« 気分は良いけど、明日には繋がらない | トップページ | 悲惨な子供達の現状 »

2014年8月27日 (水曜日)

生みの親と育ての親と心の親

076

 タイランドの場合は、子供を最後まで見るのは母親の仕事のような感じですから、親というのが色々と出てくるみたいですね。 最近では母親もこのごろは母親も子供を捨ててしまって孤児になる場合も少ない様子です。

 普通に育てる場合でも子供達は3タイプの親の事を考えてしまうみたいですよね。

1. 生みの親

 

2. 育ての親

 

3. 心の親

 若しかしたら真実に迫れるかもしれませんね。

                 

077

 タイランドの男性の俳優さんは元々はタイ人100%なんですが、母親が離婚をして再婚者が日本人となって、しっかりと手をさし述べて、親子になったのは有名ですね。

 未だに自父この人以外はいないと言っています。

 タイランドの場合は、どうしてもダメンズが多くて、直ぐに逃げてしまって父親の責任を放棄をする男が多いですから、生まれて来てから大きくなるまでの色々な父親が出来るか、全くできないかと言う子供が非常の多くなります。

 内の田舎にもシングルマザーが沢山いますからね。

 私なんかはそんな子供を帰った時には色々な所に遊びに連れていきますし、食事にも連れて行きますし、大したものではありませんが買ってやると言う事もしますので、現時点では心の親と言う存在になっている様な感じですね。

 タイランドの場合は、逃げた男がいましてもコミュニティー全体でその子供の面倒を見ますし、もしも食べれないと言う事であったらならば、手助けもすると言う事が普通に行われていますから、特に女の子は素晴らしく優しくて親やひと思いのタイガールになって行くと言われています。

 男の場合は、甘やかされると言う事はありませんで、頑張る事を小さな頃から覚えますから、タイランドドリームに近い人間雄生まれてきますからね。 但し、両方とも学歴社会ですから大きくなっても苦労をしますからね。

 私の場合は、生みの親や育ての親にはなる事は中々出来ませんが、心の親になることぐらいは出来ますので、出来るだけそういう風にしようと考えちますが、けっこ大変ですよね。

 本物は文句を言いながら大変ですし、又、勘違いをしてしまっている子供も出てきますからね。

 皆さんもタイガールとの結婚をしましたら、若しかしたら連れ子がいるかもしれませんし、田舎や周りにはてて無し子がいるかもしれませんから、出来るだけ優しい親の様に接してあげると言う事をして頂くと素晴らしい子供が大きくなってきますからね。

 飲んでいる時にも、小さな子供が働いている時にもそうですが、心の親になっあげると言う感覚だけは是非お願いしたいと思います。

                 

078

今回の教訓です。

 タイランドには親がいない子供が沢山いますが、我々大人が心の親にでなる事が出来ましたら、素晴らしい事になるんじゃないかと思います。

 私も少しは何とかしたいと思っております。

 色々とお世話になっているタイランドやタイガールに少しでも恩返しとと言うと大げさですが、子供を何とかすると言うのは良い感じになるんでしょうね。

 宜しくお願いします。

                 

|

« 気分は良いけど、明日には繋がらない | トップページ | 悲惨な子供達の現状 »

タイランド文化とタイ人学」カテゴリの記事

コメント

ekamai 様。
 有難うございます。

 日本だけではないと思いますが、生みの親よりも育ての親が一番だと思いますし、普通はそんな感じなんでしょうね。

 又、タイランドの場合は、生みの親を知らない場合が非常に多いですからね。
 ポーを知っている子供は少ないのが可哀想でしょうがないです。

 でも、ekamaiさんもポーになりましたね。おめでとうございます。

投稿: AKIさん | 2014年8月31日 (日曜日) 午後 07時31分

森 様。
 有難うございます。

 そうですね・・・タイガールの場合は男の子を大切にして、甘やかせるだけ甘やかすと言うのは普通ですからね。
 でも、その所為で・・・

 うまく話をしてやるのが一番良いのでしょうけど、出来れば気を付けて少しだけ諌めてあげると言う事が出来ると良いのですが、地雷を踏まない様にしないといけませんが。

投稿: AKIさん | 2014年8月31日 (日曜日) 午後 07時29分

Aki様

うちのには娘がいますが、既に30歳w

さすがに面と向かって言うのは恥ずかしいみたいですが、うちのと話すときは「ポー」と言ってるようです

娘が物心つく前に父親は逃げてしまいましたから、彼女は初めてで唯一の父親だと思ってくれてるんでしょうね、嬉しいことです

日本以上に離婚再婚の多いタイですから、「生みの親より育ての親」なんでしょうね

投稿: ekamai | 2014年8月28日 (木曜日) 午前 08時31分

お久しぶりです。今、私が結婚を考えている彼女には19歳の息子がいます。話を聞いていると甘やかしている、、、思うのですが、言えないですよね。
弱増です。

投稿: 森さん | 2014年8月27日 (水曜日) 午後 11時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生みの親と育ての親と心の親:

« 気分は良いけど、明日には繋がらない | トップページ | 悲惨な子供達の現状 »