« 春を売って20有余年の人との会食 ① | トップページ | 将来に不安はいっぱいだけど幸せもいっぱい! »

2016年6月 5日 (日曜日)

春を売って20有余年の人との会食 ②

037_3 子供のころから拘束されてしまって、30歳になってから年季明けだから出て行って・・・・・こんな事を言われても何をしてよいかは解りませんよね。

 仕事もした事はないでしょうし、お金があっても(?)使い方まで解らないという状況なんでしょうから、その後の仕事や生活も今までと同じ様なところになってしまいますね。

 寝床も食べるものもあるところに行ってしまうんですね。

 30歳からは、基本的には自分の意志であると言うのですが、選択肢を考える事も出来ない状況というのは寂しいを通り越しているのでしょうね。

 売った親もどこに行っているか解らないし、家族との連絡も一切ないという状況ですからね。

 完全に体を売る世界から脱するまでの10年間はどうんな生活を送っているのでしょうね。 タイランドの中には未だ闇の中に包まれている様な部分がありますね。

 お教え願いましょうね。

038_3 初めはお風呂屋さんでの仕事です、住み込みで食べるものの寝るところも得る事が出来ますからね。 でも、年齢が30歳を超えていますからここにいたのは1年半の間だったそうです。

 どこの世界でも十世紀を上げる事が出来なければ首切りですからね。

 知り合いも友達もほとんどない状況ですから、ビアバーなどのウエイトレスの様な感じですが、うまくいけば店外での仕事というところは夜の世界ではいっぱいありますから、そこへ行く事になります。

 生まれて初めての一人での生活を送らないといけませんし、社会に出た事はほとんどないんですから経済観念なんかはありませんね。

 その後は、店で頑張るのでしょうがお客さんはつきませんし、ウエイトレスや裏仕事などをする事で最低賃金を得ていたそうです。 たまに、声掛かりで外に出て体を売るという事で生計を立てていたそうですが、その時期にやっとの事で出来た友人から将来の事について教えてもらって、愕然としたそうです。

 30歳の中盤になって初めて自分自身の事と将来の事を考え始めたそうです。

 勉強もした事もなくて、タイ語もかけない状況でしたが、英語と日本語の勉強を独学で始めたそうです。 一つの事だけを強いられた人生は一つだけ良い事がありました。 語学を自分自身に強いるという事が簡単にできた事だそうです。

 約2年と少しで日常会話や日常的な文章も出来る様になったそうですから、驚きですよね。 でも、タイ語を書いたり読んだりすることは出来ないんですからね。 その後は自分の将来の為にホテルのレストランに就職をする事を選択をして、自分の将来を何とかしようと頑張ったそうです。

 学がない、もともと生活感がない、1年半で挫折です。 将来を考える事が出来なくなったそうですからね。 今までの頑張った仕事での少ない貯金で屋台をする事にして、新しい人生を始めました。

 大変な人生でしたが、屋台を初めてやっと人並みの感覚がモテる様になってきましたからね。 社会に出ると社会と共にいないといけないという事がやっと解ったそうです。 生まれて初めて充実した生活を送る様になってきました。

 その内自分の屋台の近くに住んでいる早期退職の日本人と出会って、中が良くなりました。 体の関係ではなくて、初めて友人付き合いをするようになりまして、たまに食事やお酒を飲む関係となったそうです。

 ・・・・・この時期が40歳だったそうです。

 生まれて売られるまでは人間だったけれども、その後は人間ではなくなって40歳にして初めて人間に戻る事が出来たとおっしゃっていましたからね。 初めて心が通じ合った人間が日本人だったそうです。

 ここらの笑顔出す事が出来る様になりました。

039今回の教訓です。

 こんなすごい人生を送らている方の話を聞かせて頂きました。 私からの教訓は一切ありませんが、何かしら心に訴えるものがありましたね。

 こんな世界がまだまだあるんだって驚きと、他人事だって思っていた、時代錯誤だって思っていた売られる子供の感覚を初めて目の当たりにする事が出来ました。

 もう一度考えないといけない事がありますし、私も微力ながらしなければいけない事が解ったように感じます。

 ・・・・・

 日本人男性と知り合ったのでハッピーエンドだって思われている方もいらっしゃると思いますが、あくまでも友人の関係なんだそうです。

 自分自身の身の上や今までの人生についてはすべて話をしているそうです。

 男性からはそれはすべて飲み込んで一緒に今後の人生をと言われているそうですが、本物の友人関係で心のつながりを大切にしたいという気持ちがまだありますので、この関係を続けていきたいと話しているそうです。

 今後は解りませんが・・・・・

 「人間に戻る事が出来たらね、本当に友人で心がつながる人が出来るんだから不思議よね。 人間の世界で頑張って一人でも生きていける様にしていかないとね。 素敵な人から誘われたんだけれども、又、自分だけの力でないところに行ってしまうともう人間に戻る事が出来ないんじゃないかと思うのよ。

 

 もう少し自分で頑張れるという事が実現する事が出来るんだったら、その後は頼れる人と一緒に頑張るというところには行きたいと思いますが・・・・・」

 一人で生きる事が出来たと最高の笑顔をされていました。

|

« 春を売って20有余年の人との会食 ① | トップページ | 将来に不安はいっぱいだけど幸せもいっぱい! »

タイガールの裏話」カテゴリの記事

コメント

ekamai 様。
 ありがとうございます。

 挿絵はきわどい様に感じますが、これって結構有名なイラストレーターの絵なんですよ。

 空山基と言う人で、有名なイラストをほとんど人は見たことがあると思いますが、このシリーズでは色気たっぷりバージョンを使用しています。

 人前では醜いかもしれませんね。

 浮き上がれるようになれば良いですよね。 皆幸せになる権利がありますもんね。

投稿: AKIさん | 2016年6月 6日 (月曜日) 午後 09時44分

Aki様

どうでも良いことですが、挿絵がきわどすぎですww

人間らしさを取り返せる人って少ないですよね
多くは、沈んだまま浮かび上がれない

幸せになってもらいたいです

投稿: ekamai | 2016年6月 6日 (月曜日) 午後 04時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春を売って20有余年の人との会食 ②:

« 春を売って20有余年の人との会食 ① | トップページ | 将来に不安はいっぱいだけど幸せもいっぱい! »