« 我が友人の数奇な生活 ① | トップページ | 追いかけて、振り向くまで追いかけて »

2014年12月 5日 (金曜日)

我が友人の数奇な生活 ②

176 あまり大したことはなかったですか?

 世の中にはもっともっと変わった人がいますから、少々の事では驚くと言うところまでは行かないかもしれませんね。

 でも、タイガールとの関係や第2の人生を考えると少しだけ参考になると言う事もありますから、是非最後までお付き合いを下さいね。

 完結編です。

                 

177

9 二人は離れて暮らしているのですが、目的も目標も同じですから、心が折れる事はありませんし、違った方向に行かないといけない事もありませんよね。

 でも、永久の永地を探すと言うのも結構大変ですよね。 

 ところで友人は語学を堪能ですから、彼女とは普通にタイ語で話が出来ると言う風になってきました。 もっと心や絆は強くなってきますよね。

 「中々永住の地はないよね。 二人で考えているんだけれども難しい事だけらゆっくり探さないといけないしね。」

 私はこんな話を聞きまして、

 「俺が好きに言っても良いか? お前らは馬鹿なんじゃないか? 何でユロップやアメリカやって横文字の処にいかんとアカンねん。 法的な問題がさて置いて、一番良いのはお前の仕事でも彼女の事を考えてもタイランドに住むのが一番良いんじゃないのか?」

 ・・・・・ポン、ポン、ポン、(手を何回も売っている感じですね)

 「本当やねぇ、何を馬鹿な事を考えてしていたんだろうねぇ。 俺の仕事も十分にあるし、彼女は何の問題もないしね、こんな簡単な事も気が付かないって・・・・・AKIさんが言う通りに、俺は阿呆やね。」

 永久の住処は決まりました。

 いつも見ていた、いつも彼女がいた、最高の場所を忘れていたんでしょうね。 彼が仕事で留守にすると言う事があっても、十分に彼女は寂しがらないで、待っている事が出来るんですからね。

 これから二人は検討会を開催しますが、どう考えてもAKIさんの意見はこれ以上のモノはないって事みたいですね。

 決定ですね。

 でも、この二人の変わっている所は、仕事も待つもの普通はBKKが最高なんじゃないですか。 でもね、二人がいる時には誰にもじゃんされる事がない様に、チャンタブリの近くの島に居を構えるんですから変わっていますよね。

 まぁ、二人でいる時には、生まれたままの状態で、そのまま常に引っ付いて暮らす方が良いみたいですから、田舎で誰もいないところで、大きめの家で生活をする方が良いみたいですよね。

 「アダムとイブだからね、俺達はね!」

 ・・・・・馬鹿じゃないの・・・・・って思ってしまいますが、二人はこの上もない幸せ感を得ているって言いますから、良いんじゃないでしょうか? 

                 

178

今回の教訓です。

 面白い人生ですね。 その上、彼女は元々男の子ですから、嫉妬とやきもちは相当に凄いみたいですね。 だって、馬鹿な女は寄ってくるかもしれないし、馬鹿な男は寄ってくるかもしれないし、馬鹿なおかまも寄ってくるかもしれませんからね。

 数奇な人生って紹介をしましたが、若しかしたら二人にとっては最高で、普通の生活をしていると思っていますよね。

 「家の帰るとね、何もつけないんだから開放感は最高だよね。 それに、一番は精子は使ってないかとかって調べられるんだしよ。 そのまま、濃厚なSEXに入って行くって事は最高だよね。

 

 俺なんかは、前も後ろも何でもOKなんだから、中々凄いでしょ。 二人で裸のままで生活が出来るって結構素晴らしいよね。 だってタイランドは暑いし、気にする事はないからね。 でも、虫はいただけないよね。」

 どうでも良いですが、好きにして下さいね。

 でも、こんなに好きにできるって事は最高の幸せなんでしょうね。 出来れば私も追随したと思いますからね。

                 

|

« 我が友人の数奇な生活 ① | トップページ | 追いかけて、振り向くまで追いかけて »

変わった友人・知人関係」カテゴリの記事

コメント

ekamai 様。
 ありがとうございます。

 二人が一番最高な事は間違いはありませんね。 内では、1週間に数度は二人だけの時間を作る様にしていますが、これってものすごく喜びますからこちらも嬉しいですよね。

 世の中には色々なしがらみがありますが・・・考えると二人だけに時間や世界を作り上げる事は結構簡単にできるんだと言う事が解りました。

 私服区のひと時を味わう事が出来ますから、いい感じですね。

投稿: AKIさん | 2014年12月 7日 (日曜日) 午後 07時55分

Aki様

誰にも邪魔されずに二人きりなんて、羨ましい限りですねw
タイ人の親切も、しばしばお節介や大きなお世話になってしまいますからねww

このお二人は特殊さもありますから、タイ人の「好奇心」「うわさ好き」から逃げるにはこれば一番かもしれませんねw

投稿: ekamai | 2014年12月 7日 (日曜日) 午前 01時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 我が友人の数奇な生活 ②:

« 我が友人の数奇な生活 ① | トップページ | 追いかけて、振り向くまで追いかけて »