話 ② »