« あの笑顔の向こう側には何がある | トップページ | 愛妻がビジネスを開始しますが ② »

2015年7月23日 (木曜日)

愛妻がビジネスを開始しますが ①

73

 内の愛妻がいつも田舎でお世話になっていて、内の家族の事を色々と考えてくれているおばちゃんとビジネスをしようかって話をしています。

 そのおばちゃんはタイ人の中では凄くしっかりとしていて、お金も唸る様にあるみたいですし、息子や娘達はしっかりとしていて、充分にお金を稼いでいるのですが、一人でいますし、する事がないと言う事でご自分でビジネスをしています。

 愛妻にお誘いがありました。

 田舎ならではのビジネスなんですが、けっこう面白いと思いますのでご紹介をしましょうね。

             

74

 どんな仕事かと申しましたら、一言で言いますと金貸しです。 それも普通の正式な金貸しではなくて、村の中のちゃんとした仕事をしている人いたいして数か月間の間融資をすると言う感じですね。

 こんな仕事が良いのか私も考えます。

 だって簡単に言いましたら、闇金ですからね。 日本ではウシジマ君などの闇金の漫画が大ヒットで面白いと云うイメージと最低だって言うイメージが混在していますね。

 私の感覚では ??? なんですが、そのおばちゃんの話を聞いていましたら、どういう訳か納得してしまって、まぁ少しはしても良いんじゃないかって考えてしまいます。

 ウシジマ君の場合は10日間で5割と言う高額な利子を取りますから犯罪性ややくざっぽい感じですよね。 でもこのおばちゃんがしているのはびっくりするほど利子は安くて人助けの為のモノなんだって言われます。

1. お金を貸すのはちゃんと仕事がある人だけ

 

2. お金を貸す期間は3か月間で、最長でも半年間だけ

 

3. 利子は3カ月で3%だけ

 

4. でも3か月で返す事が出来ない場合は、後の3か月間は倍の6%になります。 

 

5. 貸すお金は一人当たり10000バーツから20000バーツだけ

 

6. 貸す理由がしっかりと説明が出来て行楽や遊びの為のモノではなくて生活関連と子供への費用だけ

 大まかなルールはこんな感じですね。 こんなモノでやって行けるかって思いますが、お金にルーズなタイ人ではありますが、田舎の様な小さなコミュニティーでは期間は別にして、返さないと言うのはその地には住めないほどの恥ずかしさみたいです。

 おばちゃん還暦を過ぎてそろそろ65歳くらいですし、自分での取り立てってモノをしていますが、殆ど問題はないみたいですから不思議ですね。

 特に内の愛妻には非常に硬い人のみに貸すので貸し倒れは殆どないと言いますが、まぁ、自分の才覚ですから私は愛妻に少しだけ投資をする事にしました。

             

75

 タイランドの田舎には面白い商売がありますよね。 人様に喜ばれて、頼りにされる闇金でその上、感謝をされるんですからね。

 私の感覚ではあまり理解は出来ませんが、えらい事になる事はないでしょうし、変な感じではありませんから良いのかもしれませんしね。

 それにこのおばちゃんは私の事をルック・チャイだって村の中で言っているくらいですから・・・・・どうなる事なんでしょうね。

             

|

« あの笑顔の向こう側には何がある | トップページ | 愛妻がビジネスを開始しますが ② »

タイランドに住む人々達」カテゴリの記事

コメント

ekamai 様。
 ありがとうございます。

 中々良い感じの商売ですが、内の愛妻は長くすると問題がでそうなんだって言っていますから、少しだけの商売になりそうですよね。

 仰る様に内も田舎ですから、いつもニコニコ現金払いが普通ですから、ローン会社の様な事が良いのかもしれませんね。

 私が移住をする事までそんな事があれば私も一儲けできそうな感じがするのですが・・・

投稿: AKIさん | 2015年7月24日 (金曜日) 午後 09時19分

Aki様

私の前の会社もそうでしたが、タイの会社は「前借」制度を持ってる所が多いと思います

借りられる金額は1か月分の給料以内、返済は最長6ヶ月の分割(給料天引き)、利息は無し

申請時には所属長の承認がいるので、毎月誰かは私のところにはんこ貰いに来てましたねw

ローンが組める買い物ならそれで良いんですが、個人商店が大半のタイ、しかも田舎では、まだまだ現金即金でないといけない場面が多々ありますから、とても面白い商売だと思いますね

投稿: ekamai | 2015年7月23日 (木曜日) 午後 10時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛妻がビジネスを開始しますが ①:

« あの笑顔の向こう側には何がある | トップページ | 愛妻がビジネスを開始しますが ② »