« ミステリー・ナイト・メア | トップページ | 知人の追っかけ日記と人生 ① »

2014年10月23日 (木曜日)

可愛い子供には旅をさせろってか?

046_2

 タイランドは本当に子供を可愛がります。 特に男の子は、猫っ可愛がりをしていますから、大人になっても・・・・・って事ばっかりですよね。

 でも、特に華僑系のタイ人の場合は、教育方法を変化させている場合が非常に多いみたいですね。

 そうです、日本で昔から言われ続けていた、

 「可愛い子には旅をさせよ!」

 です。 最近のタイランドの教育的な関係がどんなものなのかをご紹介をさせて頂きましょうね。 そろそろ内も旅をさせる時期になってきましたからね。

                 

047_2

 内の場合は、元々タイランドに住んでいる娘ですが、可哀想になる事があります。

 でも、私の経済状況でしたら、タイランドでは十分な事をしてあげる事が出来ます。 今も私立学校に行かせることが出来ますし、もう一年を頑張ってジュニアハイスクールでは、寄宿舎制の良い学校に行かせることも出来ます。

 本人は少し寂しがっていますが、最近では自分は他人様よりも優遇を受ける事が出来ていると言う認識も出てきましたし、有名校に入りたいと頑張っていますから、親としては出来る限りの援助をして行かないといけません。

 ・・・・・

 タイランドの場合は、そこそこのお金持ちになりましたら、又華僑系のタイ人の場合ですと、親もとにおいていないで中学生になりましたら全寮制の学校に入れると言う事が普通になりつつあります。

 可愛い子には旅をさせろと言う事なんでしょうね。

 これが出来ましたら、日本人と違て自立性が育まれてきますし、自分で何でもできる様になってもきますし、まだまだタイランドドリームのある国ですから、将来性としては期待が出来る様になってきますね。

 相当の金持やあまりお金を持っていない家庭の場合は、逆にそんなところには入れないで面倒を親や祖父母が見ると言った感じですから、甘い環境にどっぷりと浸かってしまって、・・・・・って感じになり易いみたいですね。

 可愛い子に旅をさせると言うのは親としては非常に心苦しい事ですが、子供の将来の為には必要でしょうし、私の場合はこれから働いても10年少しくらいですから、一人でも余裕が持てる様にしてやらないといけませんからね。

 特にタイランドの場合は、未だに学歴主義が社会を取り巻いていますから、大学やマスターくらいは出してやらないと社会に出て苦労を重ねると言う事になってしまいますからね。

 日本で一緒に楽しくすると言う事も必要なんでしょうが、小さい頃から将来を見据えて頑張らせると言う事は非常に重要な事でしょうし、ここに華僑系とタイ人との差が出てくると言う事も否めない状況みたいですね。

                 

048_2

今回の教訓です。

 どちらが正解と言う訳ではないと思われますが、しっかりと将来を見据えている親は、子供に旅をさせると言う事が普通になりつつありますし、日本以上に全寮制の中学校は多いですからね。

 内の娘の場合は、私の友人の奥さんを目指していると言いながら頑張っていますから、私としては応援を続けてやらないといけませんので、まだまだ引退をしてゆっくりと言う訳には行きませんね。

 皆さんもおこさんがいらっしゃる場合には、色々と検討が必要なのかもしれませんよねぇ。

 内の愛妻に言わせましたら、

 「今楽をして、楽しむよりも先の方が長いんだから、今の内に頑張らないといけなのよ。 それに、パパが頑張れるときに頑張ると言う事を教えておくと、あの子は旦那さんを見習って必死に頑張る事が出来るんだからね。

 

 だってあの子はパパが全てで、パパの様になりたいっていつも言っているくらいだし、大人になったら自分がパパの事がちゃんと見ないといけないと言う使命感に燃えているからね。」

                 

|

« ミステリー・ナイト・メア | トップページ | 知人の追っかけ日記と人生 ① »

タイランド文化とタイ人学」カテゴリの記事

コメント

deki 様。
 有難うございます。

 父親の言う事は聞かないで・・・確かに私も大学の時には父親の言う事なんかは一切聞かなかった経験がありますが、今思えば聞く耳だけは持っていた方がよかたなぁって思っております。

 息子さんも息子さんなりに色々意図考えているのでしょうね。 デモ、父親の言う事なんかは聞きませんよね。 内の息子も母親の言う事は少しは聞きますが、私の言う事は無視です。

 娘はとりあえずは聞く耳だけは持っていますが。

 私も世界中を見るということには賛成ですね。 日本だけを見ていると今後は方かたわにでもなった感じになってしまいそうですね。

投稿: AKIさん | 2014年10月27日 (月曜日) 午後 03時30分

AKI 様

私の息子は難関大学に在学中だが、父親(私)の助言も聞かず、公務員試験に合格する事は出来なかった。準備も十分せず地方公務員1本とは・・・・自信過剰、甘い!

私は「サラリーマンだけが人生でない。JAICAに登録し世界を見て経験を積むのも良い!」
と言ったが、また、無視だろうな~。
「ま、自分の人生、よく考えろ」と最後に伝えた。

早く旅立ってくれ~

投稿: deki | 2014年10月24日 (金曜日) 午後 12時40分

ekamai 様。
 ありがとうございます。

 仰る通りに学歴社会では必ずひずみが出ますね。 私もその考えには賛成です。 我々が憧れるタイランドの良さは無くなってしまいますからね。

 でも、私の場合は年齢的に娘を手助けする時間が少ない為に何とか自分で自立が出来る様にしてやりたいと考えています。

 親馬鹿ですね。
 (本当はこれでは・・・って思っているのですが)

 ・・・
 田舎に行かれましたか、それはとっても楽しい時間を過ごされたと思います。 田舎は本当に最高ですよね。

 私も手首にひもを沢山巻いて頂きましたし、それを今でも宝物の様に持っていますからね。 最高の気分でしたね。

 BKKでは、タイランドを少しは感じる事は田舎に行きましたら、その中に浸る事が出来ますから、心から全てを洗ってくれる思いがします。

 先日もタンブンをして、またまた手首にいっぱいのひもを巻いてもらって、涙が出そうなくらいに感動をしました。

投稿: AKIさん | 2014年10月23日 (木曜日) 午後 11時27分

Aki様

実は祝日に有休を合わせて4連休にして、嫁の田舎を初めて訪問しています

嫁は私に内緒にしてたんですが、結婚披露の帰省でした

バンコクでは結構イライラすることも多かったんですが、久しぶりに「微笑みの国」にいるんだと実感しましたw

Akiさんもしてもらったと思いますが、手首に結んでもらうひもが50本近くになりました

人が温かいというのは良いもんだと、再認識しました

投稿: ekamai | 2014年10月23日 (木曜日) 午後 11時10分

Aki様

日本の学歴社会も相当ですが、タイは明らかにそれ以上ですね

初任給はともかく昇給のペースが雲泥の差ですから、30歳で3倍以上の差が付くことも珍しくないですね

そういう背景もあって猫も杓子も大学進学を希望してますし、大学も雨後の竹の子のように出来てて、これも日本と同じで、大卒なのに使えないのもいっぱいいますねw

ただ、進学するとなれば大金が必要で、そのためにタイの良いところがどんどん無くなって行ってるようで少しさみしいです

投稿: ekamai | 2014年10月23日 (木曜日) 午後 11時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 可愛い子供には旅をさせろってか?:

« ミステリー・ナイト・メア | トップページ | 知人の追っかけ日記と人生 ① »