« リフォーム物件が流行時 | トップページ | マッサージ屋でのひと時 »

2014年3月 7日 (金曜日)

日本人相手の商売よりも

49 BKKやタイランドでは、日本相手の仕事ってモノは今までも結構ありますよね。

 でもねぇ、最近は日本人相手の仕事では儲からなくなってきましたよね。 まぁ、私はあまり関係はないですが、日本人相手が少なくなるのは少し悲しいですね。

 日本人専門の日本人倶楽部だって、コリアクラブやチャイナクラブやファランクラブ・・・・・女性専門のクラブへと変化してきている現状をみましたら、元の風俗研究家としては悲しさを隠しきれませんね。

 専門が無くなると寂しいですよ。

                 

50 タイランドの場合は、今まではアメリカ軍のご用達のGOGOバーと日本人ご用達の日本人倶楽部とこじんまりとした華僑の旅社なんかが普通でしたね。

 他にもお風呂屋色々なマッサージなどもありましたが、タイランドの場合は日本人相手の風俗が全てなんだと言っても過言ではないほどの盛況ぶりでしたね。

 昔は日本人はお金持ちだったんですね。

 まぁ、バブル時には株価でも4万円に近づく勢いでしたし、飛ぶ鳥を落とすどころか飛んでいる飛行機や衛星までも落とせる勢いでしたからね。 タイランドを席巻しても当たり前の様な感じでしたね。

 ところが20数年が経ちまして、確かの最近は少しはましになってきているという話ですが、タイランドの夜は日本人だけでは生活をする事が出来ない様な状況になってきているみたいですね。

 失礼しました、日本人のおじさんを相手にしては成り立たないという意味でしたね。

 最近ではアジアがドンドンと出てきていますが、性格が悪くて世界中で問題を起こしている中国人と、嘘と捏造だけを国家単位でしている韓国が進出おいてきて風俗の世界でも専門店も出てきていますね。

 それでもその関係の経営者の話を聞きますと、この国は先にも途中にも終わる頃でも文句ばっかりですから結構大変ですし、最近では女の子を集める方が大変になってきているみたいな感じです。

 この頃の流行は、おばちゃんを含める女性への対応とハーフ(おかまちゃんとお鍋ちゃん)への力の注力が普通になってきますから・・・・・

 これでは日本人のおじちゃんたちの出番なんかは無くなってきますよね。 もう直ぐしたら、タイランドの夜の世界から日本人のおじちゃんたちが駆逐されてしまった時期が来るかもしれませんね。

 寂しい限りですねぇ。

 これを打破するのは、お金だけを湯水のごとく使うというのではなくて、真摯で素晴らしい中年のちょい悪おじさんを演じる事が出来て、男として粋で恰好が良い遊びが出来る様になるのが一番の様に感じます。

 確かに最近は金が全てなんだと言われていますが、でもタイガールの場合は、お金では一切動かないと言えるところがありますので、男はやっぱり粋で真摯でないといけないという事でしょうね。

                 

51今回の教訓です。

 今日は大した教訓はありませんが、まぁ、寂しいだけではこの境遇を打破しないといけませんね。

 日本人のおじさん達がいつまでもトップを張り続ける為には、どうしないといけないのかと言う事を検討をして、それを間違いなく実行をして行かないといけないという事なんでしょうね。

 取り戻しましょうね。

 私はあまり皆さんのお力にはなれないかもしれませんが、仕事などで夜も街にも出没する様にします。

 取り戻しましょう、トップの座を!

                 

|

« リフォーム物件が流行時 | トップページ | マッサージ屋でのひと時 »

お店情報」カテゴリの記事

コメント

ekamai 様。
 有難うございます。

 仰る様にお金の使い方が下手になって来たんでしょうねぇ。 日本人は基本的には外では金離れが良いと言うので有名でしたが、最近は出し惜しみや後から値切るなどの、中国人や韓国人と同じ様な感じになってしまったんでしょうね。

 たくさん使うと言うのではなくて、元々のお金の使い方に戻らないと日本人の人気も駄目になってしまうんでしょうね。

投稿: AKIさん | 2014年3月11日 (火曜日) 午後 03時20分

Aki様

タイ人が、日本人はお金持ちと思う背景には、気前の良さがあったはずですよね

気前の良さというのは、ただお金を使うのではなく、必要なときはドーンと行く、事だと思いますが、最近は中国人並みの渋ちんが多いと嫁がぼやいてますww

同じ金額でも使い方一つで「気前よく」にも「渋ちん」にもなりますしね

夜のお店が寂れてきたのと、渋ちんの増加には相関関係がありそうですね

投稿: ekamai | 2014年3月 8日 (土曜日) 午前 08時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本人相手の商売よりも:

« リフォーム物件が流行時 | トップページ | マッサージ屋でのひと時 »