« 悪女達の会食での恐ろしい話 ② | トップページ | 嵌まり込むのは男女の常 »

2013年10月29日 (火曜日)

悪女達の会食での恐ろしい話 ③

058 名残惜しくて・・・・・二日間で終了をしようと思っていたのですが・・・・・名残惜しくて・・・・・

 楽しくて、面白くて、ビックリ仰天で、恐ろしい話がいっぱい出てきますね。 皆さんは、冷や汗をかかれている方も結構いらっしゃあるでしょうね。

 では、今日こそは最終にしましょうね。

                 

059 二日間に渡って昨日まで悪女との会食の内容をご紹介をして来ましたが、あまり長いと飽きてしまいますので、今日で数量をさせますので宜しくお願いします。

 三人目の話になりますが、今日の話も毛こう恐ろしい話になってしまいそうですよね。 皆さんは覚悟はお出来になってるでしょうか? 前置きはこれくらいにして、始めましょうね。

 ・・・・・

 「色々と恐ろしい話を聞かせて頂いて楽しいよねぇ。 最後に聞きたい事は、おねだりとか、無心とか、お金を引っ張るとかって話を聞きたいと思うんだけれども・・・・・」

 「お金雄引っ張る? 凄い言い方だと思うけど、別に何でもありでお金をだまし取っているって訳はないのよ。 こちら側は少しだけ話をして、出来れば少しだけ援助をしてくれって言っているだけで、無理に詐欺に合わせてるって事ではないのよ。」

 「はいはい、それは十分に承知をしていますよ。」

 「女の子の場合は、男の人と仲良くなってきたら、この人とはどんな関係になるのかって事を考えるのが普通なんじゃないの。 その人が、愛するに足る人かどうかって事は考えるんじゃないですか?」

 「確かにね、初めから恋愛ってモノは成立をする事はないモンね。」

 「愛するに足りないって判断をしてしまうと、別に付き合いって行くって事は必要はないでしょ。 でも、相手は愛するに足るって事を考えているからこちらによって来たり、関心を買おうって考えるんじゃないかなぁ。」

 「・・・・・なるほどね。」

 「関心を買おうって思っているんだから、こちらとしたら色々と考える様になってくると思うわよね。 だって女なんだから宝石も金も欲しいし、車や家なども欲しいに決まっているんだから、少しはこうして欲しいって事を言うわよね。」

 「ふんふん、それで?」

 「初めは小さなものから話を初めて、何とかなるって判断をしたらもらいたいものを少しづつ高くしていくって事は商売やビジネスでは普通の事なんだと思うんだけれども、日本はそうじゃないの?」

 「ビジネスはね、そうだと思うけど・・・・・」

 「愛の存在しない場合は、男と女の関係は完全にビジネスになると思うけどねぇ。 だって愛がなくて一緒にいる場合は、お金しか関係はないでしょ。 相手もそんな事は理解をしていると思うんだけど、違いますか?」

 「・・・・・」

 「恋愛はお互いが愛するって事は最低条件で、片方だけが愛を感じているって言う場合は、その愛を繋ぎ止めようとした場合はお金しか方法はないんだと思うんだけど・・・・・それって解っているんだから、こちらが悪いって事ではないでしょ。」

 「確かにそんな考え方も正解なのかもしれないよね。」

 「そう、双方に愛がない場合は、れないとは言わないし、それは間違いなくビジネスなんだから、見返りがある場合は一緒にいるけど、見返りがない場合は離れてしまうって事なんじゃないの。 普通は、どこの世界でも同じ様な事だと思うんだけれども・・・・・」

                

060今回の教訓です。

 3日間に渡って悪女との会食での話を3っつに絞って紹介をして来ました。 結構怖い場合がありますよね。

 でも、冷静になって考えてみましたら、青駆除って言われているタイガールにも一理はありますし、彼女達だけが悪いって事ではない様に感じますが、如何でしょうか?

 一番重要なのは二人の関係は実はどんな関係なのかって事を常に感じとらないといけないって事なんでしょうね。

 一人芝居をしてしまったらその代償は大きくなってしまうって事なんでしょうね。

 今日の彼女が言っていた通り、タイランドでは愛がない場合は殆どがビジネスとなるって感覚は忘れてはいけませんし、常に観察をして確認をしないといけないって教訓を頂いているみたいです。

 少しは参考になりましたでしょうか?

                

|

« 悪女達の会食での恐ろしい話 ② | トップページ | 嵌まり込むのは男女の常 »

タイガールの裏話」カテゴリの記事

コメント

ekamai 様。
 有難うございます。

 客観的には考える事は出来なくて、冷静になって考える事も出来なくて・・・どうしてしまったんでしょうねぇ。

 まぁ、仰る様に嵌り込みたい願望の表れなのかもしれませんね。
 本当に不思議なモンです。

投稿: AKIさん | 2013年10月31日 (木曜日) 午後 11時12分

Aki様

自作自演ですねww

このブログでも書かれていますが、ホントに好きになったらお金の話はしなくなりますよね

少しだけ冷静になって客観的に考えればわかると思うんですが、それとも「嵌ってみたい」願望なんでしょうか?ww

投稿: ekamai | 2013年10月30日 (水曜日) 午後 04時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 悪女達の会食での恐ろしい話 ③:

« 悪女達の会食での恐ろしい話 ② | トップページ | 嵌まり込むのは男女の常 »