« 阿呆な感覚と賢い感覚 | トップページ | チェックと決断の関係を・・・ »

2014年5月29日 (木曜日)

取ってつけた様な大きな感動

01  男の方が真剣に愛して(?)いて、そうしてタイガールの方が覚めている場合は、色々な事をしましたら、大げさに感動をしてくれますよね。

 特に男の方が妄想を抱いている場合は、傍から見ていると可笑しいくらいの感動をしている様な感じに見えますが、この大げさな感動は少し曲者ですから注意が必要ですね。

 感動をされて変に喜んでいる自分はいませんか?

 どんな感じか検証をしてみましょうね。 そして、具体的にそんな感動をしているタイガールにどういう感じなのかをインタビューをしてみましたので、参考にしてみて下さいね。

                 

02  男が真剣でタイガールが真剣でない場合は、男は結構悲惨ですね。 まぁ、タイガールだけではなくて男だけの片思いの場合は、ドラマ的よりも喜劇的ですからね。

 タイガールの場合は、基本的には優しいですから直ぐに否定をすると老い事はありませんし、男が色々とやってくれる場合にも感動を見せてくれます。

 その表面的な感動にまたまた妄想を大きくしてしまうと言う事になってしまいます。 負のサイクルに陥ってしまうんですね。

 「う~ん、あんなに真剣になってくれているんだから、貴方の事は何も感じていないし、愛すると言う事は一切ないわよって事なんかは言う事は出来ないでしょ。 だって可哀想じゃないですか。

 私達がするのは、色々としてくれたことに対して喜んでいるふりをしてあげると言う事で、その内自分で気が付くんだろうなぁと思っているけど・・・・・だって、相手は真剣なのよ、それを否定をする事は出来ないでしょ。」

 ・・・・・若しかすると恐ろしい事なのかもしれませんね。

 タイ人の性格の中に、道を聞かれたら知らないと言ったら相手は失望するだろうなぁと思うから知らないでもついつい教えてあげると言う事がありましたが、少しそこにも似ていますよね。

 最終的な事を考えるのではなくて、その場はどうなんだと考えてしまうのがタイ人であって、タイガールなんだと言う事を忘れてはいけませんね。 

 決して騙している訳ではありませんし、嘘を言っている訳ではないんですが、その場で否定的な事をしてしまったら相手は直ぐに落ち込んでしまうんだろうなぁと思った場合は、落ち込まない様に振る舞ってしまうんですね。

 これを嘘と言ってしまってはいけませんで、これがタイガールの性格なんですから、それに我々男が対応をして行かないといけないと言う事なですね。 常に勉強をしておかないといけないと言う事なんでしょうね。

 でもねぇ、考えると妄想を直ぐに大きくしてしまいがちな日本人の男とその場をハッピーにしようとするタイガールの性格を考えましたら、間違いや勘違いをしてしまう男が増えると言うのも頷けますね。

 「しょうがないんじゃないの。 その時に不幸にならない方が良いと思いませんか? だってその場で落ち込んだ顔なんかを見るのは嫌でしょし、相手も落ち込みたくはないと思うんだけれどもねぇ。」

 この感覚だけは忘れてはいけませんね。

                

03 今回の教訓です。

 う~んとうなってしまいそうですが、これが普通なんだと言う事を覚えておいて、忘れてはいけませんし、持参は今はどんな状況なのかを検討をしないといけません。

 まぁ、殆どの場合は男の妄想が十中八九なんだと考えておいた方が正解なんでしょうね。

 私が今まで聞いてきた男の言葉で、相手のタイガールはこんな感じで俺の事を・・・・・と言っていた人の場合は、97~8%は男がその性格を見抜く事が出来なかった為に起こった事でした。

 若しかしたら皆さんの中にも思い当たる点があるかもしれませんね。

 考え様によっては素晴らしくて可愛い所なんでしょうが、考え様によっては恐ろしい事ですから努々忘れてはいけませんね。

 大きな教訓ですよ。

                

|

« 阿呆な感覚と賢い感覚 | トップページ | チェックと決断の関係を・・・ »

タイガールの裏話」カテゴリの記事

コメント

ekamai 様。
 有難うございます。

 何でも壁があるのでしょうが、壁は中々超える事は難しいのかもしれませんね。
 でも、少し考えると簡単な事なんでしょから、出来ればその小さな壁を越えて頂いて、楽しい人生を選択して欲しいと思います。

 ほんの少しの努力なんですけどね。

投稿: AKIさん | 2014年6月 4日 (水曜日) 午前 05時41分

Aki様

「大げさな感動」の対極にあるのが「瞬間湯沸かし器」ですねwww

ここを超えるかどうかが大きな壁ですねww

投稿: ekamai | 2014年5月31日 (土曜日) 午前 12時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 取ってつけた様な大きな感動:

« 阿呆な感覚と賢い感覚 | トップページ | チェックと決断の関係を・・・ »