« 一寸先は闇でもサヌック・マーク | トップページ | 明日の気分は継続するか? »

2014年3月30日 (日曜日)

子供を連れてタイランドの英雄に

Photo_19 田舎には私を常に待っている子供たちが沢山います。

 片親の子供や裕福でない子供や住むところもないような子供や・・・・・遊びに行ったこともなくて、おいしいお菓子なんかも食べた事がない子供たちが結構います。

 まだまだタイランドはこんな可哀想な子供たちがいますから、私が帰った時くらいは、屋台のアイスクリーム屋さんや街のロータスの遊技場やセブンイレブンや色々なところに連れて行くようにしています。

 今や子供たちのヒーローになりつつあるAKIさんですが、楽しいことがたくさんありますので少し紹介をさせて頂きますね。

                

Photo_20  タイランドの場合は、BKKと田舎とでは雲泥の違いがありまして、行った事があまりない方はもし行かれたらびっくり仰天をしてしまいますよね。

 BKKの場合は、日本とあまり変わる事はありませんし、何でも揃っていますし、不自由をする事なんかは一切ありませんよね、皆さんも不自由をする事はないでしょ。

 でも、田舎の場合は、全く違った一面を持っています。

 貧富の差こそ少なく感じますが、もっともっと無垢でピュアな子供達が沢山いますからね。 田舎の子供達は日本に接すると言うのは、テレビでもアニメなどだけが中心で、お菓子でも殆どはタイランド特有のお菓子ですね。

 未だに男の子は坊主頭で女の子はわかめちゃんの様なおかっぱが普通ですからね。 一昔前に帰った様な感じがしますから、不思議ですね。

 内の中では日本で普通に売っているお菓子なんかは見た事がないと言うのが普通ですからね。 先日は日本から面白いモノを買って行きまして、田舎の子供達を驚かせる事が出来ました。

 電動流しそうめんセットと言うモノを買って行きまして、子供達にそうめんを食べさせて神様の様に崇められました。 タイランドでは、冷たい面は食べませんし、流しそうめん的なモノは始めて見ます。

 その流れているそうめんを箸で取って食べるのですから、それはそれは盆と正月が一度に来たくらいの騒ぎ様ですね。 (その後は、大人たちも参加をさせてくれと言われて、内の家では大宴会さながらです)

 先日はチョコレートフォンデュの機械を持って帰って、子供達を集めてチョコレートフォンデュパーティーですよ。 田舎の子供達はあまりチョコレートは食べた事がなくて、苦く感じますから、はちみつをたっぷり入れて・・・・・

 これも盆と正月とそしてソンクラーも一緒に来たくらいのはしゃぎ様ですからね。

 バーベキューセットやムーカタの野外セットや綿菓子の機械や・・・・・

 こんなモノが世の中にあるんだと子供達ははしゃぎまわって、私の事は神様か英雄のように見てくれますし、今では私が帰る何日も前から必ず一日に何度かは確認に来るそうですね。

 モノで釣ってはいけないんでしょうが、チビ達の嬉しそうな顔を見るだけで心が洗われる様に感じますからね。

 「〇〇(娘の名前)のパパは最高! ブッダに頼まないでもパパに頼んだら何でも実現をする事が出来るよなぁ。 それに、何でも一緒にしてくれるし、何でもさせてくれるから楽しくて楽しくて、本当に最高!」

 有難い事ですね。

                

Photo_21 今回の教訓です。

 皆さんもタイガールとの人生をチョイスしましたら、この様に子供達との触れ合いももれなくついてきますし、大人たちとの縁かももれなくついてきますからね。

 心が洗われて楽しいですよ。

 私の場合は、あまり優しくはしませんで、会食をする時には買い物から一緒にさせますし、荷物も当然ですが持たせたり、準備も子供達にさせますし、片付けや掃除もさせますからね。

 親からは嫌な顔をされますが、最近では良い感じになってきました。

 これからもおじさんヒーローは、子供達との付き合いを続けて行きたいと思いますし、皆さんも出来るだけ子供達と触れ合って頂いて、素晴らしいピュアな気持ちを体感する様にして下さいね。

                 

|

« 一寸先は闇でもサヌック・マーク | トップページ | 明日の気分は継続するか? »

心と体」カテゴリの記事

コメント

ekamai 様。
 有難うございます。

 私もびっくりしましたが、タイランドの田舎の子供のピュアさは驚く以外に表現をする事は出来ないのが現実です。

 自分の事や国の事を考えてもそんなピュアさは感じる事は出来ませんからね・・・

 お孫さんが生まれそうですか・・・嬉しい限りですね。 タイランドでは祖父母が子供を育てますが、そろそろ回ってきましたね。
 素晴らしいと思います。 若しもお孫さんが来られましたら、是非騙せて下さいね。

投稿: AKIさん | 2014年4月 1日 (火曜日) 午後 11時13分

Aki様

小学生の癖に悟りきったようなことを言う日本と比べて、タイの子供たちはまだまだピュアですよね。
さらに田舎に行けば、「あぁ、子供ってこんなにピュアなんだ」と思うし、大人が守らなければ、とも感じますよね

うちの娘はソンクラーンに結婚式を挙げます
おそらく近いうちに子供もできるんじゃないかと思います

うちのは、口では子育てなんて...と言っていますが、内心は楽しみにしているようですww

私も楽しみなんですけどねww

投稿: ekamai | 2014年4月 1日 (火曜日) 午後 07時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子供を連れてタイランドの英雄に:

« 一寸先は闇でもサヌック・マーク | トップページ | 明日の気分は継続するか? »