« お騙しクラブの面々 ① | トップページ | お騙しクラブの面々 ③ »

2014年6月23日 (月曜日)

お騙しクラブの面々 ②

76 今日も昨日からの続きとなります。

 昨日の話も冷静になってきいていましたら馬鹿らしいですし、そんな事で騙される事があるのかと思ってしまいますが、頼永お人よしが多いのか、タイガールの魔術が凄いのか・・・・・

 どちらなんでしょうね。

 前置きはこれくらいにして、今日もお騙し倶楽部の面々の話を聞かせて頂きましょうね。 今日は参考(?)になるでしょうか?

                

77  昨日の洪水の話も面白かったですね。 今日はどんな話を聞かせてくれるのでしょうか。

 楽しみですよね。

 このママさんに言わせましたら、たわいもない話をして、それをどうして信用をする事が出来るのかなぁと思うけど、でも騙されたと言っている人はいつもこんな感じよって事でした。

 では本日のお題を頂きましょうね。

 ・・・・・

 「AKIさん、先週ね、私のお父さんが死んじゃって・・・・・私も家族も大変になってしまったのよ。 お父さんがいなくなってしまったから、借金までもあって悪い人に追いかけられているのよ。」

 

 「あれれ、お父さんは半年前に死んだんじゃなかったか?」

 

 「そうそう間違っちゃったわよ、それはお母さんの間違いなのよ。 そうお母さんが家の事を仕切っていたから・・・・・でも、お母さんがいなくなったら最悪で後に残された妹や弟たちはどうしたら良いのか・・・・・(ヨヨヨ・・・・・)」

 

 「あれれ、お母さんがいなくなったからこの業界に入ったんじゃなかったのか?」

 

 「そうそうそうなのよ。 本当のお母さんが亡くなったからこの業界に入ったのよ。 私が言っているのは、新しいお母さんの事で後妻さんの事なのよ・・・・・お父さんも一人では大変だから後妻さんを貰ったのよね。」

 

 「ふ~ん、でもお父さんもみんな死んでしまって、後妻さんが兄弟を見ているのか、そりゃ大変やなぁ。」

 

 「そう思うでしょ、それに借金よね。 私は知らなかったんだけれどもお母さんとお父さんの借金だけで100万Bもあって・・・・・どうして支払って行けば良いのか解らないし、AKIさんしか頼る人がいないのよ・・・・・ね、お願い!!

 

 えっ、そんなにお金はない? そうなのしょうがないわねぇ、だったら30万B位で話をつけるから・・・・・・うん、問題はないと思うわ。 お母さんと相談をするから・・・・・そうそうお母さんは死んだから、おばあちゃんと相談をするわね。」

 ・・・・・

 ⇒ 話の中身が面白すぎますよね。 三文小説でもこんな設定はありませんし、誰を殺してしまったのか解らなくなっていますから、嘘はバレバレの筈ですよね。

 それに、ここでもそうですが、借金は3分の1になっているんですから、こんなアバウトな問題ってあると思われますか? 騙されたとか騙したとかって言われるモノは、殆どはアバウトですよね。

 そうそう、おばあちゃんは一番最初に死んでしまったらしいですけどね。

                

78  こんな事で騙さると言うのは漫画以下の様に感じるのですが、現実はこんな感じなのかもしれませんよね。 

 若しかしたら皆さんは私が嘘を並べていて騙そうとしているとお感じになっていませんか? そんな事はありませんで、現実とはこんな感じの馬鹿げたモノが多いんですね。

 本日はここまで!

 明日には完結をさせますので、もしお暇な方はお越し下さいね。

                

|

« お騙しクラブの面々 ① | トップページ | お騙しクラブの面々 ③ »

注意:お気をつけ項目」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お騙しクラブの面々 ②:

« お騙しクラブの面々 ① | トップページ | お騙しクラブの面々 ③ »