« 奉仕の精神は世界一? | トップページ | 小銭を貯めて家を買った友人 »

2013年11月15日 (金曜日)

銀行と友達になりましょう

1010 皆さんは日本でもタイランドでも銀行との関係は如何でしょうか?

 今後タイランドへの移住よお考えの方は、銀行への付き合い方は重要ですからね、今の内に検討をしておく方が正解ですよ。

 最近ではワークパミットがない場合は口座を作る事は困難ですが、知り合いのタイ人に名義を借りても出来ますから、検討をする事も必要ですね。

 出来れば恋人や伴侶や彼女の分を利用をするって事もありますね。

                 

1011 タイランドの銀行の場合は、全くと言っていいほど貧乏人は相手にはしていませんね。 まぁ、日本もそれは言えるかもしれませんがねぇ。 

 タイランドの銀行の場合は、つねい一定以上のお金が入ってきているって事を見せるって言うのは重要な事なですね。

 入金が重要なんですね。

 お金を貯めて行くって事が出来ればそれはそれで最高なんでしょうが、庶民には中々貯蓄ってモノは難しいですね。

 ですからタイランドでは複数の銀行の口座を持って、お金を回していくって事が重要な課題になって行くんですね。 Aという銀行に同じ日付にお金を入れまして、そしてそのお金をおろして、Bという銀行に同じ日付に入金をします。

 又、お金はおろして、Cという銀行に同じ日付にお金を入れて、又、そのお金をおろして、Dという銀行に入金をするんです。

 これをお繰り返していきましたら、A、B、C、Dすべての銀行で信用度合いは増していくって寸法ですね。

 そんな事くらいでと思われると思いますが、これって結構重要な事なんですね。

 内の愛妻にも常に毎月同じ日付にお金を入金をして行きまして、直ぐの出勤をするのですが、それだけの事で今度家を買うって事になりましたら、融資を受ける事も可能になって行くんですね。

 企業などからの振り込みではなくても、決まった日付に決まった金額のお金が入金をされるって事は、金持ち(?)の代名詞となってくるんですから不思議ですよね。

 今は必要がないと思われているかもしれませんが、これが日本だけにしかない銀行の銀行通帳を同じ様にしても、融資の対象になるくらいなんですから不思議ですね。 但し、日本だけの銀行の場合は、タイガールやタイ人でないといけないのはしょうがありません。

 お金を動かしているだけで信用度合いはドンドンと増していくような感じですから、騙されたと思って検討をしてみて下さいね。

 その内カードや保険やら、そして、差し押さえた不動産などの情報も入れてくれるようになってきますし、今後移住って事になりましたら、相当に有利になってきますから、損はしませんので検討をしてみて下さいね。

 お金がない人間にの小さな知恵ですが。

                 

1012_2今回の教訓です。

 タイランドの場合は、ATMのカードなどは過にその場で作ってくれますが、あまり決まった入金がない人は相手にしないって事が多いです。

 内は愛妻の口座を操作(?)しながら、お金を動かしていますし、最終的には一つの銀行に少しだけですが貯める様にしていっていますと、対応や情報などは格段と変化をして来ます。

 メールなどで不動産の紹介や新しい投資の紹介や色々と有益な情報を得る事が出来ますし、銀行が差し押さえた物件の展示会にも招待を受けるって事も出来る様になってきましたからね。

 (先立つものがなくて、買えないのが残念ですが。)

 でも、情報が集まってくるって事は重要ですし、選択肢がドンドンと増えて行きますよね。 将来の為と思って、こんな方法もあるって事を覚えておいて下さいね。 損はしないと思いますよ。

 内も情報だけではなしに、物件をゲットしたいものですが。

                 

|

« 奉仕の精神は世界一? | トップページ | 小銭を貯めて家を買った友人 »

タイランド文化とタイ人学」カテゴリの記事

コメント

ekamai 様。
 有難うございます。

 回しは重要なんですよ。
 最近では内では、愛妻に対して生活費を渡す時にも必ず銀行に入れているんですね。 これだけでも毎月定期的に金銭が入ると判断してくれますからね。

 銀行とのお付き合いは、結構素晴らしいですからわすれてゃいけませんよね。

投稿: AKIさん | 2013年11月17日 (日曜日) 午後 10時06分

Aki様

私は会社に無理を言って給与を3つの銀行に分けて振り込んでもらってたんですが、それじゃあダメなんですね

1つは間に合ったんですが、2つは時間がなくオンラインバンキングの手続きが間に合わなかったんです

今度タイに行ったらぜひ「回して」見たいです

投稿: ekamai | 2013年11月16日 (土曜日) 午前 06時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銀行と友達になりましょう:

« 奉仕の精神は世界一? | トップページ | 小銭を貯めて家を買った友人 »