« 同窓会には女性は不参加が(日本と反対) | トップページ | 「パパ、何であのおじさんは・・・」 »

2015年3月 3日 (火曜日)

だって自慢したんだもの、しょうがないでしょ

46

 しょうがないじゃないの。

 もう遅いんだから・・・・・そう言ったって、自慢をしてしまったんだから、もう、しょうがないんじゃないの。

 どうしても自慢話はしたくてしたくてしょうがないですよね。 内の愛妻の勝手に向うが考えているライバルでカンボジア人がいますが、愛妻が自慢をしましたら自分も同じ様にして行きますが、出来なくなってきましたらFacebookをクローズをすると言う行為に至ります。 

 でも、数日すると、携帯を落としたから勝手に色々されたって・・・・・見え透いた事を言って友達になってくれって言うそうです。 でも、今までに4回もクローズをされたそうですからね。

                  

47

 私の持論ではタイガールは三度の飯よりも自慢が大好きで、食欲をコントロールして苦しいダイエットをする事は出来ても自慢話をコントロールして、少なくしたり言わなくしたりって事は出来ないみたいですよねぇ。

 自慢をすると言うよりも、タイランドの感覚では、

 「顔を大きくしたい!!」

 こんな感じみたいですよね。 その上、自慢や顔をでかくしたいものでは、自分の事はまるっきり触れないで、自分の愛する人はどれほど凄いんだって事をお互いに弁論大会をするんですからね。

 弁論大会ですからね。

 但し、タイガール達の弁論大会は、お互いに一方通行が普通ですから、一緒に侃々諤々議論を戦わせている様に見えていますが、実はお互いには何も聞いていません。

 後から彼女や伴侶のタイガールにどんな話をしていたのって聞いてみて下さいね。 面白いですよね、殆ど明確な答えは帰って来ませんで、〇〇ちゃんは自慢ばっかりって・・・・・こんな回答ですから、お互いには聞いているふりをしているだけで、実は違う事をしているみたいですよね。

 そりゃそうだ!

 そうでなけりゃ、あんなに自慢の弁論大会でしたら日本人同士でしたら喧嘩になっつぃまうんですが、タイガール達の場合は和気藹々としていますし、険悪さは一切ありませんからね。

 これも自慢したガリの民族の大きな知恵なのかもしれませんね。

                 

48

今回の教訓です。

 面と向かっての話の場合は、こんな感じですが、最近ではFaceBookでの自慢大会が通常化しつつありますね。

 でも、この場合は面と向かっていない訳ですから、ムカッとしたらあちらをムカッとさせる為のモノをアップロードすると言った感じで、際限がありませんね。

 子供の喧嘩そのものです。

 先ほどのカンボジア人は、カンボジア人だけに見せる様に別のFaceBookを作って、内の愛妻の写真を使って、偽自慢を楽しんでいるみたいですが、こうなってきましたら最悪ですね。

 まぁ、自慢もほどほどにする様に教えて行かないといけませんが、こればっかりは言葉では10000%解ったって言いますが、止める事はありませんね。

                 

|

« 同窓会には女性は不参加が(日本と反対) | トップページ | 「パパ、何であのおじさんは・・・」 »

タイガールとの暮らしと生活」カテゴリの記事

コメント

ekamai 様。
 ありがとうございます。

 ・・・子供を甘やかせて、我儘放題をしている親が多いですが、これで人生を潰させていると言った事が多いのはタイランドの特徴ですね。

 今は田舎からBKKに戻ってきましたが、田舎では男の子を我儘放題にしている家庭は本当に多くてびっくりしますねぇ。

 特に今回は娘の友人達が沢山家に遊びに来まして、レストランに10人ほど連れて行きましたが唯一の男の子が・・・でした。 先が心配ですよ。

投稿: AKIさん | 2015年3月 7日 (土曜日) 午後 04時02分

Aki様

私のFaceBookの友達は、嫁繋がりと娘繋がりのタイ人ばかりですw

最近一番自慢してるのは、例のマッサージ屋のママさんのお嫁さん

まあとにかく毎日娘の自慢ばっかりww

でも、うちの曰く
「あんな我侭娘、嫁の貰い手が無いわw」とばっさりw
大きくなるにつれ我侭度が増してるようで、お店に来ても誰も相手したがらないようですww

投稿: ekamai | 2015年3月 4日 (水曜日) 午後 11時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: だって自慢したんだもの、しょうがないでしょ:

« 同窓会には女性は不参加が(日本と反対) | トップページ | 「パパ、何であのおじさんは・・・」 »