« 我が愛妻の友人達の離婚 | トップページ | ダメンズが出来上がる面白い過程 ① »

2016年4月25日 (月曜日)

阿呆な子供を育ててしまった

13

 内の田舎でも最悪な子供を育ててしまったって人が結構います。 これは男かって言われそうですが、男も女も結構いますよね。

 どんなタイプがいるのかって事をご紹介しましょうねぇ。

 特に男の事を聞いても面白くもなんともないと思いますし、タイガールの阿呆な子はこんな子だって事を知っておく方が今後の為にはなるのではないかと思いますね。

 まぁ、聞いていて、知っていても・・・・・妄想と盲信をしている場合は、中々解りませんけどね。

14

 ダメンズが出来上がっていくのは何度は軽くご紹介をしましたね。 でも、ダメなタイガールの出来方は紹介したことはありません。

 今日は初めてダメなタイガールハどうして出来上がるかを見て行きましょうかねぇ。

 基本的なところはダメンズと同じですね。 そうして、タイ人の場合は、小学校に入りましたら父親はあまり娘には近づかなくなりますし、風呂やシャワーを一緒に浴びるなんてご法度ですからね。

 そうすると、女の子はお父さんに引っ付きたくても出来難い事がありますので、欲求不満になっていきますね。 そこに、爺さんやばあさんが優しく何でもありって事をしていきましたら、自分の気持ちの中にブレーキが小さくなっていきます。

 父親の愛情やスキンシップがない場合は、男に興味を覚えていきますよね。

 片親の場合もその傾向が強いのですが、もともとコミュニティーで子供を育てるタイランドですから、周りの援助があれば問題はありませんが、その効果を期待できない場合もありますからね。

 男性に対する免疫力もありませんしねぇ。

 私のところの田舎の女の子達は、片親の場合が多いですが、私のところにきて父親の様にふるまっている場合はそんな感覚はないみたいですね。

 スキンシップがないのと、ジジババのかわいそうだからっていう甘やかしがダメなタイガールを作っていくような感じですね。 特に、ジジババの方やだからって言う猫っ可愛がりなどは大きな問題を起こしている様な感じですね。

 タイガールとの会話の中では、軽くジャブの用にいろいろな事を聞いてみると言うのも良いのかもしれませんね。

15

今回の教訓です。

 ダメンズの場合はただ単にないもさせないで可愛がるだけの事なんですが、タイガールの場合は不憫なために猫っ可愛がりをするという中身です。

 違わない様ですが実は結構違っています。

 それからスキンシップというのは子供には相当に重要な事なんでしょうが、これがないというのは興味が違ったろころに行ってしまって、淫乱とは言いませんが男出入りが激しい様になっていきますねぇ。

 本人の所為もありますが、環境や育てられ方にも問題がありますので、可哀想な面もあります。

 今度機会がありましたら、その見分け方って事について話したいと思いますのでご期待ください。

|

« 我が愛妻の友人達の離婚 | トップページ | ダメンズが出来上がる面白い過程 ① »

タイランド文化とタイ人学」カテゴリの記事

コメント

ekamai 様。
 ありがとうございます。

 確かに持たないものは、持っているモノに与えて頂けるのは素晴らしいシステムの様に感じますよねぇ。

 う~ん、ちょいぶったくりは・・・ちょっと違っている様には感じますが、どこの国でもある様に事ですからねぇ。

 特にお隣の国は最悪ですからね。

投稿: AKIさん | 2016年4月27日 (水曜日) 午後 10時02分

Aki様

持てる者は、持たざるものへ
タンブンの精神ですね

タイにおける外国人価格やチョイぼったくりも、そういう気持ちがさせてるんでしょうね

投稿: ekamai | 2016年4月27日 (水曜日) 午後 01時51分

deki 様。
 ありがとうございます。

 タイ人の感覚は素晴らしいですね。 タンブン・・・知らない人でも施しをしてあげるという感覚は我々も見習わないといけないのかもしれませんね。

 日本の昔も、お互いの助け合いが普通にありましたが、最近では ”となりはないをする人ぞ” って感覚になっていますが、これって本来の人間の感覚ではないのではないかと思えますね。

 内でも周りや地震などで困っている人や、フィリピンでの台風などでは何とかしてあげないといけないって、日本人は言葉で終わってしまいますが、愛妻は実行をしますからね。

 今は愛妻はタイランドに娘の入寮式や入学式に行っていますが、熊本の地震では、私に必ず義援金を送り内妻寄って・・・発破をかけられていまして、考えさせられます。

 人を思う気持ちは、見習って助け合いをしないといけませんね。

投稿: AKIさん | 2016年4月26日 (火曜日) 午後 09時37分

こんばんは AKIさん

タイでも女性が強いですね。
嫁がタイにの実家に怒って電話していました。父親に対して・・・・
父親は怒っている娘の電話に出ません。(笑)
でも1ヶ月も連絡がないと、キットッン、キットッンです。

先日も日本に嫁いでいるタイ人の家が火事になり困っているとfacebookにありました。
嫁はすぐにタンブンと言い、着るものをまとめて箱詰め。後は私の仕事らしくなんにも言いません。送るのは私です・・・
身も知らぬ人への援助を当然のことにする嫁に感心しました。送り主からは早々にお礼の電話がありました。
日本人も長崎とかでなく日頃困っている人を助ける心と行動力を見習わなければいけませんね。 と思う今日このごろ。


投稿: deki | 2016年4月25日 (月曜日) 午後 08時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 阿呆な子供を育ててしまった:

« 我が愛妻の友人達の離婚 | トップページ | ダメンズが出来上がる面白い過程 ① »