« 夜の女性たちのルール専科 ① | トップページ | 人生の岐路に立たされての決断 »

2014年11月27日 (木曜日)

夜の女たちのルール専科 ②

152

 考えてみましたら、色々と面倒くさいモノもありますし、絶対に守らないといけないモノもありますね。

 昔先輩から、

 ”男には守らないといけないルールがあるし、人間としてのルールもあるし、特に夜の世界には不文律が存在をするから、しっかりと覚えておかないといけないよ!”

 って、言われて良く怒られたものです。

 最近は前置きが長くなって行けませんね。 年齢が行きましたら、直ぐに行動と言う事が出来なくなってくるのでしょうね。

                 wobblywobblywobbly

153

 昨日は見た目の様相って処のルールを勉強をして来ましたが、今日はソフト面を中心に話を進めて参りましょうね。

 今までの事はさて置きまして、昨日と今しっかりと覚えて頂きましたら、これで貴方もいっぱしの夜の世界の帝王とまでは行きませんがスターになれるのは間違いありませんからね。

 ・・・・・

 「話題があまりにも貧弱な人がいるでしょ。 まぁ、タイランドなんだから言葉の壁があるのは解るけど、どうしても下ネタばっかりを言っている人や、仲間内だけで話をしようってタイプもいるけど、あれは駄目よね。

 

 最低とは言わないけれども、どうしても底が浅くて馬鹿なんだろうと思ってしまうのはしょうがないわよね。 その上、体に障ろうって考えている人が多すぎて・・・・・そんなに体がイイなら初めからそんな店に行ったら良いのにねぇ。」

 ⇒ 会話は一番のコミュニケーションですから、これを疎かにしてはいけませんし、言葉の壁なんかはないんですからね。

 ・・・・・

 「中国人やば韓国人に見たいに、金を払っているんだから何でもOKなんだってタイプがいるでしょう。 これは夜の世界では最下級の人間になってしまうのは当たり前なんだけれども、結構多いわよね。

 

 確かにお金は払っているんだけれども、遊びに対して、雰囲気に対して支払っているんであって、何でもありって事では、敬遠をされてしまうだけなんだけど最近の日本人はこの手も相当に多いからね。」

 ⇒ いけませんね。 暗黙のルールは自分も相手も楽しむと言う事が必要で、何でもありって言うのは全く違ったモノですから注意をしないといけませんね。

 ・・・・・

 「店に入って座ったら、自分が一番上なんだって態度を取る人がいるけど、あれも馬鹿よね。 その上、女の子を馬鹿にするって言動があるけど、あれも皆から馬鹿にされているって感じてくれないとね。

 

 タイランドの場合は店外デートってモノがあるけれども、実はお互いに良い感じだから一緒にって事なんで、置屋や女郎屋じゃないんだから馬鹿にするって事になるんだけれども、どうしようもないわよね。 まぁ、最低とは一緒にには行きたくないし、横にいるのも嫌よね。」

 ⇒ 夜の世界は、置屋であってもどこでもそうですが、一緒に楽しい時間を過ごしましょうねって感覚や言動が男にないといけません。 それくらいの大きな度量と心の深さを持っていないとモテると言う以前に敬遠をされてしまうと言う事になりますよね。

                 wobblywobblywobbly

154

今回の教訓です。

 如何ですか?

 まぁ、私は昔からこんな事以外にももっと細かな事を言われ続けてきましたから、普通で当たり前の事なんだと思いますが、あまり当たり前だって思っている人は少ないみたいですね。

 遊びは基本的には紳士の遊びでないといけませんね。

 「真摯な態度で紳士的に遊ぶことが出来ている人は少なくなっているから、寂しいわよね。 ママさんなんかは、昔は真摯で紳士的にな日本人が殆んどだったけどって言っているけど、最近は少ないわね。

 

 お店で楽しい時間を作ってくれると言う人がいたら、もっともっとサービスもするし、お互いに素晴らしい時間を得る事が出来ると思うんだけれども・・・・・それに、清潔感をちゃんと持ってほしいって言うのもお願いよね。」

 ⇒ 清潔感を持てないのは夜の世界でもその他の世界でも敬遠をされてしまいますから、注意が必要ですよね。 特に、体臭や口臭ってモノだけでも気にすると言う事が出来ないといけませんね。

 堅苦しいかもしれませんが、夜は暗黙のルールと不文律が存在をしますから、お互いに頑張りましょうね。

                 wobblywobblywobbly

|

« 夜の女性たちのルール専科 ① | トップページ | 人生の岐路に立たされての決断 »

訪泰の私的情報」カテゴリの記事

コメント

ekamai 様。
 ありがとうございます。

 遊びには遊びのルールと言うモノがありますねぇ。 話題は女性と共通のモノでないといけないと言うのは古今東西では当たり前の事なんでしょうが・・・出来ていないのはいけませんね。

 お金を払えば何でもOKって感覚ではタイガールとの接点を持つ事は出来ませんからね。 出来る男は一緒に遊ぶことが出来るんだって仰っている経営者がいらっしゃいましたが・・・・

 出来ない人が多いのかもしれませんよね。

投稿: AKIさん | 2014年11月30日 (日曜日) 午後 11時17分

Aki様

ゴルフ帰りと思われるグループを何度か見かけましたが、女の子そっちのけであのホールはどうだったって話ばっかりしてる方がいますね

あるTGは「私たちはゴルフなんかまったく興味が無いし、一緒に行ったわけでもないから訳わかんないし白けるだけなのよね。ああいう人たちに指名されたときは最悪ね」って言ってましたねw

ゴルフしない私には関係ないことですけどねw

投稿: ekamai | 2014年11月27日 (木曜日) 午後 09時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174013/54442485

この記事へのトラックバック一覧です: 夜の女たちのルール専科 ②:

« 夜の女性たちのルール専科 ① | トップページ | 人生の岐路に立たされての決断 »