« 何に頑張るのかが解らない ① | トップページ | 何時になったらいい感じ? »

2016年7月16日 (土曜日)

何に頑張るのかが解らない ②

061 「頑張ろうね!」

 

 「・・・・・うん・・・・・(でも、何をしようと言っているんだろうか? 私にできない事をしないさいって言っているのかなぁ・・・・・質問もしにくいから、知らん顔してよ。)」

 頑張ろうねって言った後のタイガールの頭の中の事を連想してみましたが、日本人の男の方は何とか通じていると感じているのでしょうねぇ。

 実際には一切通じていませんからね。

 だってタイランドには、頑張ろうという概念はないんですからね。 風習や習慣やニュアンスには気を付けて行かないといけませんね。

062 言葉としては同じ様な意味は沢山ありますが、実際に使う場合にはお互いに地維持ていない事は相当数あるんだという事は解っていないといけませんね。

 特に精神面的な言葉はタイ人やタイガールには伝わる事は一切ないと考えておいた方が良いでしょうね。

 昨日のスースーにしてもそうですね。 内の愛妻が娘の入学テストの時に、スースーって言っていましたが、これを日本語訳にしましたらこんな感じです。

 「今まで勉強をした事を、自分がして来た事を100%出さないといけませんよ。 その為に、前の日には心を落ち着けて、疲れや焦りで100%出せない事がない様に準備しなさい。」

 これが正式な日本語訳ですね。 まったく違っていると思いませんか?

 特に頑張るという言葉はタイ人やタイガールに使ってもしようがありませんね、通じないよりも悪い意味で取ってしまう事がありますし、お互いの行き違いを増長をする様な感じではないかと思えますね。

 言葉とは難しいものですし、特に日本語は抒情語ですから、日本人同士でも理解が出来ない事が多いくらいなんですから、それをタイガールに話をしても理解をする筈はないんですよね。

 でも、タイガールは普通にタイ語も操りますから、なんでも理解していると誤解をしてしまいますよね。

 ・・・・・

 私も長くタイランドにかかわっていますが、実際に頑張るという言葉は、言訳にしか使っているんを知りませんからね。 まぁ、こんなあやふやな言葉は普通につかないに限りますよね。

063今回の教訓です。

 言葉はやニュアンスは難しいですよね。

 特に日本人(大阪人?)は、頑張るという精神論を使いがちですよね。 自分が出来ないにも関わらずに、人には頑張るって言葉を使ってしまいます。

 良くない習慣ですね。

 「AKIさん、頑張ったんだけどさぁ・・・・・出来ないものはしょうがないよね・・・・・」

 この使い方が正解なんでしょうね。

 タイガールとの付き合いでは、言葉のコミュニケーションが必要不可欠ですが、これは相当に注意をしていかないと行き違いや思い違いで、崩壊の危機を迎えてしまうかもしれませんね。

 相手が理解できていない時や、自分が理解できていない時には、聞き返すというのも重要行為ですからね。 聞き流すとか、まぁいいかって事では最終的に大事になってしまう事がありますからね。

 注意一秒ケガ一生ですね。

|

« 何に頑張るのかが解らない ① | トップページ | 何時になったらいい感じ? »

タイガールの裏話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何に頑張るのかが解らない ②:

« 何に頑張るのかが解らない ① | トップページ | 何時になったらいい感じ? »