« 結婚はビジネスに決まっているでしょ | トップページ | タイ撫子の数奇な人生 ② »

2014年9月17日 (水曜日)

タイ撫子の数奇な人生 ①

037_2

 田舎にいたタイガールなんですが、どうしても日本人との結婚をしたいと思たって、BKKに行く事になりましたが、中々うまく行く事はありませんよね。

 特に彼女の場合は、夜の世界には入らないと言う事ですし、学歴もあまりありませんから日系企業に入ると言う事も出来ませんから・・・・・でも、どうしても憧れの日本人との人生を欲します。

 検討を続けていますし、機会を自分で作ろうとします。

 結構数奇な人生になっている様な感じですね。 そうして、彼女はどうなって行くのでしょうか? 又、最終的に目標を達成をする事は出来るのでしょうか? (マークが太陽ですから・・・・・ね)

                 

038

 BKKに出てきましても、夜の世界には入らないと言う事は、レストランなどのウエイトレスか、コンビニやFFSの店員か、マッサージしになっていくのか・・・・・

 彼女は考えましたら、日本人と接することが出来るのは、確実にマッサージ師になって、頑張って、常に指名を受ける様な存在になる事が出来ると日本人と知り合う事が出来て、自分が頑張って運が良ければ日本人との結婚が可能になると考えたみたいです。

 流石にタイガールは目的がしっかりしていて、目標も明確になっている場合はびっくりするくらいに力を出す事が出来ますね。 自分が持っている以上の力を出すんですから、びっくりしますね。

 彼女はマッサージの技術の習得と日本語の習得の為に寝る間も惜しんで勉強をすると言う事と、それに仕事の時には誰様であろうと一切手を抜かないで、真面目にマッサージを続けますし、体の悪い所をなおうと言う感覚で仕事に取り組みます。

 当たり前の事ですが、ドンドンと人気が出てきますし、指名は常にありますし、毎日、毎時間が指名で一杯だと言う感じになって行きます。

 売れっ子です。

 今までは、お店で寝泊まりをしていると言う感じでしたが、仕事で見る見るうちに給料尾取れる様になってきましたし、チップも沢山もらえる様になってきましたので、自分で小さなアパートを借りて住む様になってきます。

 仕事は充実していますが、未だに日本人との結婚と言う目標は達成する事は出来ません。 それ以前に自分い近い年齢の男性は来ないですから、おじさんやおじいちゃんい可愛がってもらうと言った感じですね。

 でも、この彼女は仕事に手を抜くとか、日本語の勉強に手を抜くとかって事はなくて、日々を暮らしていきます。

 アパートを借りましたが、殆ど使う事もありませんし、無駄に感じた彼女はまたまたお店に住み込みまして、仕事に精を出す様になってきます。 アパートからお店に移ってきた頃に小さな出来事がありました。

                 

 そろそろ時間が来てしまいました。

 なんか蛇の生殺しの様な状態での終わり方ですよね。 誠に申し訳ございませんが、明日に話を回させて頂きますね。

 明日お暇でしたら、お越し下さいませ。

 至誠と真面目さは天に必ず通づると言う話の完結編をしたいと思いますので、お待ちしております。

                 

|

« 結婚はビジネスに決まっているでしょ | トップページ | タイ撫子の数奇な人生 ② »

タイガールの裏話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タイ撫子の数奇な人生 ①:

« 結婚はビジネスに決まっているでしょ | トップページ | タイ撫子の数奇な人生 ② »