« VISA解禁で交流が増進 | トップページ | 老後の検討、老後の準備 »

2014年1月 4日 (土曜日)

貧富の差

61  経済の発展をして来ましたら、段々と貧富の差が大きくなってくるのは仕方がない事なのでしょうか? 確かに、仕事をするしないって事がありますから、仕方がない処がありますし、意識的にもしょうがないって感覚があるのでしょうね。

 タイランドも同じ様な感覚みたいですが、タイ人は優しいですから、本当の貧乏人でもお金がない人でもなんとかなる国ですからね。

 他の国ではクーデターや暴動などが起こりそうな感じですが、この国はほんとに温厚でそんな事はないみたいです、少し前にも黄色と赤色って事で色々とありましたが、これもアルバイトみたいな感じでしたからね。

                 

62 タイランドで一番問題なのは、子供を抱えて仕事をする事が出来なくて物貰いをしている場合が結構あるんですが、これがタイランドでは一番の問題ではないでしょうか。

 どこの国でも一番弱いモノにしわ寄せが来ますので、可愛そうですが仕方がいのかもしれません(仕方ないで済まされる問題ではなかったですよね)。

 日本も経済発展が著しい時と成熟期には貧富の差が激しくなってきますが、タイランドの場合は、運不運ではなくて、するしないって事の方が大きな問題になっているみたいですねぇ。

 普通の時にはしなかってもそれほど差は開きませんが、発展時には相当に差が開くんでしょうね。 特に発展時は数日違いで何倍もの差になると言われていますから、気が付けば金持ちになったり、貧乏人の代表者になってしまうんですね。

 どこの国も通って行く道ですから、乗り遅れない様にしないといけません。

 これはタイ人だけ事ではなくて、我々日本人もそうですし、これから移住お考えの方も重要で必要な事ですね。 貧富の差は大きくなっていますが、出来れば冨の方にいける様にしっかりとしたいものです。

 どうすると我々の様な外国人は良いのでしょうか?

 タイランドで定着をしている方の話を聞いましたら、誰しも同じ様な話をされますね。 これもいつも言っている事ですが、年の初めには確認をしておかないといけないかもしれませんので繰り返します。

 「金持ちになるかどうかは解らないけれども、失敗するかしないかは簡単な事でしょうね。 こちらに来てからそのまま旅行者の感覚を忘れる子が出来ないか、それとも感覚は日本人を忘れないタイ人になる事が出来るか? 簡単な事だけど大きな違いになってくるように感じますね。」

 外国人の場合は、謙虚になってタイ人の見習いが出来る様になる事が重要なんでしょうね。

 これでしたら私は問題なく出来ると思いますが、逆に愛妻の方はタイ人を卒業をするんだって言っていますから、タイ人に戻る事が出来ないかもしれませんね。 だってたまにタイランドに帰りましたら、完全に日本人になりかけていますからねぇ。 

 (若しかしたらタイガールの方がタイ人になり切れないって事があるのかもしれませんよね。)

 出来れば少しは裕福な状態でタイランドでのリタイア生活をしたいと思いますよね。

                 

63今回の教訓です。

 リタイア組も貧富の差も出て来てますから、今の内にしっかりと考えて準備をして行かないといけませんよね。

 簡単な事は同化をして行くって事とタイ人になって行くんだって事をしっかりと心に刻み付けて行かないといけません。

 「リタイアをしたら、金持ちになるのは良いとは思いますが、質素にして楽しんで生活が出来る様に考えないといけませんね。 暇でする事がない状態に陥る事の方が問題ですからね。

 移住をする前には十分に計画を立てて、勉強をしておかないといけませんね。 行ってから考えるのが一番最悪ですね。」

 タイランド内の貧富の差から移住へと話が変わって行きましたが・・・・・いつもの事とご勘弁をお願いします。

                 

|

« VISA解禁で交流が増進 | トップページ | 老後の検討、老後の準備 »

タイランドに住む人々達」カテゴリの記事

コメント

ekamai 様。
 有難うございます。

 生活費なんかは人それぞれですよね。 高くしようと思えば高く出来ますし、安くしようと思えばいくらでも安くする事は出来ますね。

 この感覚をタイ人に学ばないといけないと思います。私の場合は、10000Bでも生活できますし、10万Bでも生活は出来ますが、出来ないのは今月は3万Bで翌月は1万Bでしないさいと言われる事ですね。

 これが出来るタイ人は素晴らしいと思いますし、これがあるからタイランドに住む事が出来るんでしょうね。

 出来れば質素で、楽しい生活を送りたいと思いますね。

投稿: AKIさん | 2014年1月 6日 (月曜日) 午後 04時32分

Aki様

先日あるSNSでバンコクでの生活費について議論が盛り上がりました
Akiさんには釈迦に説法でしょうが、面白いので紹介させていただきます

質問者さんは1か月10万円で暮らせるか?という質問でした
私なら余裕ですねw 
恐らくAkiさんもいけるんじゃないかと思います

ぶっ飛んだのは1か月5000THBで暮らしてる人
これは特殊でしょうが、大体20000-30000THBあれば暮らせるという意見が多かったのですね

驚いたのは30000THBなら最低ライン、と言う書き込みをされた方w
その方、15年以上タイ在住で今はある島でダイビングショップをされているようなんですが、「不自由なく暮らすには60000THBは必要」なんだそうですww

考え方は人それぞれですが、それにしても60000THBとはねぇww

質素で楽しく暮らせる
タイでの生活はこの一言に尽きますね

投稿: ekamai | 2014年1月 6日 (月曜日) 午前 09時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 貧富の差:

« VISA解禁で交流が増進 | トップページ | 老後の検討、老後の準備 »