« 女性達の為のプロデュース ① | トップページ | 女性達の為のプロデュース ③ »

2016年4月15日 (金曜日)

女性達の為のプロデュース ②

82

 ビックらこきましたし、思わず想像をしてしまいましたが、世の中には恐ろしい様な内容のモノがあるもんですよねぇ。

 しかし、この人達はこんな事をしていて大丈夫なんでしょうか? こんな激し過ぎる事ばっかりをしていると普通の生活なんかは出来ないんじゃないかと心配しつぃまいます。

 まぁ、お望みですからね。

 では、本日も新しいプレイをお教えいただきましょうね。

83 「翌日は完全にオフで、マッサージやエステに行ったんだけれども全身性感帯になってしまったようで、出来ないのよね。」

 って、そこまでやったんかいって思いますが、その日は3人でゆっくりとして、ホテルの部屋で飲んだり、食事をしたりって事で何もしなかったそうですね。

 まぁねぇ、一日のインターバルをおかなければいけない様な激しい事をしたんですからね。

 ・・・・・

 夕刻に食事を終えて部屋で寛いでいましたら、連絡が来て30分後には迎えに上がるお言う事で、ワンピースで中は何もつけない状態でと言う指示でした。

 大型のワンボックスカーでの出迎えですが、車に乗りましたが運転席はカバーがされていて、誰も乗っていません、不審に思う筒も乗り込みまして、5~6分ほどう動いて、ある処に止まりましたら、すっぽんぽんの男が6人登場です。

 「登場は良いんだけれども、皆裸だしチンポは完全勃起状態になっているし、取り敢えずは尺八をしないさいって言われて、30秒ごとに順番にしゃぶって行くのよね。」

 

 「そうして、しゃぶられていない男は私達の下の穴を両方との愛撫をして行くんだけれども、されるばっかりじゃなくて自分がしゃぶりながらって言うのもとっても刺激的よね。

 

 その内に、裸にされてからAVに出て来る様なプレイスーツに着替えさせられて、これが1時間ほど続いて行くのよね。 でも、本当に刺激的で最高に良かったわ。」

 ・・・・・

 「その後に、車の中で乱交パーティーなんだけれども、PAや駐車場って言った感じで、周りで人が私達のしている事を見ているのよ。見られながら、犯されているのよ。

 

 その後に、ある大きな家に着くんだけれども、そこの駐車場でも同じ様に、窓を開け広げたままで犯されて、家からはぞろぞろと男が出て来て、見たり窓から私達を触ったり・・・・・」

 

 「その後は、引きずり出されてから、わぁ~わぁ~言われて何が何だかわからないけど、代わる代わるにレイプにあってしまって、泣き叫んでいたんだけれども感じてしまってどうしようもないわね。」

 ・・・・・これも最初は解らなかったそうですが、全ては演出だそうですね。

84

 壮絶ですね。

 ここまでしますかねぇ。 確かにプロの考える事は我々素人では考え付きませんからねぇ。

 満足を通り越して、えらいこっちゃになるんじゃないかって私は心配をしていますが、どうなって行くのでしょうね。

|

« 女性達の為のプロデュース ① | トップページ | 女性達の為のプロデュース ③ »

変わった友人・知人関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 女性達の為のプロデュース ②:

« 女性達の為のプロデュース ① | トップページ | 女性達の為のプロデュース ③ »