« 離れて暮らそうって言われたけれど | トップページ | 我が友人の数奇な生活 ② »

2014年12月 4日 (木曜日)

我が友人の数奇な生活 ①

173

 私の友人でとっても変わった友人がいますが、どうして私の様にごく一般的で、普通に人間の周りにはこんなにも変わった人達がいるのでしょうかねぇ。

 不思議でしょうがありませんが、愛妻曰く、 

 「旦那さんも変わっているけど、旦那さんの周りにはテレビでも出れば受ける様な変わった人が多いナ。 私は旦那さんを見ていても楽しいけど、貴方の友達の話を聞くとコメディを見ている様な感じよね。」

 失礼な奴ですよね。

 でも、確かに変わっている人がいますので、ご紹介をしましょうね。 第2に人生に為になる可能性がありますからね、って無駄かもしれませんが・・・・・

                  

174

 確かに私は変わっていると言われる事が多いみたいです。 まぁ、自分では変わっていると思った事はないのですが、愛妻に言わせましたら自分は普思っている事自体が変わっているんだって失礼な事を言います。

 ですからかどうかは解りませんが、周りには結構変子(へんこ)な人間がいるのは間違いはありませんね。 今回紹介をする友人も相当に変わっていますからね。

 私のブログですから、タイガールに関連をしているのは間違いはありませんので、時間つぶしに読んで頂ければいいんじゃないかと思います。 でも、時間がないと言う方は今日と明日は飛ばして頂いて、明後日のお越し下さいね。

 ・・・・・

 元々この人は世界中を飛び回って仕事をしていた商社マンなんですし、仕事だけが人生だっての賜っていて、女性には全く興味を示さない変人でしたが、タイランドに行く様になって初めて女性に目覚めてしまいました。

 (永遠の童貞だって噂があるくらいでしたからね)

 ・・・・・すみません、タイランドでは女性として認識されていますし、市民権も得ていますが、実は元々は男の子で、現在は見た目も体も女の子に変身をしてキャリアウーマンの生活をしていました。

 彼は仕事以外は何も出来ないと言ったタイプでしたが、彼女と知り合いうとどうしても一緒になりたいと思い込んでしまって・・・・・猛烈アタックをし続けて行きました。 まぁ、こんな話は結構ありますが、最終的にはお互いに解り合えると言う処になりました。

 一緒に日本で暮らそうって話になりましたが、難しいですよね。 同性結婚はまだ遠い存在です。 そうして、二人は本当の意味で夫婦になる為にはどうするのが一番かって話し合いを続けましたら、合法な国に移住をするんだと言う結論に達しました。

 この日を境にして、二人は仕事の整理と財産の整理と移住をする地域は何処にすべきなのかを検討をしだします。

 検討を続けますが、帯に短し襷に長しって事で中々決まりませんが、目的は二人は同じですし、目標も二人は同じですから、毎日色々な方法で連絡を取り合って話し合いは進んでいきます。

 安住の地を求めて、彼の場合は世界中を仕事をしながら彼女へその地の報告をして、SKYPEで検討会を続けて行くんですが、移住をするって言っても中々難しい問題もありますし、彼女が済みやすい所は何処だって考えると安易に決める事は出来なかったみたいですね。

 彼の場合は英語はペラペラですし、その他の国の言葉もそこそこ話が出来ますが、彼女は少しの日本語のみですから、移住地を決め込んでも語学の勉強もして行かないといけませんからね。

 「俺は彼女と一緒ならどこでもOKなんだけけど、仕事もしないといけないから彼女は必りでいなければならない時間も沢山あるからね。彼女が何とかなると言う場所を選択するのが結構大変だったよ。

 

 でも、最終的には彼女が憧れていると言う地にしようって事で何度か現地を訪れてみたんだけど、最終的にはカリフォルニアを選択しようって決まったんだ!」

                 

175

 二人は数回その地を訪れて週間単位で滞在をして見て、色々と検討を重ねて行ったみたいですが、カリフォルニアってどうしても合わないと言う事になったみたいです。

 今後もアメリカや南米やヨーロッパを行き来して、安住の地を探しまくって行くんですが、中々難しい問題ですよね。

 この二人はどうなって行くんでしょうか?

 決まらない事で二人は暗雲が立ち込めて行ったみたいですが、でも、目的も目標も同じですから、出会って1年が経過しましたが、まだまだ安住の地は見つからないって事が続いていました。

 時間がやっていましたので、話は明日に回させて頂きますね。 お時間がある方はいらっしゃって下さいね。

                 

|

« 離れて暮らそうって言われたけれど | トップページ | 我が友人の数奇な生活 ② »

変わった友人・知人関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 我が友人の数奇な生活 ①:

« 離れて暮らそうって言われたけれど | トップページ | 我が友人の数奇な生活 ② »