« 愛する人の誕生日は大イベント | トップページ | 我が友人の田舎での生活 ① »

2016年7月31日 (日曜日)

何時でも私はOKよ

021_2 この言葉は内の愛妻の言葉なんですが、これは閨のことやSEXのことを言っているのではありませんからね。

 タイガールの愛妻は私の考えている事や私がしたい事や、今後の方向についての事はすべては私は貴方に従いますと言う事です。

 但し、この言葉はすべて何でもありなんだっていう事ではありません。 常に一緒に考えて、一緒に悩んで、そうして最後の一言だけを私が言っている事です。

 それまでの過程は愛妻と一緒にあると言う事ですからね。

 初めの内は少し戸惑いましたが、常に一緒に考えて悩んで、そうしてジャッジも一緒にするという事ですが、最後の一言だけは私がすると言う事です。

 

029 タイガールの特徴は愛する人の後を・・・・・否、横をどこまでも一緒について行くという事ですし、どんな事をしようと容認をする事が出来るという事ですね。

 当たり前の事ですが、自分以外の女の事についてはどんん事があっても容認をする事は出来ませんし、刃傷沙汰になる事もしばしばですね。

 内では愛妻とは、毎日の会話でこの方向に行きたいと、何をしたいとかって言うのは私の方から解らない様に暗に話をしています。

 ですから、自分(愛妻は)ではいつも一緒に考えて議論もしているんだって錯覚に陥っている場合がありますが、これは長年の夫としても知恵です。

 これで関係はうまく行きますし、ある事をしようという場合でも、反対はしませんし進んで賛成をして手伝ってくれるという感じになっていくんですよね。

 タイガールの素晴らしいところですね。

 タイガールの特徴の中には愛する人と何でも同行症候群がありますからね。 但し、これは自分自身も一緒に考えて、検討をして最後の決断だけは愛する人はするといったものですからね。

 男が勝手に決めてしまってもOkって言っている訳ではありませんので、その所を間違ってはいけません。 私ん様にするのも手ではあると思いますが、内の愛妻には通じても貴方の伴侶には通じないかもしれませんからね。

 やり方は気を付けて下さいね。

 こんなところもしっかりと理解してあげる事が出来ると、我々はその方向に導いてあげることが出来ますし、そうする事でどんどんとお互いに幸せ感が増してくるという感じになってきますからね。

 一緒は基本ですね。

005今回の教訓です。

 こういう風に文字にしてしまいましたら、どうしても面倒くさいって感じに取ってしまう事がありますが、実は文字に出来るという事はいたって簡単だって言う事ですね。

 考えてみて下さいね。

 愛する人の事をバックアップして、なんでもOKなんだっていう事がありますか? 私は以前は一切ありませんでしたけどね。

 話を聞いてあげる事と同時に、話を導いてあげるという事が出来る様になりましたら、本当に最高の関係を作り上げる事が出来ますからね。

 タイガールとの生活は会話とスキンシップって言うのが基本ですからね。 それが出来ましたら、どんな困難な事も十分に乗り越えることが出来ます。

 うまく行く秘訣はこんな感じでいっぱいありますよね。 まだまだ、タイガール額を解明している訳ではありませんが、皆さんも一緒に解明に努力を重ねてもっと幸せ感を得れるようにお互いに頑張りましょうね。

 ところで皆さんは、会話は十分にしていますか?

|

« 愛する人の誕生日は大イベント | トップページ | 我が友人の田舎での生活 ① »

私と奥さん」カテゴリの記事

コメント

ekamai 様。
 ありがとうございます。

 7月31日なんですね、私は7月30日です。 近いですよね・・・なんか内の娘と一緒にご飯を食べようって約束が出来ているみたいですね。

 私は29日から疲れから殆どひいた事がない風邪に悩まされています。 のどが痛いわ、声は出ないわ・・・最悪ですが、優しくはされていますが、誕生日のパーティーが出来ないってへそ曲がりのレディーになっていますね。

投稿: AKIさん | 2016年7月31日 (日曜日) 午後 11時44分

Aki様

今日は嫁さんの誕生日です
でも、今年は日本に出張中です

出張が決まったとたん「誕生日はどうするの?」って、へそを曲げられてしまいましたw

いつも以上に日本のお土産を買ってかないと...ww

投稿: ekamai | 2016年7月31日 (日曜日) 午後 09時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何時でも私はOKよ:

« 愛する人の誕生日は大イベント | トップページ | 我が友人の田舎での生活 ① »