« 日本人の嘘とタイガールの嘘 ① | トップページ | おじさん哀歌は止めれない »

2015年3月18日 (水曜日)

日本人の嘘とタイガールの嘘 ②

91

 昨日からの続きて後半戦です。

 色々な事が解ってきましたね。 でも、男女の世界や夜の世界では嘘は当たり前の様に出て来ますが、損得勘定で考えると男は正直に話をしている方が正解ですね。

 でも、でも、・・・・・

 完結編を進めて参りましょうね。

                 

92

 日本人の男の鵜sについて解明が済みましたが、少し恥ずかしい感じでしたね。 男の場合は、おっさになっても何時までも少年のままでした。

 (問題もいっぱいですけどね)

 ・・・・・

 タイガールの嘘について考えながらまとめって行ってみましょうね。 面白い傾向が出てくるかもしれませんね。

1. タイガールの嘘は大きく分けて2つに分類されます。 相手が興味があるから、自分を出すと若しかして・・・・・ってネガティブな発想によって、嫌われない様にする為に自然と出てくる嘘ですね。

 

 もう一つは、相手を騙そうって思いながらつく嘘ですが、これはばれたらしょうがないし、うまく行ったらラッキーって感じの軽い嘘ですよね。

 ⇒ 男の場合はこの違った嘘を見分ける事が出来ませんから、魚を逃がしてしまうかタンブンをしてしまうかのどちらかになってしまいますね。

2. タイガールの嘘は、違う形で見るとまたまた2つに分類をされますね。 愛する人の心が欲しくて自分の方にしっかりと向いて欲しいが為につく嘘ですね。

 

 もう一つは、相手のお金が欲しくて、どうしたら援助をしてくれるかって事を考えているのですが、でも先程と同じ様にうまく行ったらラッキー状態の嘘ですね。

 ⇒ 日本人の男は実質は天邪鬼ではないのですが、こんな時だけは反対のところを信じる様な傾向がありますが、どういった事なんでしょうね。

3. タイガールの嘘は違った方向から見ると大枠で2つに別れますね。 しっかりと愛する様になってきて、この人との人生をと考えてくると、嘘と言うよりも逆転の言動をする事が往々にしてあります。

 

 もう一つは、人生なんですが相手の人に自分の人生を見せさせたいって考える場合には、徹底的に世話好き女房的で家庭的な女を演出しますね。

 ⇒ ・・・・・ どうしても日本人の男は、家庭的な方に目を奪われやすくて、サングラスではなくて霞のかかった眼鏡で見てしまいがちですから、コロッと行ってしまう傾向があり、大きな魚ほど逃してしまいますね。

             

93

今回の教訓です。

 日本人の男とタイガールの嘘について考えて見て、まとめて見ましたが、これは大きな題材でしたね。

 一日や二日で何とかなる様なモノではありませんでした。 結局うわべだけのモノになってしまいましたので、その内・・・・・どの内かは解りませんが、詳しく検証をして行きますからご期待下さい。

 大きく分けて行きましたら、男は幼稚な条件や自分を大きく見せる為に嘘をついて、バレバレになっていると事になりました。 

 タイガールの場合は、シュチュエーションによって殆どの場合は二通りの中身が存在をしましたね。 皆さんも一度じっくりと考えて見て下さいね。

 では、尻切れトンボで申し訳ありませんが、明日お会いしましょうね。

                 

|

« 日本人の嘘とタイガールの嘘 ① | トップページ | おじさん哀歌は止めれない »

変わった友人・知人関係」カテゴリの記事

コメント

ekamai 様。
 ありがとうございます。

 元々女性の場合は第六感が強いですから、男の嘘はすぐにばれると言いますが、特にタイガールの場合はもっともっと愛する人に対する嘘には敏感ですからね。

 それ以前に、愛情がなくても長い歴史の中で騙しの事を沢山経験をしていますから、我々とはグレードが違っていますからね。

 簡単に見破られるという事は普通ですよね。

投稿: AKIさん | 2015年3月19日 (木曜日) 午後 05時22分

Aki様

TGの嘘も、男が嘘をついてるから「じゃあたしも」って部分もありそうですね

TG相手に嘘なんか通用しませんし、ほぼ100%見破られますし、得する事なんか何も無いですよね

逆に、全てをさらけ出して真っ正直に付き合えば、必ず大きな魚が手に入りますね

投稿: ekamai | 2015年3月18日 (水曜日) 午後 10時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本人の嘘とタイガールの嘘 ②:

« 日本人の嘘とタイガールの嘘 ① | トップページ | おじさん哀歌は止めれない »