« 我が友人の田舎での生活 ② | トップページ | 刺したい男と刺されたい男 ① »

2016年8月 3日 (水曜日)

面倒を掛けるんじゃないよ!

16

 問題児だった愛妻の兄が最近ではまじめに働くようになりまして、私も愛妻も母親も安心をしていました。

 でも、娘の入院や幼稚園の入学や色々と問題が重なってきましたら・・・・・変な虫が出てこようとしますからね。

 どうしてもタイ人の男の場合は問題が出てきましたら逃げ腰になってくるという傾向がありますからね。 今は大黒柱なんですからしっかりとしてもらわないといけませんね。

 「面倒かけんじゃないよ! あんたは○○(娘の名前)の父親で神様でしょ、神様は絶対に逃げないし、何とか頑張るんやから阿呆なことはしたらアカン!」

 愛妻が言い切りました。

17

 タイ人の男は頑張りだしたら何とかなっていくのですが、少しでも困難なものに遭遇をしてしまうと安易な方向に逃げてしまいたくなってくる様子ですよね。

 姪っ子が幼稚園い入学をするという前に、病気で入院をしました。 いくらお金がかかるかわからないと医者に言われてしまいました。

 また、その時期に幼稚園からは入学金や学費や備品関係でこれくらいのお金が必要なんだって通知がやってきて、その上母親(ばあちゃん)が少し体の調子を悪くしてしまいました。

 ・・・・・こんな感じですが、これだけでパニックに陥ってしまって、もっと安い幼稚園に行った方が良いんじゃないかって・・・・・病院ももっと安いところでいいんじゃなかって・・・・・母親は我慢してもらって・・・・・

 タイガールはどちらかと言いますと、でんと構えて何とかなると考えますし、この兄貴の嫁さんはどうしてもの場合は、AKIさんに頼ったら何とかなると心を落ち着かせて、内の愛妻に相談をしていますが、兄貴はそこまで頭が回りませんからね。

 パニック症候群です。

 こんな時に色々と言われますよね。 愛妻や私やそうして、自分の母親や、伴侶や最後には三歳児の娘にまで言われてしまって、もっと落ち込むのですが最後は私が活を入れると立ち直ります。

 タイランドの男は実は優しくて、色いろんな事を考えすぎて、そうして悪い方を選択してしまうという感じみたいですよね。 

 伴侶と母親にはこんな事を、

 「小さい男やねぇ、問題なんかは小さい事なんだから腹を据えて、自分が何とかしようと思ったら出来るんだから、もっともっとしっかりしないさい!」

 内の愛妻からは、

 「あんたもしも逃げたら、娘は私と旦那さんがもらうからね。 若しかしたら、その方がこの子の為になるかもしれないから、そうそう早く逃げたら・・・・・!」

 最後に三歳児の娘から、

 「パパ(AKIさん)がこんな事を言ってた。 ポーは本当に強い男だから、なんでも出来るんだよ。 お前は安心していたら良いんだからねって、パパ(AKIさん)が言ってた。 ポー、そうだよね、ね、ね。」

 パニック症候群は、最後には三歳児の娘に念を押されて、自分がしないといけないって復活をする事が出来ました。 たまには、娘からこんな事を言われないといけないのかもしれませんよね。

18今回の教訓です。

 でも、少し大きくなったように感じがしますし、まず今後は逃げるという事はしないと思える様になってきました。

 娘は父親は神様で、スーパーマンで、全ての事をする事が出来る全知全能の神様だって思っていますからね。 その感覚を崩してやってはいけませんね。

 タイの男も娘から発破をかけられてから、パニック症候群を治癒しましたし、それからパニックになるという事はなくなってきましたから、優しい男は少し強くなってきている様な感じですね。

 

 「パパ、ポーは凄いよ。 何でもする事が出来るって言ってた。 だから私はね、聞いたのよ。 ポーとパパはどっちが凄いのって・・・・・すぐに返事はなかったけど、俺(ポー)の方が凄いんだって言ってたよ。」

 男は娘を守る為にはもっとしっかりとしていかないといけませんね。 普通の人間でも空も飛べないといけませんからね。

|

« 我が友人の田舎での生活 ② | トップページ | 刺したい男と刺されたい男 ① »

タイランドに住む人々達」カテゴリの記事

コメント

ekamai 様。
 ありがとうございます。

 そうですよね、ダメンズも娘に言われたり、期待で胸をふくらまされたりって事をしましたら、頑張りますよね。

 愛妻の兄貴も最近では、娘から相当にはっぱをかけられていますし、頑張りなさいって言われ続けていますから、今はなりふり構わずってところまできましたからね。

 長く、一生続てくれると娘も嫁も幸せになる事が出来るんだと思います。

投稿: AKIさん | 2016年8月 5日 (金曜日) 午後 09時36分

Aki様

子供に言われるのが一番有効ですね
その気になりやすいタイ男ですから、周りもいっしょに盛り上げるのが一番ですね

投稿: ekamai | 2016年8月 4日 (木曜日) 午後 11時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 面倒を掛けるんじゃないよ!:

« 我が友人の田舎での生活 ② | トップページ | 刺したい男と刺されたい男 ① »