« お騙しクラブの面々 ② | トップページ | 感じさせる事が出来る男へ »

2014年6月24日 (火曜日)

お騙しクラブの面々 ③

79 昨日と一昨日に渡ってお騙し倶楽部の面々の話を聞いてきましたが・・・・・どう評価をして行ったら良いのか解らない状況なのは私だけでしょうか?

 不思議な話もあるもんですね。

 確かに自分の事は見えないと言われていますがこれほど見えない事があるのでしょうかねぇ。 不思議を通り越して滑稽になってきますが、皆さんはこんな事はないと思いますがお気を付け下さいね。

 では、今日には完結をさせたいと思いますので、進めて参ります。

                

80  世の中には不思議な話はあるもんですよね。 不思議を通り越して作為的な様に感じてしまいますね。

 本日の完結編は、3人目の肩に登場を願って、では今まで私が聞いてきた中で一番多かった古典的な話をご紹介をさせて頂きましょうね。

 馬鹿らしくなっても途中では帰らない様にして下さいね。

 ・・・・・

 「AKIさん、妹が病気になってしまって・・・・・・そうしてももっと悪い事に弟はバイクの事故で仕事が出来なくなってしまって、それも今では入院をしているんですよ二人ともね。 私たち兄弟はどうしてこんなに不幸なんでしょう。」

 

 「そりゃ大変やね。でも、兄弟って3人だった? 二人って聞いたように感じるけど・・・・・」

 

 「えっ、そうだったかしら! 内の兄弟は5人兄弟なのよ。 後妹一人と弟一人がいて、この弟はこれも事故を起こしてしまって、逆に相手をけがをさせて、賠償金や慰謝料を払わなくてはならないのよ。

 

 それに一番下の妹は・・・・・あれ、なんだっけ? う~ん、まぁ、兎に角大変な事になっているみたいで、誰が何をしたのか解らないくらいの問題になっていて、私は昨日は癌だって言われてしまったし・・・・・」

 

 「え~、えらいこっちゃなぁ。 どうしたらええのんやろうか?」

 

 「お金に決まっているでしょ、何でもお金があったら解決をする事が出来るのよ。 私の癌だって来週には治っているわよ。 だから全部で100万B倉は必要なんじゃないかと思うんだけど・・・・・」

 

 「100万ねぇ、そりゃ無理やわ!3分の1くらいやったら何とかなると思うけど・・・・・」

 

 「AKIさん、30万Bで十分よねぇ。 そんなに甘えたりしていたら、駄目だろうし・・・・・それくらいでOKだと思うわ、私も来週には癌なんかは治っていると思うから、パタヤでも行きましょうね。」

 ・・・・・

 ⇒ ・・・・・なんか嘘くさくなってきた様に感じます。 

 そうしてママさんを問い詰めましたが、これは絶対あった話で大げさに言っているとかフィクションをしゃべっているとかは一切なくて、騙されて・・・・・って言う話は普通はこんなたわいもない話なんだと怒られてしまいました。

 こんなたわいないとか馬鹿らしい話を信じたのか同課は解りませんがお金を出した人がいるのは不思議でしょうがありませんよね。

 ママさん曰く、

 「どう考えても騙されたいとしか見えないでしょ。 もっと酷い話や馬鹿らしい話もあるんだけれどもAKIさんも信じないみたいだし、私も話をするだけでも馬鹿らしい気がするから今日はこれくらいにしておくわね。」

                

81 今回の教訓です。

 真実は小説よりも奇なりって言葉がありますが、真実はこんなバカらしい話なんだと言う事なんでしょうね。

 タイガールが話をする嘘っぽい話は、必ずと言っても良い程アバウトで、ちょっとどこかを突いたら崩れてしまうと言う様な話ばっかりが普通です。

 騙されると言う事はないのが現実なんだと思いますが、なんかの拍子に魔法にでも掛かってしまっているのでしょうね。

 気を付けないといけませんね。

 でも、馬鹿らしいと私も言っていますが、今までも馬鹿だなぁって傍から見ていた内容なここ三日くらいの話が普通でしたからね。

 お互いに騙されたいんでしょうって言われない様にしないといけませんね。

                

|

« お騙しクラブの面々 ② | トップページ | 感じさせる事が出来る男へ »

注意:お気をつけ項目」カテゴリの記事

コメント

ekamai 様。
 有難うございます。

 ホグワーツですよね。 タイガールは殆どの女の子はハリー・ポッターですし、すべての女の子は魔法の杖を持っているんだと言ったのは内の愛妻ですからねぇ。

 魔法の成果で頑張る事は出来ないのは世の中の常ですから、諦めるのが肝心なのかもしれませんよね。

 ちょっと悔しいですが・・・

投稿: AKIさん | 2014年6月26日 (木曜日) 午後 11時11分

Aki様

なかなか愉快なTGですね
さすがに私もここまでアバウトな話は経験が無いですねww

私の場合は、話のつじつまが合わなくて突っ込むと、急に日本語が分からなくなるというTGがいましたねww

お店の中はホグワーツ城ですから、魔法から逃げる術はありませんねww

投稿: ekamai | 2014年6月26日 (木曜日) 午前 12時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お騙しクラブの面々 ③:

« お騙しクラブの面々 ② | トップページ | 感じさせる事が出来る男へ »