« あるタイガールのとっても小さな恋の物語 ① | トップページ | 寄ってたかって騙されてしまって! ① »

2015年1月27日 (火曜日)

あるタイガールのとっても小さな恋の物語 ②

1040_2 悲しい事はそこいら中にありますし、大変な事は考え様によってはそうでもない事になると言う話はありますね。

 でも、彼女の場合は、将来を捨てると言う事はしないでどうにかして頑張って行こうって前向きさがありますからね。

 そうして、彼女の父親が死にました。 そうして、後を追う様に母親まで死んでしまって、家族は妹だけになってしまいます。

 妹もBKKに出て来て、彼女とは違った道に入って行くんですね。 悲しい人生があるんですよね。

 どうなって行くのでしょうね。

 彼女の元には明るい光が注ぐのでしょうか?

非常に気になる処ではありますんで、話を進めて参りましょうね。

                 

1041

 若しかする朗報かもしれませんね。家族は妹一人となってしまいましたが、妹は一番手っ取り早く稼ぐことが出来て、大金を稼ぐことが出来る夜の世界に入って行きます。

 彼女の肩からは大きな荷物はなくなりましたが、張もなくなってしまった様な感じになって来まして、少しは楽な仕事をと考えるのではなくて、今まで通りの体を酷使する仕事を続けています。

 頑張る人には神様は無視をする事はないのかもしれませんね。

 レストランに最近やって来るお客さんから毎回声を掛けられるようになってきましたし、食事などにも誘われる様になってきまして、自分自身もその人に魅かれていると感じる様になってきました。

 ・・・・・

 前のトラウマもありますから、自分自身の事や生い立ちなどは一切しゃべりませんでした。 そうすると逆に、彼の方は自分には向いてくれないんだと考えて彼女の前から離れて行ってしまいました。

 何をしてもうまく行きませんね。

 それから数年を何も考えないで、今までの仕事だけを頑張りながら一人の生活をして行きました。 寂しい生活ですねぇ、でも、少しづつはお金を貯める事が出来たのだけが今までとの違いで、その他の事は何の変化もなしと言った形です。

 ずっと頑張っていました。

 ある時、レストランに何年も通っていたある男性から声を掛けられました。 良く知っている人ですが、今までは話もした事もなくて、あいさつ程度の事でしたが、彼女の事を何年も見続けていた人みたいです。

 「長く君を見ていたけど、色々と大変な生活をしているね。 そんなハードな仕事ばっかりしているのはどうしてなの? もし良かったら、今度一緒に食事でもしながら話でもしませんか?」

 思わない処からこんな声掛かり。

 今までた坐してきた彼女の心が少しだけ開いた瞬間なんだろうと思います。 一緒に食事をして、でも、話をすると逃げられて、話をしないと逃げられて・・・・・どうしたら良いのか解らないのですが、彼は彼女の事はほとんど何も聞きませんで、自分の事ばっかりを話をします。

 「もし良かったら、僕とお付き合いをしませんか?」

 何度も食事をした後にこんな話をされました、ここは完全に開ききってはいませんが、ドキドキとして、心が大きく開いて行くのは自分でも解る感じがしました。 自然と二人はお付き合いをする様になってきました。

 「大丈夫!過去の君が好きないんじゃなくて、今と将来の君が好きなんだから、何も話さなくても良いし、二人で今後の事だけを考えて新しい生活をしようよ。 幸せにする事は出来ないかもしれないけれども、僕が世界一幸せになる事だけは間違いないからね。」

 凄い変なプロポーズですね。

                 

1042

今回の教訓です。

 教訓なんてものはありませんが、男は過去の事よりも現在と将来の事をもっと重視しないといけないんでしょうね。

 二人はこのまま付き合っていて、そうして一緒になる事になりました。 そうして、彼は長い長い駐在生活を終えて、日本に彼女を連れて帰りました。

 この彼は私の後輩で、今でも幸せに暮らしています。

 「人生を嘆いても仕方がありませんね。 私は私なりに自分に恥ずかしくない事をして来ましたが、それを神様ではなくて、主人が見ていてくれましたし、幸せな人生に誘ってくれました。 最高な人生を得る事が出来ました。 感謝でいっぱいです。」

 こんな人生も素敵ですね。

                

|

« あるタイガールのとっても小さな恋の物語 ① | トップページ | 寄ってたかって騙されてしまって! ① »

タイ人からの裏話」カテゴリの記事

コメント

ekamai 様。
 ありがとうございます。

 仰る通りですね。 物事は全て考え方次第だと言われていますが、それが人間の真理なんでしょうねぇ。

 私もタイガールの伴侶と知り合ってから、完全に前向きに良い方にだけを考える様になってきました。 これの方が楽しいですね。

 希望を持って前向きに楽しい生活を送りたいですよねぇ。

投稿: AKIさん | 2015年1月29日 (木曜日) 午後 09時52分

森 様。
 ありがとうございます。

 釣りバカの浜ちゃんの言葉ですか? それは知りませんでした・・・

 でも、仰る様に奥さんが幸せなら一番幸せって事は持論で素晴らしいですね。 またまたでもですが、タイガールには貴方を幸せにするよりも、貴方といると私が最高に幸せになると言った方が絶対的に喜びますよ。

 実は私もそう言っています。

投稿: AKIさん | 2015年1月29日 (木曜日) 午後 09時47分

Aki様

仏教の教えでは、希望が表に出ると幸せであり、絶望が表に出ると不幸だといいます

つまり、幸せか不幸かは本人の心次第なんだそうです

彼女は希望を棄てず頑張っていたから幸せを掴めたんじゃないでしょうか

投稿: ekamai | 2015年1月29日 (木曜日) 午前 09時14分

師匠、こんばんわ。なんか釣りバカ日誌の浜ちゃんがミチコさんに言ったセリフの、パクリですな。私として妻が幸せになったら二人は幸せになると言うのが自論ですが、?、
(^-^)

投稿: 森さん | 2015年1月28日 (水曜日) 午後 08時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あるタイガールのとっても小さな恋の物語 ②:

« あるタイガールのとっても小さな恋の物語 ① | トップページ | 寄ってたかって騙されてしまって! ① »