« 騙されている訳ではないんだよ | トップページ | 老人ホームは今後の目玉 »

2014年1月19日 (日曜日)

タイバブルは崩壊をするのか?

07 タイランドもバブルですよね。

 崩壊するとか、金持ちは不動産なども売り逃げをそようとしているとかって話は聞きますが、いつまでたってもバブル崩壊とはなりませんよね。

 不思議な国ですね。

 では現状ではどうなっているんでしょうか? これから移住やリタイアをお考えの方には気になる事ですから、本当かどうかは責任は持てませんが、色々んな所から調査をして来ました。

                

08 タイランドの経済やバブルは崩壊をしそうな雰囲気を持っているのですが、これが中々崩壊をしませんね。 と言いますか、そのまま綱渡りの状態ですが、続いていますよね。

 結論から言いますが、タイランドはバブルの崩壊も経済の崩壊もしないんじゃないかと思われます。 確かに、今後は停滞をする事はあると思われますが、日本の様に急降下をする事はない様に感じますね。

 大きな理由は、日本の場合は経済自体を動かしているのが当たり前ですが日本人ですが、タイランドの場合は、華僑とタイ人とそしてその他色々の外国人ですからね。

 そこにはブレーキもありますし、グローバルな感覚も入りやすいですから、行き着くところまでは行き難いのは、目に見えて解りますよね。 逆に、中国や韓国の方が崩壊をし易いですよね。

 その上、タイランドの一番大きな強みはこらえ性のない処ですね。 昔にもバーツ危機がありましたが、一切持ちこたえる事はしないで、直ぐに諦めてしまって、手放しで放棄をしてしまいましたね。

 その当時は大きな問題となりましたが、後から考えると傷は非常に小さくて、回復は相当に早かったことを記憶している方も多いと思いますが、経済では放棄する事が早い場合は傷は殆どなく直ぐに回復をする場合がありますからね。

 こらえ性のなさも長所なのかもしれませんね。

 又、日本と違って島国ではありませんから、他国や他の資本や他の・・・・・などが錯綜をしていますから、考え様によっては非常に風通しが良い状態が保たれていますから、兎に角回復よりも痛手を蒙る事は少ないですね。

 それからタイランドの場合は、問題があったり給与やもらえるモノが減ってしまってもそれを超越をする様な度量がタイ人にはありますから(あきらめの境地なのかも)、人の心にもダメージが少ないですね。

 こんな事を考えていましたら、老後の前にはタイランドに投資をするか住処を得るかをして、そのタイランドの恩恵に浸りたくなるのは解りますよね。

 今後も、日本の場合は浮き沈みは多くあると思われますし、今後も大きく浮上をする事はない様に感じますが、タイランドは沈み込むと言う事は皆無なんじゃないかと考えていまします。

 如何でしょうか?

                 

09今回の教訓です。

 色々と検討をしたり、調べたり、有識者にインタビューをしたりと相当に動き回りましたが、タイランドの経済破綻はしそうでしないんだという結論に達しました。

 理由は色々と述べましたが、確たる証拠がある訳ではありませんが、この国はどんな状況にあっても死んでしまう事はないんだろうなぁと思うばかりです。

 今までの事でも死んでしまうと感じる所が非常に少なくて、言い方は悪いですがゴキブリみたいに常に生き残るtのはタイランドなんじゃないかと思ってしまうのは私だけの事でしょうか?

 如何でしょうか?

 あきらめの良い所と臨機応変力が世界でも有数の能力を持っていますから、もしもの場合も直ぐに対応をする事が出来て、その内問題も忘れ去られてしまっていて、危機はあったのかと感じるほどなんじゃないかと思います。

 私もこの感覚は見習いたいです。

                 

|

« 騙されている訳ではないんだよ | トップページ | 老人ホームは今後の目玉 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

ekamai 様。
 有難うございます。

 日本もアベノミクスの影響で少しは景気は良くなってきましたが、マスコミだけはマイナスの事以外は言いませんけど、日本の七不思議の一つですね。

 タイランドの場合は、何度も崩壊をしている様な感じですが・・・何とか切り抜けて行くって感じですからね。

 それよりも今のデモや諍いごとの方が偉い事になりそうな感じですね。 これでは他国からの資本も引き上げられてしまいそうですね。

投稿: AKI | 2014年1月25日 (土曜日) 午前 12時42分

Aki様

日本の場合、輸出先は欧米が相手でそこがだめになるとつられて沈没ww
中国や東南アジアなんていうのは、日本の得意な高級品市場ではなく普及品市場ですから利益も知れてる

ところがタイの輸出先は全世界ですから、当面は大きな景気減速はなさそうな気がします

ただ、技術者の不足が目立ってきており、それが懸念されるところではあります


投稿: ekamai | 2014年1月24日 (金曜日) 午後 07時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タイバブルは崩壊をするのか?:

« 騙されている訳ではないんだよ | トップページ | 老人ホームは今後の目玉 »