« 自慢と本当の事との違い ② | トップページ | 朝から酒盛り、宴会の世界 »

2014年3月12日 (水曜日)

イチャー・マーク・ロウ

64 タイガールを見ていましたら、これほど嫉妬をするのかと感じる事がありますでしょ。

 何時の頃からこんなに嫉妬深くなってしまったのでしょうか。 気になる処ですが、あまり理解をしている人がいませんので、生まれたところから棺桶までを知っている私が解明をしてみましょうね。

 実はタイガールの場合は、生まれ持ったもので嫉妬深くなってくるのは3か月くらいから起こってくるみたいですね。 しかしは嫌いですが、日本でも小さな子供も嫉妬深い感情を出していますね。

 その後は変化してくる様子ですが、タイガールの場合は小さい事のモノをいつまでも持ち続けますからね。

                 

65 何でも自分のモノにしないといけませんし、タイガールの場合は世界でも有数の独占欲が強い女性ですから、生まれて死ぬまでは嫉妬も持ち続けるのが普通みたいですね。

 内でも愛妻は当たり前ですが、愛妻の母親も結構嫉妬は強いですし、娘はそれ以上に嫉妬感は強いです。 でも、感情のコントロールが出来ない一緒に住んでいる愛妻の兄貴の娘が一番嫉妬が強くて大変ですね。

 私は本当の父親だと思っていますから、ばあちゃんや娘に対して感情むき出しで嫉妬感を露わしますからね。 まるで問題のある韓国人特有の火病みたいな感じですから心配ですね。

 これは生涯続いていて治る事はないって事ですから、タイガールとの人生を選択した方は諦めにと行けない事です。

 でも、考え様によってはこんな素晴らしいモノはありませんよね。 嫉妬ややきもちを焼いてくれると言う事は生涯我々が最高の男であって、愛すべき対象としては変化をする事がないと言う事ですからね。

 私は素晴らしいと思います。

 「嫉妬ややきもちがあるのはしょうがないと思うわよ。 だって自分が愛する人は最高でこれ以上はないんだから、周りでは馬鹿な女が狙っているのは当たり前の事でしょ。 心配で心配でしょうがないからね。」

 心の底からの真実みたいです。

 と言う事は、我々男は死ぬまで、死んでも愛し続けてもらえて彼女達のメインで居続ける事が出来るという事ですからね。 粗大ごみにはなり得る事はないと言う事ですから、感謝しないといけない事ですね。

 考えましたら嫉妬感のない生活はクリープを入れないコーヒーみたいなモンですからね(古くて理解できない人がいらっしゃると思いますが・・・・・もし気になりましたら、調べてみて下さいね)。

 イチャー・マークは最高のモノなんだと考える事が出来ないといけませんよね。 でないと、タイガールとの生活は中々出来ない事ですからね。 

 嫉妬ややきもちは嬉しいモノなんだと考える様にならないといけませんね。 私も最近では諦めて・・・・・否、嬉しい事だと心から思える様になってきましたから、幸せいっぱいですよね。

                

66今回の教訓です。

 タイガールとの生活では日本人的に考えると少し違っている事がありますので注意をしないといけませんよね。

 でも、嫉妬と言うのはタイガールの大きな特徴の一つですから、それを否定をする事は出来ませんからね。

 「嫉妬しない事は出来ませんよ。 愛する人に対していつも心配で心配で仕方がないのは普通でしょ。 愛する人が心配でないなら一緒にいない方が良いんじゃないですか。 私は一緒にいても心配だわ、だってどこからこんな素晴らしい男性を狙っている人がいるか解らないんだからね。」

 そこまで心配をしないでいいと思いますが・・・・・

 タイガールの場合は、自分が愛する男はそれはそれは最高級の男で、小さな女の子が父親は世界で一番だと疑わないのと同じ様な感じなんでしょうね。 小さな子供は覚めて行きますが、タイガールは覚める事がないと言う事なんでしょうね。

 素晴らしくてありがたい事ですね。

                 

|

« 自慢と本当の事との違い ② | トップページ | 朝から酒盛り、宴会の世界 »

タイガールの深層心理」カテゴリの記事

コメント

ekamai 様。
 有難うございます。

 私の場合はやきもちを焼かれるのは嫌いではありませんでしたが、はっきりと私から愛されていると感じた時には、想像を絶する焼きもちと嫉妬の嵐でしたので、圧倒をされましたが愛情の裏返しなんだと感じる事が出来ました。

 内の場合は日課と言うよりも挨拶代りみたいな感じなんでしょうね。 ない時の方が、こちらが心配をしてしまいますからね。

投稿: AKIさん | 2014年3月15日 (土曜日) 午後 01時48分

Aki様

初めのうちは嫉妬ややきもちの凄さにびっくりしますが、そのうちにそれが居心地良くなりますねww

嫉妬されたりやきもちを焼かれたときに変に言い訳したりすると、話がとんでもない方向に行きかねませんから、いつも「ありがとう」と返していますww

1日中一緒に居てもやきもちを焼きますから、ある意味「日課」なんじゃないですかねェww

投稿: ekamai | 2014年3月14日 (金曜日) 午前 08時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イチャー・マーク・ロウ:

« 自慢と本当の事との違い ② | トップページ | 朝から酒盛り、宴会の世界 »