« 日本と中国のせめぎ合い | トップページ | 愛妻の兄への徹底説教 »

2014年1月 8日 (水曜日)

愛妻への恋心が止まらない

73 内でも色々な問題や喧嘩もあるのは間違いはありませんが、直ぐに仲直りをしてお互いには幸せいっぱいな生活を送っている様に感じますね。

 家庭内の事はしっかりとやってくれますし、私の両親とも色々とありますが、うまく立ち回ってくれていますし、あまり憂いがない生活を送る事が出来ています。

 結婚をしましてから足掛け6年間が経ちますが、未だに新婚や恋愛の時と同じ状態が続いていますが、有難い事で感謝をしないといけませんよね。

                 

74 日本人同士などの場合は、数年もしましたら新婚気分は無くなってしまってラブラブ感は無くなってきますが、これがタイガールでしたら無くなる事はありません。 

 こちら側がそうでもなくてもあちら側がその気満載ですから、引っ張られてしまってそのテンションが普通になってきますので、こちら側もラブラブ感が継続をして来ます。

 不思議な関係ですね。

 皆さんは10年を越して自分の伴侶への恋心は止まる事はありませんか?

 男の場合は数年をすると普通に恋心は倦怠期を通り越してしまって、恋愛時とは違った感情になってしまって、熱愛をしている頃の事は完全に忘れてしまう状況に陥ってしまいます。

 でも、相手がタイガールの場合は、我々男が倦怠期だって思っていてもそんなものは一切関係はありませんし、その上いつも言う様に愛する人が世界で一番なんですから、タイガール達の恋心は留まる事はありません。

 それを我々男は少しはうんざりって感じますが、直ぐにこれが普通なんだって思い込むようになっています・・・・・否、若しかしたら、思わされてしまうって事なのかもしれませんよねぇ。

 教育をされているのかもしれません。

 それはそれでどっぷりと浸かってしまいましたら、これほど幸せな気分を味わい続ける事が出来るんですから、最高の気分ですね。

 嘘や強がりではなくて、相当に楽しい気分や感じを持てますからね。 これは、生涯熱愛をしていた時期のまま過ごす事が出来るって事ですから、それは考えなくても素晴らしい事ですよね。

 普通に考えても夫婦が熱愛を続けている事は最高でしょ。

 そんなものはうっとおしいっておっしゃっている方もいると思いますが、私に言わせましたら負け犬の遠吠えを聞いている様な感じですねぇ。 やっぱり伴侶とは常に熱愛状態を続けて行く事が最高!

 今も、今日も帰りましたら子供がまとわりつく様な歓迎が待っていますし、炬燵で寛いでいる場合は、ペタペタ状態が続きます。 少し問題があるとしたら、酒を飲みにくいと言う事くらいでしょうか。

                  

75今回の教訓です。

 タイガールとの関係は、本当に不思議な関係ですね。

 そして我々男は間違いなく幸せで、楽しい人生を得る事が出来ますし、その上、人間性も磨く事も出来ますからね(我慢も頑張る事が出来る様になります)。

 「あ~旦那さんが愛する心は留まらないわ~。 いつもいつでも、 ”マン・キョー・ワ!” 一緒にいると幸せいっぱいナ!」

 今でも、こんな事を言ってくれるんですし、タイガールの場合の素晴らしい所は、有言実行な所ですね。

 我々もタイガールの伴侶を見習って、しっかりと有言実行が出来る様に頑張らないといけませんね。

 そろそろこんなに楽しい所にいらっしゃった方が良いんじゃないでしょうか? 遅くなりましたら、それだけ損をしますよ。

                 

|

« 日本と中国のせめぎ合い | トップページ | 愛妻の兄への徹底説教 »

私と奥さん」カテゴリの記事

コメント

ekamai 様。
 有難うございます。

 倦怠期はありません。 これも当たり前に事ですが男がしっかりとしないといけません。

 タイガールの場合は絶対に釣った魚にはエサをあげないのは最悪になってしまいます。 絶対にエサは上げ続けないといけませんし、それが出来るから最高の幸せを得る事が出来るのですからね。

 ここを間違っては幸せは難しいですが、これを間違わなければすれはそれは最高のモノを手に入れる事は出来ますよね。

 男次第かもしれませんね。

投稿: AKIさん | 2014年1月 9日 (木曜日) 午後 10時03分

deki 様。
 有難うございます。

 う~ん、私は尾道生まれで、本籍は東大阪に移しました…似ていますね。

 おじさんは死ぬまで度録をしないといけません、これは昭和30年代生まれの宿命ですよね。 諦めて、努力を重ねて下さいね。

 話は変わりますが、愛妻の場合は日本に来るまでは四六時中NHKを終日見る様にしまして、その時に日本語の本や教材を利用をしていました。

 その後は、日本でボランティア関係の日本語学校で勉強をしました。
 それまでは私の片言のタイ語と英語を駆使しながら頑張りました。
 でも、若い愛妻い頑張ってもらうのが日本で済むには一番良いですね。 後は、ゆっくりと話をして頑張ってもらう事ですね。

 もう数最高の幸せを手に入れるんですから、お互いに頑張らないといけませんよね。

投稿: AKIさん | 2014年1月 9日 (木曜日) 午後 09時59分

Aki様

釣った魚には餌をやらない、なんて言葉があるくらいで、結婚すると男はある意味安心してしまうんでしょうね
さらに、子供が出来ると奥さんの愛情はほぼ子供に行ってしまいますから、精神的には「ばらばら」になってるんじゃないでしょうか

鶏が先か卵が先か?
男性の倦怠感が問題か、女性の愛情の減少が問題か?
いずれにせよお互いの変化が悪循環に陥っているんでしょうね

それに引き換えTGの辞書には倦怠感なんて載ってないんでしょうねww

投稿: ekamai | 2014年1月 9日 (木曜日) 午前 06時34分

こんばんは AKIさん

私は呉生まれで本籍を大阪に移しました。

毎日、国際電話して距離を縮めています。電話できない時SMSで I MISS you とメールが来ますので毎日頑張っています。
毎日が勉強。片言のタイ語と英語で頑張っています。
よく笑いも出ているので何とか意思は通じていると思います。よく分からない単語もありますが気にしません。
話す度に、愛おしくなります。
必ず、ラック クン マーク ナ と言いますが
日本では歯の浮くような言葉も、タイガールは嬉しいみたい。50過ぎのオヤジが頑張っています。
私は少し恥ずかしいですが...

来月15日結婚式。
ちょっと相談ですが、AKIさんの愛妻はどのように日本語を覚えたのでしょうか?
相手も努力して日本語を学ぶので私も老体に鞭打ってタイ語を勉強する努力しないと。
日本に来ても寂しい思いをさせたくないので。

投稿: deki | 2014年1月 8日 (水曜日) 午後 10時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛妻への恋心が止まらない:

« 日本と中国のせめぎ合い | トップページ | 愛妻の兄への徹底説教 »